人生の教科書



読み上げ動画・音声

える
30のお使

お気に入り27 読んだ
6

ていくおってくるおを、
かくチェックするだけでいい

常のささいなことを、どれだけ数値化できるかがポイントです。

お金持ちになるためには、小さなお金までチェックする繊細な感性が、必要です。

 

しかし、小さなお金に限って、曖昧に、適当に考えがちです。

ここで、よい方法を紹介します。

「家計簿をつける」という方法です。

頭の中で考えるだけでなく、紙に書いて考えればいいのです。

家計簿は、生活で使ったすべてのお金を記入する帳簿です。

すべての「支出」と「収入」を記入するのが、いいところでもあります。

家計簿は、たしかに面倒ではあります。

 

しかし、長期で見て、必ず得のほうが大きくなります。

お金の感性が養われれば、お金の使い方が上手になるからです。

使ったお金と、入ってくるお金の2つを考えます。

 

「支出」と「収入」です。

 

家計簿をつけ始めると、曖昧だった1日で使う金額が、はっきり数値化できるようになります。

使った金額を見ると、多少なりとも、ショックを受けます。

自分が「このくらい」と思っていたのが、実際はかなりの金額になっていることに気づくからです。

具体的な数字で物事を考えることができるようになります。

これが、お金持ちになる第一歩です。

家計簿をつけ始めると「このくらい使った」という曖昧さから抜け出せます。

国語の勉強では、ノートに漢字を書いて、身につけていきます。

数学の勉強では、ノートに数式を書いて、身につけていきます。

お金の勉強では、家計簿にお金の収支を書くことで、身につけます。

家計簿をつけることが、お金の勉強の始まりです。

家計簿が面倒という人がいます。

 

しかし、国語や数学の勉強が面倒なように、そもそもお金の勉強も面倒であって当然なのです。

お金が増えるお金の使い方 その6

  • 家計簿をつける

同じカテゴリーの作品