公開日:2024年5月20日
執筆者:水口貴博

とことん趣味を楽しむ30の方法

6

趣味に限界はない。趣味の点数は青天井。

趣味に限界はない。趣味の点数は青天井。 | とことん趣味を楽しむ30の方法

学校の試験では、100点が満点です。

間違いが1つもなく、すべて正解したということです。

100点はまさにパーフェクトスコアであり、それを超える点数はありません。

しかし、趣味は違います。

趣味の満点は100点ではありません。

上限がなく、青天井です。

そもそも趣味には満点というものが存在しません。

だから奥が深いのです。

趣味に夢中になることを「沼にはまる」と表現することがありますが、まさにこれです。

趣味に終わりはありません。

果てしなく道が続いています。

永遠に成長が続き、どこまでも点数が上がります。

奥を深めていくにつれて点数も上がります。

人の成長には限界がないように、趣味の追求にも限界がありません。

趣味の点数は青天井というところが趣味の面白いところであり、魅力なのです。

どんどん趣味の点数を上げていきましょう。

自己ベストを更新するのです。

「もうこの辺が終わりかな」と思っても気のせいです。

終わりが見えたなら、それは錯覚です。

まだまだ先があります。

まだまだ奥を深められます。

趣味の歩みを止めないことです。

どんどん駒を前に進めていきましょう。

新記録はむしろこれからです。

果てしなく道が続いているのですから、成長も進化もまだまだ実現できます。

大きな壁にぶち当たったときが正念場です。

そこで終わりというわけではありません。

一時的なスランプに陥っているだけです。

「もうダメだ」と思うかもしれませんが、ダメではありません。

趣味に限界はないのですから、何とか壁を打ち破ってください。

勢いをつけてぶち当たれば、壁ががらがら音を立てて崩れ、新たな道が現れます。

発想を変えて「別の道から進む」という方法もあります。

少し遠回りになりますが、ルートを変えると、あっさり壁の向こう側に行けることもあります。

再び先に進めるようになり、止まっていた点数が再び上がり始めるのです。

疲れたときは、少し休憩をすればいい。

休んではいけないというルールはありません。

むしろ小まめに休憩を入れながら進んでいくほうが安心安全です。

無理にスピードを上げて事故を起こすより、遅くてもいいので、少しずつ着実に進んでいくほうがいい。

しばらく休んで回復すれば、まだまだ前に進んでいけます。

趣味の成長記録をつけましょう。

言葉や数字、写真や動画でもいいのです。

成長を見える化させ、無限に点数が上がる様子を楽しんでください。

「点数が増えた」「スキルが上がった」「自己ベストを更新した」という快感を味わえます。

無限に点数を上げていくのが、趣味の醍醐味だいごみなのです。

とことん趣味を楽しむ方法(6)
  • 趣味の成長記録をつけて、無限に点数が上がっていく様子を楽しむ。
身銭を切る行為は、趣味の質に転化する。

とことん趣味を楽しむ30の方法

  1. これからは一生懸命趣味を楽しむ人が評価・尊敬される時代。
  2. 趣味で一番大切なこととは。
  3. 趣味を楽しむコツは「記録をつけること」にある。
  4. 趣味を楽しむコツは、完璧を求めないこと。
  5. 趣味にノルマは必要ない。
  6. 趣味に限界はない。
    趣味の点数は青天井。
  7. 身銭を切る行為は、趣味の質に転化する。
  8. 人と比較するから、趣味がつらくなる。
    過去の自分と比較すれば、趣味が楽しくなる。
  9. 趣味情報は、独り占めするのではなく、仲間とどんどん共有する。
  10. 自分の趣味のメリットをノートに書き出してみよう。
  11. 趣味のために会社を休むのは、特別なことではなく、普通のこと。
  12. 今すぐ趣味を楽しむ準備はできていますか。
  13. スマホの電源をオフにすると、没頭のスイッチがオンになる。
  14. 勝ち負けの結果は気にせず、プレイそのものを楽しもう。
  15. 趣味で使う道具は、丁寧に扱おう。
  16. 疲れているときは、癒やされる趣味を楽しもう。
    時間やお金がないなら、時間やお金がかからない趣味を楽しもう。
  17. 感謝は、趣味を豊かにするスパイス。
  18. 「いいね」は、趣味を盛り上げる魔法の言葉。
  19. 趣味を組み合わせると、時間あたりの密度が濃くなる。
  20. 興味のない誘い・行きたくない飲み会は、きっぱり断って趣味を楽しむのがいい。
  21. 予備知識がないと、楽しさが半減する。
    予備知識があれば、楽しさが倍増する。
  22. 自分の趣味のことを「くだらない趣味」と言ってはいけない。
  23. 先生やコーチに指導してもらうと、スムーズな上達を実現できる。
  24. 趣味仲間を作ってみると、新しい世界が開ける。
  25. 「高くて買えない」と思ったとき、どうするか。
  26. 天気や季節によって趣味を変えてみよう。
  27. 休日に遊ぶのはいいが、週明けに体調不良を起こさないよう注意する。
  28. ドタキャンをチャンスに変える人は、トラブルにも強くなる。
  29. 嫌なことがあったときは、趣味に没頭して忘れよう。
  30. ある程度のレベルに達したら、大会やコンクールにチャレンジしてみる。

同じカテゴリーの作品

3:49

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION