執筆者:水口貴博

大人の対応ができる人になる
30の方法

1
2

不機嫌になるところを笑顔で対応するとき、
あなたは大人に成長する。

不機嫌になるところを笑顔で対応するとき、あなたは大人に成長する。 | 大人の対応ができる人になる30の方法

大人の対応とは、どういった対応を言うのでしょうか。

大人になるためには、何を心がければいいのでしょうか。

それは、あなたが不機嫌になった瞬間にあります。

人間関係でいらいらすることがあったとき、仏頂面ではなく、笑顔で対応してください。

ネガティブな対応ではなく、ポジティブな対応をしてください。

はらわたが煮えくりかえっていても、表情には出さず、にこにこした笑顔を見せることです。

これは子どもにはできません。

子どもはすぐ感情を表に出します。

嫌なことや気に入らないことがあれば、すぐかんしゃくを起こします。

子どもは、脳の前頭葉が未熟で十分発達していないため、感情のコントロールが不得意です。

感情のコントロールこそが、大人の対応に欠かせないポイントです。

いらいらしたとき、仏頂面ではなく、笑顔で対応をするのです。

心はむかむかしていても、顔はにこにこを心がけるのがいい。

そのうえで気の利いた一言を添えることができればベストです。

「そんなことも知らないの?」とばかにされたら「勉強不足で申し訳ございません」と言えるようになることです。

相手からマウンティングを取られても「参りました」「私の負けです」と素直な一言を言えるようになることです。

自慢話をくどくど聞かされても、にこにこしながら「なるほど」「さすがですね」「すごいですね」と言えるようになることです。

不機嫌になるところを笑顔で対応するのは、難易度の高いことです。

高度な感情のコントロールが要求されます。

前頭葉が発達していなければできないことです。

だからこそ、大人の対応なのです。

いついかなるときも、きちんと感情をコントロールできるようになりましょう。

これは時間がかかるチャレンジです。

うっかり不機嫌が顔や態度に出てしまうこともあれば、自分にイエローカードを出しましょう。

きちんと反省して、次の課題としてください。

少しずつ対応できるようになっていけばいいことです。

感情を抑えて笑顔で振る舞うとき、脳に負荷がかかって鍛えられます。

不機嫌になるところを笑顔で対応するとき、あなたは大人に成長するのです。

大人の対応ができる人になる方法(1)
  • 人間関係でいらいらすることがあっても、仏頂面ではなく、笑顔で対応する。
批判に批判で返すのは、子どもの対応。
批判に感謝で返すのが、大人の対応。

大人の対応ができる人になる30の方法
大人の対応ができる人になる30の方法

  1. 不機嫌になるところを笑顔で対応するとき、あなたは大人に成長する。
    不機嫌になるところを笑顔で対応するとき、あなたは大人に成長する。
  2. 批判に批判で返すのは、子どもの対応。<br>批判に感謝で返すのが、大人の対応。
    批判に批判で返すのは、子どもの対応。
    批判に感謝で返すのが、大人の対応。
  3. 「下手」「できない」「わからない」が言える大人は、かっこいい。
    「下手」「できない」「わからない」が言える大人は、かっこいい。
  4. 挨拶をして返してこない人にはどうするか。
    挨拶をして返してこない人にはどうするか。
  5. 同じことを2回言わされることになっても、文句を言わない。
    同じことを2回言わされることになっても、文句を言わない。
  6. 大げさな表現に要注意。<br>大げさな数字や言葉は使えば使うほど、話の信用が低下する。
    大げさな表現に要注意。
    大げさな数字や言葉は使えば使うほど、話の信用が低下する。
  7. 法律に反してなくても、モラルに反することはしない。
    法律に反してなくても、モラルに反することはしない。
  8. 多数決で決まったことに文句を言わない。
    多数決で決まったことに文句を言わない。
  9. 無益なアドバイスをもらっても、冷たいリアクションは控えておく。
    無益なアドバイスをもらっても、冷たいリアクションは控えておく。
  10. 断られたとき、捨てゼリフを吐かない。<br>断られたときこそ、感じのいいセリフを心がけよう。
    断られたとき、捨てゼリフを吐かない。
    断られたときこそ、感じのいいセリフを心がけよう。
  11. 窓口の人だからといって、横柄な態度になっていないか。
    窓口の人だからといって、横柄な態度になっていないか。
  12. 下品な人には、上品に接するのが大人の対応。
    下品な人には、上品に接するのが大人の対応。
  13. 集中している人には、できるだけ声をかけない。<br>声をかけるなら、細心の注意を払う。
    集中している人には、できるだけ声をかけない。
    声をかけるなら、細心の注意を払う。
  14. うっかり言いすぎたときは、すぐ発言を撤回して謝る。
    うっかり言いすぎたときは、すぐ発言を撤回して謝る。
  15. お使いを頼んで違った商品を購入されても、腹を立ててはいけない。
    お使いを頼んで違った商品を購入されても、腹を立ててはいけない。
  16. 電話で「お世話になっております」と言っておきながら名前を伺うのは不自然。
    電話で「お世話になっております」と言っておきながら名前を伺うのは不自然。
  17. 社交辞令を言うのはいい。<br>社交辞令ばかり言うのがいけない。
    社交辞令を言うのはいい。
    社交辞令ばかり言うのがいけない。
  18. 段取りの悪いパーティーは、文句だけ言っても仕方ない。<br>許される空気があるなら、できる範囲で協力する。
    段取りの悪いパーティーは、文句だけ言っても仕方ない。
    許される空気があるなら、できる範囲で協力する。
  19. 品のある人とそうでない人の差は、食べ放題のとき現れる。
    品のある人とそうでない人の差は、食べ放題のとき現れる。
  20. 謝罪のときは、余計な言い訳をしないのが、大人の対応。
    謝罪のときは、余計な言い訳をしないのが、大人の対応。
  21. 自撮りの加工は、してもしすぎない。
    自撮りの加工は、してもしすぎない。
  22. 人の幸せは、素直に祝福するのが大人の対応。<br>劣等感や嫉妬心があっても、余計なことは言わない。
    人の幸せは、素直に祝福するのが大人の対応。
    劣等感や嫉妬心があっても、余計なことは言わない。
  23. 「そうですね」の一言を省くと、返事がスマートになる。
    「そうですね」の一言を省くと、返事がスマートになる。
  24. 大人は「まずい」「つまらない」を「合わない」に言い換える。
    大人は「まずい」「つまらない」を「合わない」に言い換える。
  25. 結露の水滴で濡れたテーブルに、腹を立てない。
    結露の水滴で濡れたテーブルに、腹を立てない。
  26. 「誰のおかげで」と心で思っても、口に出さないこと。<br>恩着せがましい人は嫌われる。
    「誰のおかげで」と心で思っても、口に出さないこと。
    恩着せがましい人は嫌われる。
  27. 警察官から職務質問で呼び止めても拒まない。<br>「市民の義務」として素直に応じる。
    警察官から職務質問で呼び止めても拒まない。
    「市民の義務」として素直に応じる。
  28. 大人になってから友人を作るのは難しい。<br>ただし、不可能というわけではない。
    大人になってから友人を作るのは難しい。
    ただし、不可能というわけではない。
  29. 離婚報告をすると、みんな暗いリアクションを返す。<br>明るい言葉をかけることもあっていい。
    離婚報告をすると、みんな暗いリアクションを返す。
    明るい言葉をかけることもあっていい。
  30. 負けたときにかっこいいのは、笑顔で相手の勝利をたたえること。
    負けたときにかっこいいのは、笑顔で相手の勝利をたたえること。

同じカテゴリーの作品

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION