人生の教科書



失恋・別れ
別れ話で話す内容をきちんと準備できているか。
恋愛トラブル
引き止められそうになければ、2回目の別れ話に持ち込む。
恋愛トラブル
きちんと話を最後まで聞いてから、説得する。
恋愛トラブル
別れ話を切り出されても、まず諦めないことが大切。
恋愛トラブル

別れ話で別れたくないときの
30の説得方法

  • 引き止めるにも、
    準備が必要。
別れ話で別れたくないときの30の説得方法

もくじ

1
★1

引き止めるにも、準備が必要。

引き止めるにも、準備が必要です。 「次の週末、交際のことで話があるから時間を空けておいてほしい」 そんな話をされたとき、直感的に「別れ話ではないか」と気づくことがあります。 普段から不安定な関係が続いていると、悪い予感がするでしょう。 もちろんお互いが別れたいなら、話はスムーズです。 すぐ別れに同意して、未練も禍根を残さず、それぞれが新しい道を歩めばいいでしょう。 しかし、別れたくないなら準備が必要です。 別れ話を切り出されたとき「嫌だ。別れたくない」と言うだけでは、うまく説得できません。 相手が別れ話を切り出した時点で、決意は固まっていると考えられます。 普通に説得しただけでは、相手は聞き入れてくれず、なかなかうまくいかないでしょう。 準備も計画も心構えもなく、無防備のまま話し合いに飛び込んでいっても、相手の勢いに押されるだけ。 とっさに気の利いた言葉を考えるのは難しい。 だからこそ、引き止めるにも準備が必要です。 別れたくなければ、別れ話を切り出されそうと予感した時点で、説得に必要なことを準備しておきましょう。 納得してもらえる改善策を考えておく。 相手の言い分に対する説明も用意しておく。 相手の心を揺さぶるセリフも考えておく。 できれば話し合う日時や場所も、計画的に考えておきたい。 別れ話にもマナーがあります。 難しいこともあるかもしれませんが、できる範囲で準備しておくのが得策です。 前もって準備ができていれば、別れ話を切り出されても、慌てることなくスムーズに説得できるでしょう。 相手の準備を上回る準備をしていれば、引き止められる確率も上がります。 別れ話を切り出されそうなら、早めに引き止める準備を進めておく。

2
★2

切り出された別れ話には、2つのタイプがある。

一言で「別れ話」とはいえ、大きく2つのタイプがあります。 「衝動的に切り出した別れ話」と「決意を固めて切り出した別れ話」です。 同じ別れ話でも、それぞれ引き止める難易度やシチュエーションが異なります。 引き止める対策の1つとして、あらかじめ把握しておきましょう。 (タイプ1)衝動的に切り出した別れ話 前々から交際に不満があって別れを考えていても、なかなか切り出せないことがあります。 別れるほどでもなかったり、様子見をしていたりなど、理由はさまざまです。 ところがあることがきっかけで 今までため込んだ不満が爆発して、一気に別れ話に発展することがあります。 衝動的に切り出した別れ話は「急に別れ話が始まる」「相手が感情的になっている」などの特徴があります。 相手の怒りが頂点に達しているため、具体的に別れ話を進めるより、まず落ち着いてもらうのが先決です。 相手の興奮が落ち着けば、引き止められる可能性があります。 (タイプ2)決意を固めて切り出した別れ話 衝動的に切り出した別れ話より引き止めるのが難しいのは、決意を固めて切り出した別れ話です。 このタイプの別れ話は「相手が落ち着いている」「話し合う日時や場所を指定される」などの特徴があります。 前もって話し合う日時や場所を指定する様子から、計画的であり、すでに決意も固まっていることが読み取れます。 話し方も論理的で淡々としています。 すでに裏では別れの準備が進んでいる可能性もあります。 相手の決意が固まっているため、引き止めるのが難しく、長期戦になる覚悟が必要です。 ただし、引き止めるのが不可能とは限りません。 真剣に愛していることを伝えたり、反省や改善を約束したりします。 長期戦になる可能性はありますが、時間をかけて誠実なアプローチを続ければ、引き止められる可能性はあるでしょう。 切り出された別れ話のタイプを把握する。

3
★0

別れ話を切り出されても、まず諦めないことが大切。

別れ話を切り出されて説得するとき、一番大切なことは何か。 「まず諦めないこと」です。 当たり前と思うかもしれませんが、あらためて確認しておきたいポイントです。 「もうダメだ」 「振られたも同然」 「交際が終わりかけている」 「何を言っても無意味」 「どうせ引き止めても無理だろう」 完全に振られたと思い込んで諦めると、そこで別れが確定します。 たしかに引き止めようと説得しても、努力が実らないこともあります。 相手の決意が固ければ、何を言っても聞き入れてもらえないこともあります。 だからとはいえ、最初から努力しなければ、仲直りができる可能性もゼロ。 復縁したい気持ちが本物なら、しっかり謝り反省して、改善を約束することです。 相手は言いすぎているだけかもしれません。 衝動的に別れ話を切り出しているかもしれません。 可能性は低いかもしれませんが、それに挑戦するのが人生です。 思いの丈をぶつけることで、可能性が広がり、仲直りができるチャンスも出てきます。 最初から諦めず、可能性を信じて引き止めてください。 「きっと仲直りができる」 「必ず分かってもらえる」 「やってみなければ分からない」 そう信じて、ポジティブになりましょう。 説得は、諦めないことから始まるのです。 別れ話を切り出されても、最初から諦めず、可能性を信じて説得する。

4
★0

必ず会って引き止めるようにする。

別れ話で引き止めるなら、相手と会うのが大原則です。 もちろん話し合う日時や場所の相談なら、電話やメールを使うのはいいのです。 あくまで簡単な連絡のやりとりですから、電話やメールも許容範囲です。 しかし、実際の別れ話は、やはり会って話し合うのが一番です。 別れ話は、お互いの人生に影響を及ぼす話し合いです。 電話やメールでは、話が一方的になりやすい上、意思疎通が不便です。 声や文字だけでは、コミュニケーションがうまく行えず、引き止める説得もスムーズに進みません。 電話だけでは、表情が見えません。 文字だけでは、ニュアンスを誤解しやすくなります。 コミュニケーションに不便が生じやすいため、引き止める説得も難しいのです。 とにかくまず会って話をする方向に進めましょう。 相手が電話やメールだけで別れ話の決着をつけようとしてきても、具体的な話は進めないようにします。 やはり会って話したほうが、細かいコミュニケーションがスムーズです。 説得するときも、訴えかける表情を見せることで相手の心を動かせ、仲直りがしやすくなります。 お互いの表情も確認できます。 誤解があっても、すぐ解けます。 会うだけで、引き止められる成功率が上がると言っても過言ではありません。 相手が「会いたくない」と一点張りでも「誠意を見せてほしい」と頼み、何とか会って話をするよう働きかけましょう。 人生に影響する大事な話し合いは、誠意を見せるためにも、会って話すのがマナーです。 遠距離恋愛などの事情がある場合を除き、普通の恋愛なら、会って説得するのが賢明です。 別れ話を引き止めるときは、電話やメールだけは避け、必ず会うようにする。

5
★0

引き止めるときは、へりくだった態度が基本。

別れ話を引き止めるなら、へりくだった態度が大切です。 力強く言えば引き止められると思いますが、注意が必要です。 たしかに堂々とした言い方は大切ですが、偉そうな言い方になると逆効果です。 「くだらない考え方はやめろ」 「別れるなんて、絶対許さない」 「別れるかどうかは、私が決める」 乱暴な言葉遣いでは、うまく引き止められないのも当然です。 偉そうな態度で引き止めようとしても、相手の反感を刺激するだけ。 相手を見下すような言い方は、喧嘩を仕掛けているのと同じです。 引き止めるどころか、相手を不機嫌にさせてしまい、ますます別れを促してしまいます。 あまりに暴言がひどい場合、脅迫になる可能性もあり、別の問題に発展する恐れもあります。 引き止めるときに大切なのは、へりくだった態度です。 「自分が悪かった。ごめんね」 「これからは、こんなふうに改善するからやり直そう」 「もう一度チャンスをください。お願いします」 自分のほうが低い立場であることをわきまえましょう。 普段偉そうにしていても、相手に別れ話を切り出されたら、もう偉そうなことは言えません。 不器用であってもかまわないので、お願いするような言い方を心がけます。 つまらないプライドにこだわっていると、なかなかスムーズに説得できません。 へりくだった態度があってこそ、相手はあなたの説得の言葉を聞いてくれます。 言いたいことを言いやすくなり、相手の心を動かせます。 相手より低い立場であることをわきまえ、へりくだった態度を心がける。

6
★0

引き止めるためには、別れたい理由を知ることから始まる。

別れ話を切り出されたら、まず別れたい理由を聞きましょう。 別れたい理由が分からなければ、引き止めることもできません。 問題ない交際であっても、相手は何か不満を持ち続けていたのかもしれません。 「おそらくこれが原因だろう」と心当たりがあったとしても、決め付けるのはよくない。 自分が思っている原因と相手の思っている原因は、ずれている可能性があります。 やはり直接相手に聞いてみるのが一番確実です。 「どうして別れたいの?」と優しく聞いてみましょう。 別れたい理由を知ることで、具体的に引き止める対策を考えることができます。 ただし、別れたい理由を聞くときは、必ず正直に言ってもらうことが大切です。 相手はあなたの気分を悪くしないよう、嘘の理由でごまかしてくることがあります。 別れたい理由に嘘偽りが含まれていると、引き止める対策も見当違いになります。 「正直に話してもらう」という点を強調して、別れたい理由をすべて話してもらいましょう。 たとえば「どきどきしなくなったから別れたい」と言われたとしても、もう少し具体的に話してもらいます。 「どうしてどきどきしなくなったの?」と聞けば、さらに詳しい理由を知ることができるでしょう。 「怒らないから正直に話して」と念を押せば、相手は心を開いてくれるはずです。 中には、自分にとってショッキングな理由もあるかもしれませんが、素直に受け止める姿勢が大切です。 たとえ自分を否定するような内容であっても、包み隠さず話してくれた相手に感謝しましょう。 まず正直に別れたい理由を言ってもらう。

7
★0

説得で一番大切なのは、愛していることを伝えること。

別れ話を切り出されて説得するとき、一番大切なのは何でしょうか。 「大声で泣けば引き止められるだろう」と思われがちです。 もちろん引き止める上で、感情を見せたり伝えたりすることは大切です。 泣きながら「別れたくない」と叫べば、相手の心を揺さぶることはできるでしょう。 しかし、ここに大きな誤解があります。 感情的になると、話の内容より取り乱した様子のほうに注意が向きます。 相手は話し合いに集中できなくなり、冷静な話し合いを妨げます。 仮に引き止められたとしても、その復縁はあくまで同情です。 同情による復縁は、本来の相思相愛ではありません。 2人の関係が不安定なままであるため、しばらく経てば、やはり別れの危機を迎えるでしょう。 では、本当に大切なのは何か。 それは「愛していることを伝えること」。 どれだけ大事に思っているのか。 自分にとって、どれだけ特別な存在なのか。 別れてしまうと、どれだけ悲しいか。 言葉や態度を通して、愛していることをしっかり伝えることが一番大切です。 愛していることを伝えるとき、それを補う手段として適度に感情を見せることは効果的です。 泣かなくても、説得は可能です。 涙がなくても、きちんと愛していることさえ伝われば、説得できます。 大声を出す必要もない。 落ち着いた声だけでも、きちんと大事にしていることさえ伝われば、仲直りはできます。 「愛していることを伝えること」 この点に集中して説得すれば、別れの危機を乗り越えられるでしょう。 あなたが引き止めようとする言葉や態度は、きちんと愛していることが伝わる表現でしょうか。 きちんと愛していることを伝えることが、本当の説得です。 「感情を伝えることではなく、愛していることを伝えること」をしっかり伝える。

8
★0

きちんと話を最後まで聞いてから、説得する。

別れ話を切り出されたときは、まず相手の話を最後まできちんと聞きましょう。 「振られそう」と分かれば、いてもたってもいられなくなるでしょう。 「早く説得しなければ」と思えば、相手が話し終わらないうちに言い返したくなるはずです。 しかし、話の途中で言い返すと、相手は言い足りない状態になります。 相手の言い分をきちんと聞かなければ、内容を誤解しやすいため、きちんとした説得もできません。 誤解をしたまま説得をすると、会話のキャッチボールが不自然になり、話がかみ合いにくくなります。 話を途中で遮ると、相手は威圧や圧迫を感じて、不快にさせてしまうでしょう。 「まだ話し終えていない」という消化不良のままになれば「きちんと理解されていない」とも思う。 きちんと説得するためには、相手の話を最後まで聞くことが必要です。 コミュニケーションの基本ですが、別れ話を説得する際も、やはり重要なポイントです。 「話を最後まで聞く」という態度を見せるだけでも、相手の興奮を抑える働きがあります。 重大な局面のため、なかなか思うようにいかないかもしれませんが、できるかぎり心がけてみてください。 相手の言い分をすべて聞き終わってから話し始めたほうが、誤解が減り、相手も話を聞いてくれます。 きちんと話を最後まで聞いてから、説得する。

9
★0

相手の目を見て話さなければ、説得は失敗に終わる。

引き止めようと説得するとき、相手の目を見て話すようにしましょう。 うつむいたまま、相手の目を見ないで説得しようとしても、失敗に終わるでしょう。 下を向いたままでは「自信がないのだろうか」「やましいことでもあるのだろうか」と疑われ、相手を不安にさせます。 「目は言葉以上に雄弁」と言われます。 言葉の響きは力強くても、話す態度が誠実でなければ、相手に信じてもらうのは難しい。 別れを切り出されると、自分に自信がなくなり、うつむきがちになります。 不利な立場で相手の目を見て話しにくいかもしれませんが、相手の勢いに押されたままでは引き止められません。 本当に引き止めたければ、相手の目を見て説得するのが最低条件です。 謝るときは、相手の目を見る。 改善も、相手の目を見ながら約束する。 相手の目を見て話すからこそ、発する言葉にも説得力が生まれます。 もちろん相手の話を聞くときも、目を見ながらうなずくことが大切です。 視線を合わせることは「誠実に対応したい」という意思表示の1つ。 相手の目を見て説得するのは重要なので、特に心がけましょう。 ただし、凝視したりにらんだりしないように注意が必要です。 ずっと目を見続けると、威圧感を与えるような目つきになってしまい、誤解を招きます。 相手の目を見て説得するのは大切ですが、適度に目をそらすことも大切です。 相手の目を見ながら説得する。

10
★0

つまらないプライドにこだわっていると、説得できない。

つまらないプライドにこだわっていませんか。 「自分のほうが上」という意識があると、引き止めるときにもこだわりがちです。 「相手に謝ったら負け」 「自分が悪くても認めない」 「どんなことがあっても譲歩しない」 プライドの高い人は、意地でも相手に謝ろうとしません。 しかし、それはつまらないプライドです。 つまらないプライドを持っている人は、頭の固い頑固者と同じ。 非常事態であるにもかかわらず、自分の体裁にこだわっていては、引き止めることができません。 むしろ余計に相手は別れたくなるでしょう。 つまらないプライドにこだわっていると、引き止められる可能性もゼロ。 そうしたつまらないプライドにこだわっているから、相手は別れたくなったのかもしれません。 謝るのがかっこ悪いと思うのは誤解です。 むしろ自分が悪いにもかかわらず、意地でも認めようとしないで謝らないほうが、はるかにかっこ悪いこと。 きちんと相手を引き止めたいなら、つまらないプライドは捨てて説得する必要があります。 頭を下げて謝る。 自分の非を素直に認める。 改善を約束する。 できるだけ譲歩する。 最後の最後には、泣いて謝ることも必要になるかもしれません。 自分が恥をかいてもいいと思うようになれば、何でもできるはずです。 つまらないプライドを捨てたほうが、引き止められる可能性も上がります。 つまらないプライドは捨てる。

11
★0

同じことを何度も聞かない。
話を発展させ、解決に導く。

相手を引き止める際、何度も同じことを聞かないように注意してください。 たとえば「私のどこが悪いの?」と質問をして、相手が答える。 しばらく話し合って、再び「私のどこが悪いの?」と同じ質問をする。 「そんなことをするわけがない」と思いますが、余裕のない場面ではありがちです。 差し迫った状況では考えの整理が追いつかず、何度も同じ質問をしてしまいます。 もしくは、不安な気持ちを落ち着かせるため、すでに聞いた内容だと分かっていても、つい聞いてしまうこともあります。 引き止めるときは、どんどん話を発展させていかなければいけません。 にもかかわらず、何度も同じ話を繰り返していると、ただでさえ失望している相手をさらに失望させます。 説得で大切なのは、話を発展させていくことです。 質問をして得られた回答をもとに、また次の質問をして、本質に迫っていきます。 たとえば「私のどこが悪いのか」と聞いて「価値観が合わないところ」と言われたとします。 「どんな価値観が合わないのか」と聞いて「お金の価値観」と言われる。 「どんなお金の価値観なのか」と聞いて「節約意識がないところ」と言われる。 「それなら今後は大きな買い物をするとき、必ず相談する」などと提案します。 そのほか「週に1回は、外食をしながらお金について話し合う機会を作ろう」などの提案もいいでしょう。 建設的な話し方をすれば、どんどん話を発展させていけます。 抽象的から具体的に発展させていく。 問題点から改善点を見つけ、解決に導いていく。 「それならこうすれば解決できるね」という方向で話を進めれば、上手に説得できます。 同じことを何度も聞かないように注意する。 解決に向けて話を発展させていく。

12
★0

反省も改善もしないで説得しても、真面目に取り合ってくれなくて当然。

引き止める説得をするときに有効なのは、反省と改善です。 相手の都合で別れ話を切り出されることもありますが、あなたに何らかの不満があってのことでしょう。 別れ話を切り出されたからには、自分に何か問題があるはずです。 誕生日も記念日も祝ってくれない。 まったく愛情を注いでくれなくなった。 約束を破ってばかりで信用できなくなった。 中には浮気・暴力・金銭問題など、解決が難しい過ちもあるはずです。 別れ話を切り出した時点で、相手は別れの決意を固めていることが考えられます。 反省も改善もしないで説得しても、聞き流されるだけで、真面目に取り合ってくれません。 そのため引き止めようと説得をするなら、反省と改善が必要不可欠です。 自分の悪いところを指摘されたら、逃げも言い訳もせず、素直に反省します。 悪いところは必ず直すことをしっかり約束します。 もちろん約束をしただけでは信じてもらえない可能性もあるため、約束を破ったときのペナルティーも約束しておきます。 たとえば「もし次に裏切るようなことがあれば、本当に別れてもいい」と宣言すれば、本気であることが伝わるでしょう。 口約束が信じてもらえないなら、書面にしてもいいでしょう。 書面ですら信じてもらえないなら、信頼できる第三者に誓いを聞いてもらうのも悪くありません。 決意が固まった相手を引き止めるには、そこまでしないと説得が難しい。 最終的には相手しだいですが、やり直したい気持ちが本気なら、徹底した対応が必要です。 やり直したい気持ちが誠実で、反省と改善が本気であると分かれば、最後のチャンスを与えてくれるかもしれません。 悪いところを指摘されたら、素直に反省することを約束する。 約束を破ったときのペナルティーも約束しておく。

13
★0

改善の約束は、できるだけ具体的にするのが得策。

引き止めるとき、悪いところを改善する約束は必須です。 自分の悪いところを放置したままでは、説得も難しいでしょう。 ただし、普通に改善の約束をすればいいわけではありません。 約束は、できるだけ具体的にしておくのが得策です。 約束は、するのは簡単でも、守るのが難しい。 抽象的な約束は、なかなか信じてもらえないでしょう。 「もう嘘はつかない」 「もう無駄遣いはしない」 「今後は誠実な付き合い方を心がける」 言っている意味は分かっても、相手は「本当だろうか」と不安になって、スムーズに信じてもらえないでしょう。 ましてや別れ話を切り出しているほどですから、中途半端な約束は聞き流される可能性が高い。 そのため、約束をするなら、本気であると分かるような具体的な方法を考える必要があります。 たとえば「嘘をつかない」と約束の場合、口頭だけでもいいですが、書面にしたほうが効果的でしょう。 書面だから安心とは限りませんが、少なくとも口約束より信用できます。 「もう無駄遣いはしない」と約束をする場合も、できるだけ具体的にします。 たとえば月に一度は、クレジットカードの明細や口座の残高を見せるなどの約束をします。 借金の返済があるなら、その計画を紙に書き出し、きちんと説明する。 精神論ではなく方法論による方法なら、合理的な説明がつくので、信用してもらいやすくなるでしょう。 ただ「信用してほしい」とお願いするのではなく、信用してもらえる方法を考えます。 具体的な約束であればあるほど、プラスに働きます。 自分にとっても、約束を具体的にしたほうが、気持ちが引き締まるはずです。 少しでも相手に信用してもらうために、約束をするなら具体的にしてください。 改善の約束は、できるだけ具体的な形にする。

14
★0

守れない約束で復縁したところで、問題の先送りにしかならない。

何かの約束をして引き止めるなら、約束の内容に要注意です。 切迫した状況では、守れない約束までしてしまいがちです。 相手が突きつけた条件をよく考えないまま、すべて飲み込んでしまう。 引き止めることが最優先になると、可能・不可能の判断をなおざりにしたまま、無謀な約束をしてしまいやすい。 しかし「引き止めることさえできれば、どんな約束でもする」という考えはよくありません。 引き止めたい気持ちは素晴らしいですが、約束の内容にも限度があります。 守れない約束をしたところで、後から破ることになるのは明白です。 そのときは引き止める説得ができても、約束が守れないなら、再び別れの危機を迎えるでしょう。 一度は引き止めに成功しても、約束を破った後の2回目の引き止めは絶望的です。 守れない約束で復縁したところで、問題の先送りにしかなりません。 守れない内容なら、最初から約束しないことです。 不可能が分かっているなら、勇気を持って「できない」と断ることも大切です。 もし守れる自信がなければ、せめて「自信がない」と答えるだけでもかまいません。 正直に言ったほうが、約束はできなくても誠実さだけは伝わり、相手の信用を得られやすくなります。 守れる約束をしてこそ意味があります。 どうしても約束ができなければ、せめて改善の意欲だけでも見せましょう。 「できるだけ努力する」 「改善できるように尽くす」 「必ずよい状態にする」 きちんと約束はできなくても、前向きな印象だけは残せます。 改善の意欲が伝われば、将来に期待を込めて、別れを考え直してもらえる可能性も出てきます。 約束するなら、守れる範囲を心がける。

15
★0

できるだけ取り乱さない。

別れ話を切り出されても、ひどく乱さないように注意してください。 もちろん取り乱しやすい状況であるのは分かります。 愛する人から急に別れ話を切り出されれば、不安や悲しみがこみ上げてきて、心の落ち着きを失うでしょう。 どうしていいか分からなくなり、じたばたした状態になる。 自然と涙があふれ出て、止まらない状況もあるはずです。 しかし取り乱すと、相手はなだめることで精いっぱいになり、話し合いどころではなくなります。 怒鳴るように引き止める。 大声をあげて泣き叫ぶ。 「嫌だ、嫌だ」と騒ぎ立てる。 相手を引き止めるため、わざと演じる人もいるかもしれませんが、未熟な行為です。 引き止めるための演技なら、逆効果にしかなりません。 周りに人がいれば、自分が恥をかくだけでなく、相手にも恥をかかせてしまいます。 難しい状況かもしれませんが、できるだけ取り乱さないように、自制心を保つよう心がけてください。 冷静、冷静、また冷静。 別れ話を引き止めるなら、落ち着いていたほうが確実に有利です。 不安や悲しみがこみ上げてきても、大事な場面であることを意識しながら平常心を保ちます。 不動の心を持って引き止めたほうが、発言にも説得力が生まれます。 切迫した状況で難しいかもしれませんが、できるだけ冷静を心がけてください。 不安や悲しみがこみ上げてきても、できるだけ冷静を心がける。

16
★0

脅迫・暴言・暴力で引き止めない。

別れ話を切り出されたとき、怒りがこみ上げてくる人もいるでしょう。 たとえそうであったとしても、強引な手段で引き止めるのは厳禁です。 たとえば、脅迫・暴言・暴力です。 「別れたらあなたの秘密をばらす」「別れたらただではおかない」などと脅す。 「最低の人間」「地獄に落ちろ」などの暴言を吐く。 殴ったり蹴ったり物を投げつけたりなどの暴力を振るう。 たしかに強引な手段を使えば、ひとまず別れを防ぐことはできるかもしれません。 気持ちが高ぶれば、手段を選ばず引き止めたい衝動に駆られることもあるでしょう。 しかし、どんな状況であろうと、脅迫・暴言・暴力はいけない。 脅迫・暴言・暴力は、もはや説得ではありません。 身勝手かつ卑劣な行為。 仮に脅迫・暴言・暴力で復縁できたとしても、本当の仲直りではありません。 偽りの仲直りです。 愛情が復活するどころか、ますます逃げたくなります。 相手を怖がらせる方法で強引に引き止めようとしても、相手の失望感はさらに深まる一方です。 場合によっては、事件として問題に発展する可能性もあります。 いくら別れたくないとはいえ、やっていいことと悪いことがあります。 相手を引き止めるなら、丁寧に説得を続けるしかありません。 別れる原因が自分にあるなら、相手を責めるのではなく、自分を責めるほうが合理的です。 別れ話にいらいらしても、脅迫・暴言・暴力で引き止めない。 不満があっても怒りがこみ上げても、きちんと平常心を保つことが大事です。 別れ話にいらいらしても、脅迫・暴言・暴力で引き止めない。

17
★0

誤解があれば、そのままにせず、きちんと解く。

別れ話を引き止めるなら、へりくだった態度が基本です。 相手より低い立場であることをわきまえ、偉そうな態度には注意します。 しかし、へりくだった態度とはいえ、相手の発言をすべて受け止める意味ではありません。 人間ですから、解釈を間違えることもあります。 言葉を聞き取れず、理解が中途半端になることもあるでしょう。 相手の理解に誤解が含まれているのは、珍しいことではなく、日常でもよくあること。 誤解されたまま別れてしまうほど、むなしい出来事はありません。 もし相手の理解に間違いがあれば、そのままにせず、きちんと誤解を解くことが必要です。 「そうだったのだね。私が勘違いをしていた」ということもあり得ます。 誤解を解くだけで、あっさり別れ話が解決することもあります。 ただし、言い方には注意しましょう。 相手の誤解を強くとがめるような言い方は、不快感を与えます。 相手が不快にならないよう、優しい言い方を心がけましょう。 「それは絶対違う」ではなく「それは違うよ」という優しい言い方のほうが、素直に聞いてもらえます。 「あなたは間違っている」ではなく「誤解を与えるような私の言い方がよくなかったね」と謙遜したほうが丁寧です。 わずかな言い方の違いですが、印象は正反対。 誤解している相手を責めるのではなく、自分が悪かったことにすれば、もつれた糸はすぐほどけます。 相手の理解に誤りがあれば、そのままにせず、きちんと誤解を解く。

18
★0

感情は見せても、感情的にはならない。

説得するとき、感情の出し方について注意があります。 「感情を見せるのはよくても、感情的になってはいけない」というポイントです。 「感情を伝えること」と「感情的になること」は、似ていますが違います。 感情を伝えることとは、自分の純粋な気持ちをありのまま伝えることを言います。 相手の立場を考えながら、自分の気持ちを落ち着いて伝えます。 感情的になることとは、理性と自制心を失い、感情がむきだしになっていることを言います。 相手の立場を考えずに、大声で叫んだり泣きわめいたり暴力を振るったりなどです。 説得するときに心がけたいのは、あくまで感情を伝えることであり、感情的になることではありません。 感情的になって説得しようとすると、相手は話の内容より取り乱した様子に注意を向けます。 集中が散漫になり、きちんとコミュニケーションができなくなります。 見つめるのはよくても、にらむのはいけない。 優しく手を握るのはよくても、強引に引っ張るのはよくない。 静かに涙を見せるのはいいですが、大声で泣くのはいけない。 「愛している」と伝えるのはよくても、狂ったかのように愛を叫ぶのはよくない。 落ち込んでいる様子を見せるのはよくても、自殺をほのめかしてはいけない。 感情的になった様子を見せると、お互いが話し合いに集中できなくなります。 未熟な印象まで与えるため、相手の失望感はますます深まるばかり。 感情を伝えるのはいいですが、伝え方には注意しましょう。 落ち着きを保ちながら感情を伝えるほうが、きちんと理解してもらえます。 説得するとき、感情的になるのは避けつつ、きちんと感情は見せる。

19
★0

第三者を通して引き止める方法も、選択肢の1つ。

余裕があれば、第三者を通して引き止める方法も有効です。 たとえば、いくら自分が引き止めても、まったく聞き入ってもらえない状況があるとします。 こんなとき、親や共通の友達など、第三者を通して引き止めてもらうと、考え直してくれる可能性があります。 もちろん恋愛は2人の問題。 本来、第三者に協力してもらうのは、あまりスマートな方法ではありません。 人に恥をさらすことにもなるため、心理的にもお願いしにくいはず。 もちろん第三者にお願いしても、協力を断られることもあります。 しかし、1人で問題を抱えたままでは改善もしません。 本気で引き止めたければ、恥を承知の上、選択肢の1つとしてあってもいいでしょう。 協力を求めるのも、まっとうな手段の1つ。 自分の説得が無理でも、第三者に説得してもらうと、言葉を素直に聞くことができ、相手の考え方が変わることがあります。 権威や信頼のある人からの説得なら、心理的にもNOと言いづらくなるでしょう。 確実に引き止められるとは限りませんが、自分が説得しても無理なら、他人に助けを求める姿勢も必要です。 状況が許せば、選択肢の1つとして検討してみてください。 ただし、親に協力をお願いするなら、注意点があります。 あくまで協力をお願いするのは、自分の親であり、相手の親ではないようにしてください。 相手の親にお願いすると、当然相手に味方するはずです。 引き止めるどころか、かえって別れを促される場合があります。 お願いするなら、自分に見方をしてくれる相手を選ぶのが安心でしょう。 状況が許せば、家族を通して引き止める。

20
★0

引き止められそうになければ、2回目の別れ話に持ち込む。

別れ話を切り出されたとき、スムーズに引き止められないことがあります。 相手の決意が固い場合、説得して引き止めようとしても聞き流されます。 「とにかく別れたい」の一点張りでは、説得しようにも限界があります。 もし引き止められそうな手応えがなければ、2回目の別れ話に持ち込むのも1つの方法です。 一度別れ話を保留にすることで、冷却期間を作れます。 時間ができることで、相手は「言いすぎたかな」「やり直したほうがいいかな」と考え始めるかもしれません。 わずかでも相手の決意が揺らいでいる様子があれば、考えを変えてくれる可能性はあるでしょう。 自分にとっても、次の別れ話をするまでに、上手な説得方法や改善策など、考える余裕が出てきます。 第三者に協力をお願いするチャンスも生まれます。 別れ話を保留にするときは、丁寧な言い方を心がけましょう。 相手が嫌がったとしても、何とか頼み込んで、2回目の別れ話に持ち込みます。 「話が急で今すぐ返事ができない。少し考える時間をほしい」 「今日は頭の整理が追いつかないから、続きは来週話し合おう」 「落ち着いてから、もう一度話し合おう」 まっとうな言い分があれば、相手も納得してくれ、2回目の別れ話に持ち込めるでしょう。 もちろん再度別れ話をしたところで、相手の決意が変わらないこともありますが、わずかな望みにかけるのもいいでしょう。 少なくとも可能性を高める試みではあります。 無理に一度で決着をつけようとせず、わざと延長戦に持ち込むのも工夫です。 引き止められそうになければ、2回目の別れ話に持ち込む。

21
★0

今まであげたプレゼントを返却しようとしてきても、受け取ってはいけない。

「今まで受け取ったプレゼントを返すよ」 別れ話を切り出されたとき、相手が今まであげたプレゼントを返却しようとしてくることがあります。 プレゼントをもらったまま別れるのは申し訳ないので、せめて返却して、関係をすっきりさせたい意思表示なのでしょう。 特に高価な品物は、返却されやすい傾向があります。 相手から差し出されると、とっさに受け取りそうになりますが、ここは大切な場面です。 別れ話を引き止めたいなら、受け取ってはいけません。 受け取ると「別れを了承した」というサインになってしまうからです。 自分では別れを認めたつもりはなくても、プレゼントを受け取ると、形式上、了承したと思われても仕方ありません。 後から「別れた・別れていない」という認識のずれで揉めやすくなります。 本音としてはプレゼントを返してもらいたくても、引き止めたいなら受け取らないこと。 「別れたくないから受け取れない」と、丁重に断るのが得策です。 今まであげたプレゼントを返却されそうになっても、別れ話を引き止めたいなら、受け取らない。

22
★2

徹底的に自分を磨いて、再会する。

別れ話を保留にすれば、すぐさま自分磨きです。 自分磨きには、外見と内面の2種類があります。 本来は両方を磨くのがベストですが、時間に余裕がないため、違いが見えやすい外見から磨くのが得策でしょう。 外見を磨くなら、短い期間でも大きく変えることが可能です。 おしゃれな服を買ってみる。 香水やアクセサリーを買い換える。 美容院に行って、髪型を整える。 スキンケアに力を入れる。 肥満気味なら、無理のない範囲でダイエットをしてみます。 もちろん外見を磨いた上で余裕があれば、内面を磨くことにも挑戦です。 心が磨かれるような言葉に触れれば、内面を磨くことが可能です。 徹底的に自分を磨いておけば、再会したとき、あなたの輝く魅力に相手は感心するでしょう。 「おや。こんなにすてきな人だったかな」と驚き、見直してくれる可能性があります。 生まれ変わった魅力があふれていれば、相手は昔の気持ちを思い出してくれるに違いありません。 やはり外見から得られる印象は軽視できません。 外見の魅力が高くなれば、説得力にも影響が及び、相手を引き止めやすくなるでしょう。 短い期間で十分とは言いがたいですが、できる範囲で少しでも外見的な魅力を高めておきます。 どこまで磨けるかは、あなたの努力しだい。 「最高の自分」を見てもらうつもりで、自分を演出しましょう。 再会するまでに、しっかり外見を磨いておく。

23
★1

別れ話を切り出された時点で、相手に新しい恋人がいる場合。

対処が難しい場面の1つ。 それは、別れ話を切り出された時点で、相手に新しい恋人がいる場合です。 「ほかに好きな人ができたから別れたい」というなら、まだいいのです。 あくまでまだ片思い。 別の人と付き合うために別れたいなら、まだ納得がいくでしょう。 しかし、別れ話を切り出された時点ですでに別の恋人がいる状態となると、すんなり納得できません。 つまり、浮気だからです。 こうした場合、残念ですが、別れてしまったほうが得策です。 説得をして、浮気相手から取り戻すのもいいですが、仮にできたとしても、なかなか浮気癖は治りません。 浮気癖は、病気のようなもの。 恋人を浮気相手から取り戻せても、しばらくすれば、またほかの異性を誘惑するようになるでしょう。 「二度と浮気をしない」と約束して、わずかな可能性に人生をかけるのもいいですが、大きなリスクを覚悟する必要があります。 なかなか心を整理できず、不本意かもしれませんが、浮気をするような人とは別れて正解です。 相手だけ幸せになって悔しく思うかもしれませんが、安心してください。 その浮気相手とも長く続かず、しばらくしてまた別の人と浮気するでしょう。 なかなか浮気癖は治りません。 浮気をする人は、二度も三度も繰り返します。 あなたにはもっとふさわしい人がいます。 浮気癖の恋人にこだわるくらいなら、潔く別れてしまう。 別の人を見つけるのが幸せの近道です。 別れ話を切り出された時点で、相手に新しい恋人がいるなら、潔く別れてしまう。

24
★0

「ほかに好きな人ができた」という理由なら、まだ望みはある。

別れたい理由を聞くと「ほかに好きな人ができた」と言われた。 「ほかの人に心が移ってしまったなら仕方ない」と諦めそうになるかもしれません。 もちろんすでに交際が始まっているなら取り戻すのは難しいでしょう。 相思相愛が出来上がっている状態を説得だけで引き戻すのは、不可能ではありませんが、極めて困難。 そもそも浮気をしていたことになりますから、相手に対する信用も絶望的です。 しかし「ほかに好きな人ができた」という理由なら、まだ望みはあります。 まだ正式に付き合っているわけではありません。 相手の気持ちが揺れ動いている最中であり、中途半端な状態です。 今からでも引き止める努力をすれば、離れかけた心を取り戻すことは可能です。 一緒に過ごした時間の長さで言えば、自分たちのほうが圧倒的に有利であるはずです。 2人の間にある絆も理解も思い出も負けていないでしょう。 「今までたくさんデートをして、たくさん思い出ができたよね」 「これほどあなたを理解している人は、ほかにいないよ」 「あなたを一番大切に思っているのは私のほう」 交際していたからこそ得られた2人の価値をアピールすれば、相手は考え直してくれるでしょう。 また、マンネリを解消させるのもいい方法です。 冷めかけている関係が再び温まる改善を促せば、離れかけている心を取り戻せる可能性があります。 「ほかに好きな人ができた」という理由くらいで諦めてはいけません。 2人の関係が停滞期に入り、相手は魔が差しただけかもしれません。 引き止めることができるチャンスは十分あります。 「ほかに好きな人ができた」という理由なら「まだ望みはある」と考える。

25
★0

「もう一度だけチャンスをください」という一言で、引き止める。

相手を引き止めるとき、相手の決意を揺るがす一言があります。 「もう一度だけチャンスをください。もしダメだったら、そのときは潔く別れます」 こう言えば、相手が別れの決意を固めていても、一瞬考えが揺らぐ可能性があります。 「もしダメだったら潔く別れる」という条件をセットにするのがポイントです。 約束を破ったときのペナルティーを自分から宣言しておけば、覚悟が伝わり、相手は譲歩してくれるかもしれません。 必死の表情をしながらお願いすれば、相手が別れの決意を固めていても、ためらう可能性があるでしょう。 もちろんかっこ悪い一言です。 客観的に見れば、ただの悪あがき。 相手から「信用できない」と怒られることもあるでしょう。 しかし、恥ずかしい一言だとしても、恥ずかしがっている場合ではありません。 何も説得せず、相手の言われるままに別れてしまうのも情けない。 無毛な一言かもしれませんが、無理を承知で、チャンスとしてお願いしてみる分には損はないでしょう。 恥をかくことはあっても失うことはありません。 恥をかこうと笑われようと、相手の言われるままに別れるよりは前向きで建設的です。 引き止められる可能性が1パーセントでもあるなら、最後の試みとしてお願いしてみる価値はあるでしょう。 真剣な気持ちが伝われば、相手は考え直してくれるかもしれません。 もし相手が受け入れてくれたなら、そのチャンスを生かして、同じ失敗がないよう注意してください。 最後の試みとして「もう一度だけチャンスをください」とお願いをしてみる。

26
★0

恋人を失いそうになっても、衝動的に早まった行動をしない。

「恋人を失えば、生きている意味がない」 「もう嫌だ。死んでしまいたい」 別れ話を切り出されたとき、崖から突き落とされたような感覚に襲われ、目の前が真っ暗になります。 とりわけ恋人に依存した生き方をしていると「失っては生きていけない」と思ってしまう。 どうしても失うことが耐えきれない。 そんなとき、衝動的に自分の命を危険にさらそうとする人がいます。 刃物で自分の体を傷つけようとする。 刺激の強い薬を大量に飲もうとする。 わざと危険な行為を犯すことで、周りの気を引かせる狙いもあるかもしれません。 しかし、命を危険にさらすのは絶対いけません。 健康に悪影響という話で済む問題ではなく、命の危険があります。 自分にとって生きるすべてかもしれませんが、自分から命を絶つようなことをするのは間違っています。 自分にとって「すべて」と感じているのは、その人しか見ていないせいです。 もっと広い世界に目を向けてください。 世の中には、まだまだ多くの異性がいます。 もちろん恋人より素晴らしい人も大勢います。 恋人がいなくなるのは、自分にとって一大事であっても、天から見れば小さなこと。 恋人関係が終わるだけにすぎません。 生きる希望を失いそうなときは、支えてくれている人たちを思い出してください。 恋人だけ悲しむことではありません。 大切な家族、親しい友達、そのほか多くの仲間たち。 たくさんの人を悲しませてしまいます。 未来にある楽しみを想像しましょう。 命を失ってはすべて楽しめなくなります。 生きている意味がないなんて思わないでください。 私たちは生きているだけで価値があります。 自分を傷つけて別れを阻止しようとするのは、あまりに短絡的な行為。 恋人を失いそうになっても、どうか早まった行動だけは避けてください。 別れ話を切り出され、生きる希望を失いそうになっても、早まった行動をしない。

27
★0

身勝手な別れ方をされたなら、慰謝料の請求も検討する。

身勝手な別れ方をされたなら、慰謝料の請求も検討してください。 慰謝料とは、精神的苦痛に対する損害賠償金のこと。 別れ方によっては、精神的に大きな傷を負えば、慰謝料を請求する権利が発生します。 もちろん未婚者同士の恋愛の破局は、あくまで自由恋愛。 自由恋愛には法的な拘束力がありません。 そのため普通の失恋程度では、なかなか慰謝料の請求が認められにくい現実があります。 しかし自由恋愛は、すべて慰謝料が請求できないわけではありません。 たとえば婚約中、相手が浮気をして、婚約破棄になった場合です。 「婚約」が結ばれているなら、当事者には貞操義務が発生するのが一般的です。 たとえ正式な婚約がなくても、婚約と同等の状態があれば、慰謝料の請求が認められる場合もあります。 あくまで相手に落ち度があり、別れ方も身勝手かつ卑劣なら、素直に現実を受け止められないはずです。 「こんな身勝手な別れ方は絶対許せない」と思うのも、無理はありません。 そうした状況なら、やはり正々堂々と慰謝料を請求するのがいいでしょう。 一般的に慰謝料の請求となると、弁護士を通したり弁護士費用もかかったりしますが、ほかにも方法があります。 たとえば、2人が話し合えば、お金で解決できることも可能です。 お金で解決するのは、下品な印象を持つかもしれませんが、泣き寝入りで終わるよりはまだ賢明です。 現実では失われた時間を取り戻すことはできません。 多少なりともお金が、失恋から立ち直るきっかけにはなるでしょう。 身勝手な別れ方で精神的苦痛を受けたなら、慰謝料の請求も検討する。

28
★0

どうせ別れるなら、友達関係だけでも続ける。

相手が別れたい一点張りなら、計画的に一度受け入れてみるのも方法です。 どうしても別れるしかない状況なら、友達関係だけでも続けたいとお願いしましょう。 別れるとはいえ「完全に縁を切る状態」と「友達関係を続ける状態」とは、まったく違います。 別れることになったとしても、復縁の可能性がゼロとは限りません。 少なくとも友達関係が続いていれば、別れた後、相手はあなたに未練が出てくる可能性があります。 別れるまでは、別れることで精いっぱいですが、いざ別れてしまうと、後悔や空虚感に襲われることが少なくありません。 「今思えば、自分のほうが間違っていた」 「自分のことを理解しているのは、やはりこの人しかいない」 「別れてしまったけれど、恋愛感情がよみがえってきた」 交際中は別れたいと思っていても、一度別れてから相手の存在価値に気づくのはよくあること。 仲のいい友達関係を続けていくうちに、あなたの存在価値に気づいてくれる可能性は十分あり得ます。 お互いの距離が近すぎているから、見えないこともある。 むしろ一度別れるからこそ、客観的に見ることができるようになります。 もちろん友達として付き合いつつ、積極的に恋愛のアプローチをすれば、再び恋愛関係に発展することも可能です。 どうしても別れるしかなければ、小さなチャンスにかけてみるのも悪くありません。 別れるしかなければ、友達関係だけでも続けるようにする。

29
★0

どれだけ引き止めても聞き入れてくれなければ、最後は諦めも必要。

どれだけ引き止めても聞き入れてくれなければ、最後は諦めも必要です。 相手の決意が固まっている場合、どれだけ何を言っても取り合ってくれないことがあります。 謝っても、決意を変えてくれない。 改善を約束しても、信じてもらえない。 泣きながら説得しても、顔色1つ変えず、あしらわれるだけ。 残念ですが、世の中には修復不可能な別れも存在します。 不仲の状態が軽ければ、まだ復縁の余地はありますが、不仲が深刻になると、修復は困難です。 特に取り返しのつかない過ちを犯したときは、謝って済む問題ではありません。 もともと原因を作ったのが自分なら、罪を償う必要があるでしょう。 不可能なことにずっと執着しても仕方ありません。 自分の夢を追いかけるなら諦めないことも大切ですが、男女関係については、わがままばかりも言っていられません。 あまり執着がしつこいと、ストーカー問題に発展する可能性もあります。 諦めるなら、目安は3回。 別れ話を3回しても相手の決意が変わりそうになければ、人生の方向転換を検討する必要があるでしょう。 本当に自分が悪いことをしたと思うなら、相手の別れの希望を受け入れるのも償いの1つ。 早く諦めた分だけ、次のステップにも早く進めます。 「仲直りは不可能」と確信すれば、相手の別れ話を受け入れて、潔く次の恋を探すのが得策です。 いくら引き止めてもまったく応じてくれないときは、最後は別れを受け入れる。

30
★0

別れが決まれば、最後は感謝で締めくくろう。

できることはすべてやった。 言いたいことはすべて言った。 引き止めるために最善を尽くした。 それでも報われなければ、最後は別れを受け入れるしかありません。 別れの最後まで、ぐちぐち言っても仕方ありません。 未練がましいことを言い続けていても、きれいな別れ方を妨げるだけ。 別れるしかない状況になれば、最後は感謝の言葉で別れを締めくくりましょう。 「今まで本当にありがとう」 「一緒に過ごした思い出は一生忘れないよ」 「別れることになっても、お互いに頑張ろうね」 感謝の言葉で締めくくると、別れもきれいに締めくくれます。 別れ話を切り出したのは相手ですが、最後はお互い前向きな気持ちになって別れます。 交際中は、すれ違ったり喧嘩をしたりしたかもしれませんが、最後はもう細かいことを気にしません。 心の器を大きくして別れを受け入れましょう。 憎み合いも、恨みっこもなし。 円満な別れは、あなたの人生にとってもプラスになります。 気持ちのいい感謝を伝えながら別れることで、別れた後の人生を気持ちよく踏み出せます。 出会いがあれば、別れもあるのが人生。 「これも運命」と受け入れることで、大人の階段を上がることができるのです。 別れが決まれば、最後は感謝を伝える。

同じカテゴリーの作品