生活を豊かにする
30のマナー

8
11

腕組みをやめるだけで、
あなたの印象がよくなる。

腕組みをやめるだけで、あなたの印象がよくなる。 | 生活を豊かにする30のマナー

大変ささいなマナーですが、知らず知らずに人間関係に影響を及ぼしてしまうことの1つとして、ご紹介します。

もしかしたら、これを直せば、あなたの人間関係は向上するきっかけになるかもしれません。

それが「腕組みをしない」というマナーです。

「え? 腕組みだって?」

そう思われることでしょうが、ちょっと話を聞いていただきたい。

腕組みは深く考えているときや、慣れていない人の前で話すときに、いつの間にかしてしまう自然なしぐさです。

自然なしぐさだからこそ、要チェックです。

腕組みをしている姿は、心理学的にいえば「注意」「警戒」「拒否」のサインです。

相手に対して不信感を抱いているときに、自分の中に受け入れたくないと自分で自分をかばいます。

それが「腕組み」という、自分で自分を抱きしめ、守るような姿として表れます。

難しく考えているときに腕組みをしてしまうことは「今、私は集中しています。話しかけないでください」という意味です。

腕組みをして難しい顔をしている人には、話しかけづらいですよね。

腕組みをしていると、自然と話しかけにくく、人を寄せ付けない雰囲気を作ってしまいます。

だから友人ができにくく、出会った人ともなかなか打ち解けにくくなります。

私が昔、出会った人に、いつも腕組みをしている男性がいました。

話をするときには、いつも腕組みです。

その姿が何だか偉そうに見えてしまい、なかなか親しくなることができませんでした。

警戒している姿に見え、私を突き放そうとする姿にも見え、なんとなく近づきにくいのです。

彼を見て「私は腕組みをしないように気をつけよう」と思ったものです。

大変ささいなことではありますが、とはいえ「注意」「警戒」「拒否」の雰囲気が出てしまうことは、たしかです。

腕組みをしていると、雰囲気が硬くなってしまうのです。

生活を豊かにするマナー(8)
  • 腕組みをやめる。
両腕を広げて話をしている姿は「肯定」「受け入れ」のサイン。

生活を豊かにする30のマナー
生活を豊かにする30のマナー

  1. マナーは、自分のため、相手のため、文化を楽しむためにある。
    マナーは、自分のため、相手のため、文化を楽しむためにある。
  2. 洗面台を濡らしたままで、トイレから出ない。
    洗面台を濡らしたままで、トイレから出ない。
  3. 偉そうな人は、エレベーターのボタンを押さない。
    偉そうな人は、エレベーターのボタンを押さない。
  4. 平気で人の服の上に、座らないよう気をつけよう。
    平気で人の服の上に、座らないよう気をつけよう。
  5. 足を組むとだらけてしまう。<br>食事中の足組みはしない。
    足を組むとだらけてしまう。
    食事中の足組みはしない。
  6. 年齢を聞くと、せっかくの出会いが台無しになる。
    年齢を聞くと、せっかくの出会いが台無しになる。
  7. 靴下は、穴が開いてからでは遅い。<br>あく前に、取り換えること。
    靴下は、穴が開いてからでは遅い。
    あく前に、取り換えること。
  8. 腕組みをやめるだけで、あなたの印象がよくなる。
    腕組みをやめるだけで、あなたの印象がよくなる。
  9. 両腕を広げて話をしている姿は「肯定」「受け入れ」のサイン。
    両腕を広げて話をしている姿は「肯定」「受け入れ」のサイン。
  10. 名残惜しさは、振り返ることで表現できる。
    名残惜しさは、振り返ることで表現できる。
  11. 靴下が下がっている人は、品も下がる。
    靴下が下がっている人は、品も下がる。
  12. 後ろにも注意できる人は、素晴らしい。
    後ろにも注意できる人は、素晴らしい。
  13. ガムを噛むときは、くちゃくちゃではなく、もぐもぐ。
    ガムを噛むときは、くちゃくちゃではなく、もぐもぐ。
  14. ズボンのポケット、はみ出ているとかっこ悪い。
    ズボンのポケット、はみ出ているとかっこ悪い。
  15. あなたの口元「へ」の字になっていませんか。
    あなたの口元「へ」の字になっていませんか。
  16. 騒ぎやすくなる団体のときは、声の大きさに注意。
    騒ぎやすくなる団体のときは、声の大きさに注意。
  17. 挨拶は、テンションを上げるための準備体操。
    挨拶は、テンションを上げるための準備体操。
  18. 「要するに」ではなく「たとえば」を使って、話をしよう。
    「要するに」ではなく「たとえば」を使って、話をしよう。
  19. 「実は私も、こういう経験がある」
    「実は私も、こういう経験がある」
  20. 他人に言いたい言葉は、まず自分に言い聞かせよう。
    他人に言いたい言葉は、まず自分に言い聞かせよう。
  21. 相手の荷物から先に運ぼう。
    相手の荷物から先に運ぼう。
  22. 食事中は、お手洗いにいかない。
    食事中は、お手洗いにいかない。
  23. 食事の取り分けをしない人は、実は甘えん坊だった。
    食事の取り分けをしない人は、実は甘えん坊だった。
  24. 相手のために行動することを、難しく考えすぎない。
    相手のために行動することを、難しく考えすぎない。
  25. 明るい表情は、お守りの役目を果たす。
    明るい表情は、お守りの役目を果たす。
  26. 長話をして、できたての料理を冷まさせていませんか。
    長話をして、できたての料理を冷まさせていませんか。
  27. ネクタイを緩めて、かっこいいと勘違いしない。
    ネクタイを緩めて、かっこいいと勘違いしない。
  28. 言葉を曖昧にする癖をやめよう。
    言葉を曖昧にする癖をやめよう。
  29. 知ったかぶりをやめると、友人が増える。
    知ったかぶりをやめると、友人が増える。
  30. 逆から見る習慣は、あなたに大きな恩恵をもたらす。
    逆から見る習慣は、あなたに大きな恩恵をもたらす。

同じカテゴリーの作品

2:33

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION