恋愛トラブル

恋愛がうまくいかないときの
30の言葉

  • 男性と女性は、
    別々の生き物であることを理解しておく。
恋愛がうまくいかないときの30の言葉

もくじ
  1. 男性と女性は、別々の生き物であることを理解しておく。

    恋愛をするなら、まず理解しておきたいことがあります。
    男性と女性は、別々の生き物であることです。
    男性も女性も、どちらも同じ人間ではありますが、実際はいくつもの違いがあります。

  2. 思っているだけでは伝わらない。
    言いたいことは、きちんと言葉に出すことが大切。

    相手に言いたいことがあれば、思っているだけでは伝わりません。
    「言わなくても分かるだろう」と思うかもしれませんが、ここが注意です。
     

  3. 相手が心を開いてくれない原因は、相手ではなく、自分にある。

    「相手が心を開いて話してくれない」
    「話をしても堅苦しい。なかなか打ち解けた雰囲気になれない」
    そう思ったら、まず振り返ってほしいことがあります。

  4. 好きな人から褒められたときの第一声は、常に「ありがとう」。

    好きな人との会話では、できるだけ否定の返事を避けましょう。
    「もうすぐ夏だね」と言ったとき「夏なんて大嫌い」と否定されると、雰囲気が台無しです。
    「夜空の星がきれいだね」と言ったとき「別に普通だよ」と返されると、後に続く言葉がありません。

  5. 恋愛は、頑張るものではなく、楽しむもの。

    恋愛に疲れる原因は、頑張ってしまうことです。
    頑張れば、疲れるのも当然です。
    頑張ると、表情が怖くなります。

  6. 待ちの姿勢になるから、怖くなる。
    攻めの姿勢になれば、怖くない。

    恋愛は「待ちの姿勢」になるから怖くなるのです。
    メールが来るのを待つ。
    話しかけられるのを待つ。

  7. 寝る前に、今度好きな人と会ったとき話すネタを考えよう。

    寝る前にしておきたいことがあります。
    今度好きな人と会ったとき話すネタを考えることです。
    「今度会ったときはこんな話をしたいな。どんなネタなら楽しんでくれるかな」

  8. 体をきちんと相手に向けないと、言葉もきちんと伝わらない。

    友達と話をするとき、自分の体の向きを思い出してください。
    体をきちんと相手に向けているでしょうか。
    「もちろん体を向けている。まったく問題ない」

  9. 相手の話は、普通に聞くのではなく、のめり込んで聞く。

    好きな人との会話は、普通に聞くだけでは不十分です。
    ふんふんうなずいて聞くのもいいのですが、どこか形式的で、深みがない。
    「話さえ聞けばいい」という考えでは、なかなか話が続かず、話題も広がっていきません。

  10. 恋愛でよくある「誤った魅力の表現」とは。

    あなたの魅力は何ですか。
    自分の魅力だと思う部分は何か、一度考えてみてください。
    外見でも内面でも、何でもかまいません。

  11. 質問が、説教になっていませんか。

    相手に聞きたいことがあって、質問する状況があります。
    分からないから質問する。
     

  12. 恋がうまくいかない原因の大半は、スマートを求めすぎていること。

    恋がうまくいかない原因の大半は、いつの時代も同じです。
    スマートを求めすぎていることです。
    きっとあなたは「スマートに接しないと、相手の心は動かせない」と考えているのでしょう。

  13. 何かを犠牲にする恋愛の注意点。

    恋愛では、何かを犠牲にしなければいけないときがあります。
    まず一概に「恋愛で犠牲があるのは悪い」とは言い切れません。
    むしろ恋愛のほとんどは、大なり小なり、何か犠牲があって普通です。

  14. なぜ香水は、いつの間にかつけすぎてしまうのか。

    普段から香水をつけている人も多いでしょう。
    香水は、恋愛にも効果的です。
    ほのかに香る香水は、あなたの魅力の一部になり、相手を魅了させる効果があります。

  15. 「不幸な恋愛」と「苦労の多い恋愛」の違いとは。

    「私の恋愛は苦労ばかり。不幸な恋愛なのだろうか」
    恋愛で苦労が多いと、ネガティブなことを考えるかもしれません。
    苦労ばかりがやってくると、誰かが邪魔しているように感じます。

  16. 雰囲気を暗くさせる発言は、御法度。

    恋愛をうまく進めたければ、雰囲気を暗くさせる発言は御法度です。
    自分では正直な意見であっても、雰囲気を暗くさせる言葉なら、控えたほうが賢明です。
    「正直に言えないのはつらい」と思うかもしれませんが、正直すぎるのも考えものなのです。

  17. 恋のライバルは、多ければ多いほどいい。

    好きな人を狙っている人は、ほかにいることもあるでしょう。
    いわゆる、恋のライバルです。
    しかも、ライバルが1人だけならまだしも、複数人いることも珍しくありません。

  18. 沈黙の時間が気まずいなら、まだ相手と打ち解けていない証拠。

    「好きな人といるとき、沈黙になるのが怖い」
    もしそう思っているなら、残念ながら、相手とは本当に打ち解けていないといえます。
    本当に親しい人との関係なら、普通は沈黙になっても平気です。

  19. 思いどおりにならないことこそ、恋愛の最大の面白さ。

    恋愛を思いどおりに進めたいところですが、実際は難しいのが現実です。
    伝えたい気持ちがあっても、うまく言葉で言い表せず、どもってしまった。
    メールをしても、返事がなかなか返ってこない。

  20. 自分の嫌いなことをがつがつ言いすぎると、人間関係に影響する。

    自分の嫌いなことをがつがつ言いすぎないことです。
    適度の範囲ならいいのです。
     

  21. 会うのが苦痛になってくるのは、恋愛の赤信号。

    「好きな人であるにもかかわらず、会うときに苦痛を感じる」
    そんな感覚を得るようになれば、恋愛の赤信号かもしれません。
    「恥ずかしくて苦しい」「緊張して落ち着かない」などはいいのです。

  22. 嫌々会うくらいなら、やめたほうがいい。

    いくら恋人関係とはいえ、会うのがおっくうになることがあります。
     
    たとえば、試験勉強中です。

  23. お付き合いでは、会うのを控えたほうがいい場面もある。

    好きな人となら、いつも一緒にいたいと思いますが、そうとは限りません。
    お付き合いでは、会うのを控えたほうがいい場面もあります。
    会うのを控えるべき場面の1つが「何かに集中しているとき」です。

  24. 「私だけを愛して」という一言は、恋人の浮気を促す言葉。

    「私だけを愛して」
    このセリフに心当たりがある人は、要注意です。
    付き合っていれば、恋人のすべてを独占したいと思うでしょう。

  25. 恋愛の失敗経験は、人生で一度くらいあったほうがいい。

    恋愛で失敗すると、自分はどうなるのか。
    それは、やはり実際に失敗してみないと分かりません。
    振るにせよ、振られるにせよ、やはりつらい出来事になるでしょう。

  26. 恋に理屈なんていらない。
    人を好きになるというのは、理屈ではなく本能だから。

    恋に理屈は不要です。
    理屈のある恋は、本当の恋ではないとも言えます。
    物事には「理由」があるのが普通と思われますが、恋は少し違います。

  27. おしゃれを気にしなくなり始めるのは、恋愛が冷め始めているサイン。

    「だんだんおしゃれに興味がなくなってきた」
    そんな瞬間があれば、要注意です。
    おしゃれに興味がなくなるだけの話に思えますが、そう単純な問題ではありません。

  28. 喧嘩になれば、一度冷静になる時間を作るのが得策。

    相手とささいなことで喧嘩をすることもあるでしょう。
     
    たとえば、お互いの考え方の違いから感情的になり、口論になる場合です。

  29. 恋愛がうまくいかなくても、好きな人まで嫌いになるのは大げさ。

    好きな人であっても、小さなことがきっかけで嫌いになってしまうことがあります。
    頑張って気持ちを伝えているのに、相手は無反応。
    一生懸命おしゃれをしているのに、相手は気づいてくれない。

  30. 恋愛対象としては諦め、友達としての付き合い方もある。

    好きな人がいるからとはいえ、告白するのが正しいとは限りません。
    恋愛対象としては諦め、友達としての付き合い方もあります。
    告白は、お互いにとってインパクトがあります。

同じカテゴリーの作品