尊敬される父親になる
30の条件

27
11

尊敬される父は
「頑張れ!」とは言わない。
「楽しんで!」と応援する。

尊敬される父は「頑張れ!」とは言わない。「楽しんで!」と応援する。 | 尊敬される父親になる30の条件

「勉強、頑張れ!」

「運動会、頑張れ!」

「部活、頑張れ!」

「頑張れ」というのは、応援するときの代表的な言葉です。

大変便利な言葉です。

誰もが当たり前のように使っています。

しかし、一方で冷たい言葉でもあります。

いろいろな使い方ができる半面、子供の返事に困ったら「頑張れ」という答えでごまかせてしまいます。

相手の気持ちを一切考えずに、いくらでも言えてしまうから注意が必要です。

子供に頑張れと応援するとき、ほとんどの場合、すでに子供は頑張っています。

すでに頑張っているというのに、さらに頑張れと話しかけることは、子供にはかなりのストレスになります。

私は子供のころ、一生懸命頑張っているのに、大人から「頑張れ」と言われて違和感を抱いたことがあります。

「すでに一生懸命頑張っているではないか。見てわからないのかな」

不思議に思ったほどです。

頑張れは便利な言葉だけに、相手の気持ちなんて考えることなく、言えばいいだけのことです。

気持ちはなくても、とりあえず応援ができてしまいます。

頑張れほど気持ちのこもった応援はないのです。

大人たちは「頑張れ」を口癖に応援してしまいますが、一番言ってはいけない応援といっても過言ではありません。

勉強にしろ、運動会にしろ、頑張れといわれなくても、頑張るのは当たり前のことだからです。

子供がすでにわかっていることを、繰り返し言わなくてもよいのです。

子供が頑張っているがゆえに、つい忘れがちになっていることを、大人は補足するのです。

私はいつも、頑張れば頑張るほど、必ず忘れがちになることがあります。

一生懸命になるほど、つい忘れがちになること。

あなたにはわかりますか。

「楽しむ」ということです。

一生懸命に頑張るほど、肩に力が自然と入り、楽しむことを忘れてしまいがちです。

視野が狭くなり、気持ちの余裕がなくなり、不要なところにまで力が入ってしまいます。

頑張れという言葉をやめて、楽しもうという言葉に代えてしまえばいいのです。

頑張るのは、子供の仕事です。

楽しむことを思い出させてあげるのが、大人の仕事であり、本当の応援です。

頑張っていて、あともう1つ何かを応援するなら「楽しむこと」です。

「楽しんで!」という応援は、子供の背中を上手に押すことができる言葉です。

「頑張れ」という言葉を「楽しんで!」という言葉に置き換えましょう。

「勉強、頑張れ!」→「勉強、楽しんで!」

「運動会、頑張れ!」→「運動会、楽しんで!」

「部活、頑張れ!」→「部活、楽しんで!」

いかがでしょうか。

楽しむという言葉に置き換えるだけで、元気の出る言葉になりましたね。

子供は素直ですから、一生懸命に頑張るのは大人が言わなくても、そうします。

大人は一生懸命になると忘れがちな「楽しむ」ということを補足してあげればいいのです。

尊敬される父親になる条件(27)
  • 「頑張れ!」を「楽しんで!」と置き換える。
子供に好きなことをやらせよう。

尊敬される父親になる30の条件
尊敬される父親になる30の条件

  1. 教育される側になるほうが、尊敬できる父親が見える。
    教育される側になるほうが、尊敬できる父親が見える。
  2. 母のことを大切にしている父親を見て、子は育つ。
    母のことを大切にしている父親を見て、子は育つ。
  3. 「熱心に教える姿勢」と「放任できる姿勢」は、セットである。
    「熱心に教える姿勢」と「放任できる姿勢」は、セットである。
  4. 命令で育ててはいけない。<br>アドバイスで育てること。
    命令で育ててはいけない。
    アドバイスで育てること。
  5. 積極的な親からは、積極的な子が育つ。
    積極的な親からは、積極的な子が育つ。
  6. 家族旅行で、家族全体が成長する。
    家族旅行で、家族全体が成長する。
  7. 寡黙な父には、威厳がある。
    寡黙な父には、威厳がある。
  8. 感謝のできない父親は失格。
    感謝のできない父親は失格。
  9. 「優しさ」と「怒り」は、同じ愛の表現である。
    「優しさ」と「怒り」は、同じ愛の表現である。
  10. 父は言葉で指導しない。<br>行動で指導する。
    父は言葉で指導しない。
    行動で指導する。
  11. 「家族のために働いている」と、言ってはいけない。
    「家族のために働いている」と、言ってはいけない。
  12. 仕事で帰りが遅くなっても、家族の記念日には早く帰ること。
    仕事で帰りが遅くなっても、家族の記念日には早く帰ること。
  13. 子育てにも「守破離」がある。
    子育てにも「守破離」がある。
  14. 親に反抗する子供を、喜ばないといけない。
    親に反抗する子供を、喜ばないといけない。
  15. 「親離れ」だけではない。<br>親も「子離れ」をしないといけない。
    「親離れ」だけではない。
    親も「子離れ」をしないといけない。
  16. 父が子にできることといえば、父としての手本を見せること。
    父が子にできることといえば、父としての手本を見せること。
  17. 子供が遠くに離れても、目には見えない糸でつながっている。
    子供が遠くに離れても、目には見えない糸でつながっている。
  18. 子供が間違っても、怒鳴らない父になる。
    子供が間違っても、怒鳴らない父になる。
  19. 教育は、怒鳴ることではない。<br>叱ることである。
    教育は、怒鳴ることではない。
    叱ることである。
  20. 疲れがたまった休日は、家族で温泉に出かけよう。
    疲れがたまった休日は、家族で温泉に出かけよう。
  21. 妻に子育てを任せている家庭は、うまくいかない。
    妻に子育てを任せている家庭は、うまくいかない。
  22. 車の運転の仕方に、父の本性が現れる。
    車の運転の仕方に、父の本性が現れる。
  23. 父は、妻をけなしてはいけない。
    父は、妻をけなしてはいけない。
  24. 褒めるお父さんが、尊敬される。
    褒めるお父さんが、尊敬される。
  25. 子育てをする親は、調教師と似ている。
    子育てをする親は、調教師と似ている。
  26. 褒める教育ができない理由は、自分と両親との過去にある。
    褒める教育ができない理由は、自分と両親との過去にある。
  27. 尊敬される父は「頑張れ!」とは言わない。<br>「楽しんで!」と応援する。
    尊敬される父は「頑張れ!」とは言わない。
    「楽しんで!」と応援する。
  28. 子供に好きなことをやらせよう。
    子供に好きなことをやらせよう。
  29. 子供から嫌われることが、父親の仕事。
    子供から嫌われることが、父親の仕事。
  30. 子供を手放せる親こそ、本当に愛の深い親。
    子供を手放せる親こそ、本当に愛の深い親。

同じカテゴリーの作品

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION