投資

お金が増える
30のお金の使い方

読んだ お気に入り30
6

出ていくお金と入ってくるお金を、
細かくチェックするだけでいい。

出ていくお金と入ってくるお金を、細かくチェックするだけでいい。 | お金が増える30のお金の使い方

日常のささいなことを、どれだけ数値化できるかがポイントです。

お金持ちになるためには、小さなお金までチェックする繊細な感性が、必要です。

 

しかし、小さなお金に限って、曖昧に、適当に考えがちです。

ここで、よい方法を紹介します。

「家計簿をつける」という方法です。

頭の中で考えるだけでなく、紙に書いて考えればいいのです。

家計簿は、生活で使ったすべてのお金を記入する帳簿です。

すべての「支出」と「収入」を記入するのが、いいところでもあります。

家計簿は、たしかに面倒ではあります。

 

しかし、長期で見て、必ず得のほうが大きくなります。

お金の感性が養われれば、お金の使い方が上手になるからです。

使ったお金と、入ってくるお金の2つを考えます。

 

「支出」と「収入」です。

 

家計簿をつけ始めると、曖昧だった1日で使う金額が、はっきり数値化できるようになります。

使った金額を見ると、多少なりとも、ショックを受けます。

自分が「このくらい」と思っていたのが、実際はかなりの金額になっていることに気づくからです。

具体的な数字で物事を考えることができるようになります。

これが、お金持ちになる第一歩です。

家計簿をつけ始めると「このくらい使った」という曖昧さから抜け出せます。

国語の勉強では、ノートに漢字を書いて、身につけていきます。

数学の勉強では、ノートに数式を書いて、身につけていきます。

お金の勉強では、家計簿にお金の収支を書くことで、身につけます。

家計簿をつけることが、お金の勉強の始まりです。

家計簿が面倒という人がいます。

 

しかし、国語や数学の勉強が面倒なように、そもそもお金の勉強も面倒であって当然なのです。

まとめ

お金が増えるお金の使い方 その6
  • 家計簿をつける。
たいていの場合、お金がなかなか貯まらない原因は、小さな出費だ。

もくじ
お金が増える30のお金の使い方
出ていくお金と入ってくるお金を、細かくチェックするだけでいい。 | お金が増える30のお金の使い方

  1. 本当のお金持ちは、見るからに質素である。
    質素だから、お金が貯まる。
  2. お金を稼ぐために、運や偶然は必要ない。
    必要なのは、勉強と行動。
  3. 小金持ちでいいなら、心のきれいさは関係ない。
    大金持ちを目指すなら、心のきれいさも必要になる。
  4. 「豊かさ」という曖昧な表現を使わない。
    「数字」で表現する人がお金持ちになれる。
  5. 何気なくお金を使う人は、お金持ちになれない。
  6. 出ていくお金と入ってくるお金を、細かくチェックするだけでいい。
  7. たいていの場合、お金がなかなか貯まらない原因は、小さな出費だ。
  8. お金の無駄遣いだけが浪費でない。
    時間の無駄遣いも浪費になる。
  9. 人目を気にする人は、見栄のために、お金がどんどん消えていく。
  10. お金は、使えば使うほど、増えていく。
  11. 自分への成長にお金を使う人が、お金持ちになれる。
  12. まず、自分を高めておかないと、価値の高い仕事もできない。
  13. 「自己投資」という名の見栄に、お金を使っていませんか。
  14. 損をしても、得を取ればいい。
  15. 節約話は、どんどんネタにしてしまおう。
  16. 節約をしていると、生活が活性化される。
  17. 物を捨てれば、時間もお金も増えていく。
  18. 仕事は「お金」ではなく「好きな気持ち」で選ぶ。
  19. 時間を売って、お金を得る。
    お金があっても、使う時間がない。
    この矛盾に気づいていますか。
  20. 「安い」と感じるのは、興味がある証拠。
    「高い」と感じるのは、興味がない証拠。
  21. 人間関係のために使うお金は、自分に跳ね返ってくる。
  22. お金持ちは、堂々とお金の話をする。
    貧乏人は、お金の話を避けたがる。
  23. お金持ちは、お金を払って時間を買う。
    貧乏人は、時間を売ってお金を稼ぐ。
  24. 貧乏人は「足し算」でお金を稼ぐ。
    お金持ちは「掛け算」でお金を稼ぐ。
  25. 若いころの、時給のアルバイトには要注意。
  26. 若いときこそ、自分磨きのために、たくさん勉強する。
  27. 節約のために食事を削っても、ストレスが増えて、余計な出費が増える。
  28. 行きたくもない飲み会のために、お金と時間を使うくらいなら、本を1冊買って読む時間に回すほうがいい。
  29. 好きなことだけ深めよう。
  30. 結局最後は「よい影響」しか残せない。

同じカテゴリーの作品