執筆者:水口貴博

大人の対応ができる人になる
30の方法

12
6

下品な人には、
上品に接するのが大人の対応。

下品な人には、上品に接するのが大人の対応。 | 大人の対応ができる人になる30の方法

下品な人と接するときは、態度に気をつけましょう。

下品な人は、がさつで乱暴でとげとげしく、不快感があるため、むっとすることが増えるでしょう。

態度や言葉遣いの悪い様子が目立つと、感情が刺激され、いらいらすることが増えます。

自分まで下品な人と接していると、つい自分まで下品になりやすい。

「下品な人には下品に接してもいいだろう」と油断することもあるかもしれません。

しかし、ここが大切な場面です。

下品な人の影響を受け、自分まで態度や言葉遣いが悪くなるのはよくありません。

精神レベルは、同じ者同士がぶつかるようになっています。

自分まで態度や言葉遣いが悪くなると、自分まで「下品な人」になってしまい「相手と同レベル」ということになります。

これほど残念なことはありません。

一般的に下品な人は、社会的地位の低い人が目立ちます。

自分の弱さを補うために威張り散らして、強そうに振る舞っているだけのこと。

つまり、虚勢を張っているにすぎないのです。

下品な人には、上品に接しよう

下品な人にはどう接すればいいのでしょうか。

心がけることはシンプルです。

下品な人にも、上品に接しましょう。

相手が乱暴な言葉遣いを使ってきても、自分は丁寧な言葉遣いで返します。

相手の態度が偉そうでも、自分は穏やかな態度で接します。

たとえ相手が威嚇するようなそぶりを見せてきても、穏やかに落ち着いて接しましょう。

下品な人から下品な影響を受けやすいなら、その逆もあります。

あなたがとことん上品に接していれば、相手もあなたの上品な振る舞いから影響を受けます。

とことん上品に接していると「これではらちがあかない」と思い始めます。

だんだん相手も態度や言葉遣いが柔らかくなっていくのです。

品格とは、人格を表すもの

人として素晴らしくいたいなら、品格だけは失わないことです。

品格とは何か。

品性の高さを表すものだけではありません。

品格とは、人格を表すもの。

品格が高ければ、心と精神が豊かになり、人間性も高くなります。

下品な人と接するときでも、品格だけは保つことが大切です。

もしあなたが下品な人にも上品に接することができたなら、社会的な成功を収める可能性が高くなります。

下品な人には、上品に接するのが大人の対応なのです。

大人の対応ができる人になる方法(12)
  • 下品な人には、上品に接する。
集中している人には、できるだけ声をかけない。
声をかけるなら、細心の注意を払う。

大人の対応ができる人になる30の方法
大人の対応ができる人になる30の方法

  1. 不機嫌になるところを笑顔で対応するとき、あなたは大人に成長する。
    不機嫌になるところを笑顔で対応するとき、あなたは大人に成長する。
  2. 批判に批判で返すのは、子どもの対応。<br>批判に感謝で返すのが、大人の対応。
    批判に批判で返すのは、子どもの対応。
    批判に感謝で返すのが、大人の対応。
  3. 「下手」「できない」「わからない」が言える大人は、かっこいい。
    「下手」「できない」「わからない」が言える大人は、かっこいい。
  4. 挨拶をして返してこない人にはどうするか。
    挨拶をして返してこない人にはどうするか。
  5. 同じことを2回言わされることになっても、文句を言わない。
    同じことを2回言わされることになっても、文句を言わない。
  6. 大げさな表現に要注意。<br>大げさな数字や言葉は使えば使うほど、話の信用が低下する。
    大げさな表現に要注意。
    大げさな数字や言葉は使えば使うほど、話の信用が低下する。
  7. 法律に反してなくても、モラルに反することはしない。
    法律に反してなくても、モラルに反することはしない。
  8. 多数決で決まったことに文句を言わない。
    多数決で決まったことに文句を言わない。
  9. 無益なアドバイスをもらっても、冷たいリアクションは控えておく。
    無益なアドバイスをもらっても、冷たいリアクションは控えておく。
  10. 断られたとき、捨てゼリフを吐かない。<br>断られたときこそ、感じのいいセリフを心がけよう。
    断られたとき、捨てゼリフを吐かない。
    断られたときこそ、感じのいいセリフを心がけよう。
  11. 窓口の人だからといって、横柄な態度になっていないか。
    窓口の人だからといって、横柄な態度になっていないか。
  12. 下品な人には、上品に接するのが大人の対応。
    下品な人には、上品に接するのが大人の対応。
  13. 集中している人には、できるだけ声をかけない。<br>声をかけるなら、細心の注意を払う。
    集中している人には、できるだけ声をかけない。
    声をかけるなら、細心の注意を払う。
  14. うっかり言いすぎたときは、すぐ発言を撤回して謝る。
    うっかり言いすぎたときは、すぐ発言を撤回して謝る。
  15. お使いを頼んで違った商品を購入されても、腹を立ててはいけない。
    お使いを頼んで違った商品を購入されても、腹を立ててはいけない。
  16. 電話で「お世話になっております」と言っておきながら名前を伺うのは不自然。
    電話で「お世話になっております」と言っておきながら名前を伺うのは不自然。
  17. 社交辞令を言うのはいい。<br>社交辞令ばかり言うのがいけない。
    社交辞令を言うのはいい。
    社交辞令ばかり言うのがいけない。
  18. 段取りの悪いパーティーは、文句だけ言っても仕方ない。<br>許される空気があるなら、できる範囲で協力する。
    段取りの悪いパーティーは、文句だけ言っても仕方ない。
    許される空気があるなら、できる範囲で協力する。
  19. 品のある人とそうでない人の差は、食べ放題のとき現れる。
    品のある人とそうでない人の差は、食べ放題のとき現れる。
  20. 謝罪のときは、余計な言い訳をしないのが、大人の対応。
    謝罪のときは、余計な言い訳をしないのが、大人の対応。
  21. 自撮りの加工は、してもしすぎない。
    自撮りの加工は、してもしすぎない。
  22. 人の幸せは、素直に祝福するのが大人の対応。<br>劣等感や嫉妬心があっても、余計なことは言わない。
    人の幸せは、素直に祝福するのが大人の対応。
    劣等感や嫉妬心があっても、余計なことは言わない。
  23. 「そうですね」の一言を省くと、返事がスマートになる。
    「そうですね」の一言を省くと、返事がスマートになる。
  24. 大人は「まずい」「つまらない」を「合わない」に言い換える。
    大人は「まずい」「つまらない」を「合わない」に言い換える。
  25. 結露の水滴で濡れたテーブルに、腹を立てない。
    結露の水滴で濡れたテーブルに、腹を立てない。
  26. 「誰のおかげで」と心で思っても、口に出さないこと。<br>恩着せがましい人は嫌われる。
    「誰のおかげで」と心で思っても、口に出さないこと。
    恩着せがましい人は嫌われる。
  27. 警察官から職務質問で呼び止めても拒まない。<br>「市民の義務」として素直に応じる。
    警察官から職務質問で呼び止めても拒まない。
    「市民の義務」として素直に応じる。
  28. 大人になってから友人を作るのは難しい。<br>ただし、不可能というわけではない。
    大人になってから友人を作るのは難しい。
    ただし、不可能というわけではない。
  29. 離婚報告をすると、みんな暗いリアクションを返す。<br>明るい言葉をかけることもあっていい。
    離婚報告をすると、みんな暗いリアクションを返す。
    明るい言葉をかけることもあっていい。
  30. 負けたときにかっこいいのは、笑顔で相手の勝利をたたえること。
    負けたときにかっこいいのは、笑顔で相手の勝利をたたえること。

同じカテゴリーの作品

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION