不要なトラブルを避ける
30の注意ポイント

29
0

電話で
「お世話になっております」と言っておきながら名前を伺うのは不自然。

電話で「お世話になっております」と言っておきながら名前を伺うのは不自然。 | 不要なトラブルを避ける30の注意ポイント

電話をかけた際、不自然なやりとりがあって首をかしげることがあります。

相手が電話に出て、こちらが名乗ると「お世話になっております」と言われます。

「○○さんはいらっしゃいますでしょうか」と聞くと「はい、少々お待ちください」となります。

ここまではいいのですが、気になるのはここからです。

「もう一度お名前をお伺いしてもよろしいでしょうか」という流れになることがあるのです。

あらためて考えると、この流れは不自然です。

「お世話になっております」と言っておきながら、もう一度名前を聞くのは違和感があります。

つまり、相手が誰なのかわかっていないまま「お世話になっております」と言っていたということです。

「お世話になっております」というセリフが嘘だったことがばれます。

お世話になっていると思っていないこともばれます。

しかも、相手に名前を2回名乗らせることとなり、余計な手間をかけることにもなります。

「さっき名乗ったではないか。同じことを2回も言わせないでくれ」と思うでしょう。

場合によっては失礼な印象を与えかねません。

決まり文句であることはわかっていても、電話の開始早々から嫌な空気が流れるのです。

この不自然な対応は、ぼうっとしながら電話に出たときによくあります。

しっかり耳を傾けていないと、相手の第一声を聞き逃します。

「お世話になっております」という挨拶言葉は、お世話になっている人に言うセリフです。

電話対応の定番フレーズですが、だからといって誰にでも言っていいわけではないのです。

受話器を取るときは、しっかり耳を傾け、相手の第一声に集中すること

誰にでも「お世話になっております」と言わないことです。

電話が鳴って受話器を取れば、一般的なルールから考えて、相手が名乗るのは十分わかっていることです。

相手の第一声に集中して、しっかり耳を傾けます。

名前を聞き返すことがないよう、耳を澄まして聴覚に集中して、しっかり聞き取りましょう。

もともと耳が遠くて聴覚に自信がないなら、目をつぶりながら電話に出るのもありです。

視覚が遮断されることで聴覚が研ぎ澄まされ、聞き取りやすくなります。

相手の名前を聞き取り、お得意先だとわかれば、はきはきした声で「お世話になっております」と返します。

そうでなければ「お電話ありがとうございます」「お問い合わせありがとうございます」が無難でしょう。

相手の名前を聞き返すという失態もなくなるのです。

不要なトラブルを避ける注意ポイント(29)
  • 電話がかかって受話器を取れば、相手の第一声に集中して、名前を聞き返すことがないようする。
裏切られたからといって、あなたまで裏切ってはいけない。
負の連鎖は、あなたのところで止める。

不要なトラブルを避ける30の注意ポイント
不要なトラブルを避ける30の注意ポイント

  1. あなたの身の回りに「借りたままになっているもの」はありませんか。
    あなたの身の回りに「借りたままになっているもの」はありませんか。
  2. 「伝える」と「伝わる」は似て非なるもの。<br>大切なのは「どれだけ伝えたか」ではなく「どれだけ伝わったか」。
    「伝える」と「伝わる」は似て非なるもの。
    大切なのは「どれだけ伝えたか」ではなく「どれだけ伝わったか」。
  3. 本当にいっぱいいっぱいのときは、気晴らしもリフレッシュもしてはいけない。
    本当にいっぱいいっぱいのときは、気晴らしもリフレッシュもしてはいけない。
  4. 耳をふさぐと、耳が不自由な人の気持ちを理解できる。<br>音が聞こえることの素晴らしさも再認識できる。
    耳をふさぐと、耳が不自由な人の気持ちを理解できる。
    音が聞こえることの素晴らしさも再認識できる。
  5. その日のトラブルは、その日のうちに解決する。
    その日のトラブルは、その日のうちに解決する。
  6. 2択だからといって、無理に選ぶ必要はない。<br>選択肢にない選択が正解ということもある。
    2択だからといって、無理に選ぶ必要はない。
    選択肢にない選択が正解ということもある。
  7. 禁酒中にお酒を飲みたくなったら、大量の水を飲めばいい。
    禁酒中にお酒を飲みたくなったら、大量の水を飲めばいい。
  8. 「乱暴な言葉遣いは苦手」と言いつつ、自分の言葉遣いも乱暴になっていないか。
    「乱暴な言葉遣いは苦手」と言いつつ、自分の言葉遣いも乱暴になっていないか。
  9. 星を眺めながら歩かない。
    星を眺めながら歩かない。
  10. 失敗から得た反省や教訓は、きちんと書き留めておく。
    失敗から得た反省や教訓は、きちんと書き留めておく。
  11. 自然と嫌われるのはいい。<br>わざと嫌われるのはいけない。
    自然と嫌われるのはいい。
    わざと嫌われるのはいけない。
  12. ストレス解消のコツは「逆のことをすること」にある。
    ストレス解消のコツは「逆のことをすること」にある。
  13. 備えがあれば、大地震が来ても怖くない。<br>面倒くさがり屋は、防災グッズがおすすめ。
    備えがあれば、大地震が来ても怖くない。
    面倒くさがり屋は、防災グッズがおすすめ。
  14. 病院の問診票は、正直に書く。<br>結局は自分のため。
    病院の問診票は、正直に書く。
    結局は自分のため。
  15. 口が軽い人にも良いところがある。<br>褒め言葉の伝達人になってくれる。
    口が軽い人にも良いところがある。
    褒め言葉の伝達人になってくれる。
  16. 水分を取らずに頑張ることを美化してはいけない。
    水分を取らずに頑張ることを美化してはいけない。
  17. 締め切りのない仕事は、自分で締め切りを作ろう。<br>締め切りのある仕事は、自分で締め切りを前倒ししよう。
    締め切りのない仕事は、自分で締め切りを作ろう。
    締め切りのある仕事は、自分で締め切りを前倒ししよう。
  18. 人の仕事を「あんなの簡単。<br>誰でもできる」と切り捨てない。<br>軽く見る人は、軽く見られる。
    人の仕事を「あんなの簡単。
    誰でもできる」と切り捨てない。
    軽く見る人は、軽く見られる。
  19. 悪いことはしていなくても、疑われるようなことはしない。
    悪いことはしていなくても、疑われるようなことはしない。
  20. 値切ることは、失礼かつ恥ずかしい行為。<br>値切るするくらいなら、おまけをお願いするほうがいい。
    値切ることは、失礼かつ恥ずかしい行為。
    値切るするくらいなら、おまけをお願いするほうがいい。
  21. クレーム対応のコツは1つだけ。<br>余計な言い訳はせず、3倍大げさに謝罪すること。
    クレーム対応のコツは1つだけ。
    余計な言い訳はせず、3倍大げさに謝罪すること。
  22. とげのある言葉に注意する人はいても、とげのある雰囲気に注意する人は少ない。
    とげのある言葉に注意する人はいても、とげのある雰囲気に注意する人は少ない。
  23. 世の中に「ただの○○」は1つもない。<br>どんなことにも「奥」がある。
    世の中に「ただの○○」は1つもない。
    どんなことにも「奥」がある。
  24. すれ違いざまに人と肩がぶつかったとき、スルーするのはよくない。
    すれ違いざまに人と肩がぶつかったとき、スルーするのはよくない。
  25. 改善は、1回やって終わりではない。<br>無限に繰り返していくもの。
    改善は、1回やって終わりではない。
    無限に繰り返していくもの。
  26. あなたの行く手を邪魔しているのは、あなた。
    あなたの行く手を邪魔しているのは、あなた。
  27. 悪いことがあった後こそ「運がよかった」と言うタイミング。
    悪いことがあった後こそ「運がよかった」と言うタイミング。
  28. 言葉遣いの悪い人は、犯罪予備軍。
    言葉遣いの悪い人は、犯罪予備軍。
  29. 電話で「お世話になっております」と言っておきながら名前を伺うのは不自然。
    電話で「お世話になっております」と言っておきながら名前を伺うのは不自然。
  30. 裏切られたからといって、あなたまで裏切ってはいけない。<br>負の連鎖は、あなたのところで止める。
    裏切られたからといって、あなたまで裏切ってはいけない。
    負の連鎖は、あなたのところで止める。

同じカテゴリーの作品

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION