人生の教科書



恋愛トラブル
きちんと契約書を交わす探偵業者か。
恋愛トラブル
思っているだけで恋愛が成就するなら、誰も苦労しない。
恋愛トラブル
事前調査に力を入れる業者か。
モテたい
周りを楽しませる「人気者」になろう。
恋愛トラブル

信頼できる探偵業者を選ぶ
30のポイント

  • 復縁の成功率は、
    業者選びから始まっている。
信頼できる探偵業者を選ぶ30のポイント

もくじ

1
★0

復縁の成功率は、業者選びから始まっている。

復縁を成功させたければ、業者選びは重要です。 世の中には、数多くの復縁工作業者が存在します。 それぞれ規模・実績・サービス品質などに差があり、迷うところです。 復縁工作業者は、法人だけでなく、個人のところもあります。 業者によってかかる工作費用にも大きな違いがあります。 まさに玉石混交。 そのため、復縁の成功率は、業者選びから始まっていると考えるのが妥当です。 特に注意したい選び方は「安さ」や「短い期間」だけを基準にした業者選びです。 極端に安かったり短かったりする基準で業者を選ぶと、肝心の復縁工作の質がおろそかになる可能性があります。 いくら安くても、復縁が失敗しては意味がありません。 では、何を見るべきかというと、第一は業者の「質」です。 あくまで本当の目的は復縁ですから、まず質が重要です。 きちんと復縁を実現させたければ、費用や短い期間に踊らされず、業者の質を重視するのが賢明です。 それぞれの業者を比較して、質を見抜く努力をしましょう。 実績は、大げさに掲げていないか。 「サービス品質第一」とうたっているなら、どのような根拠なのか。 どのくらい長く業務を行っているのか。 過去に大きなトラブルを起こしていないか。 残念ながら復縁工作業者の中には、いかがわしいところがあるのも事実です。 もちろん費用や工作期間も大切なポイントですが、後から考える話です。 復縁は、失敗してからでは取り返しできません。 最初に見るべきポイントは、業者の質です。 復縁の成功率は、業者選びから始まっているのです。 業者を選ぶときは、安さや短い期間に踊らされず「質」を重視する。

2
★0

探偵業届出証明書があるか。

きちんとした探偵業者を見分けるポイントの1つ。 それは「探偵業届出証明書」です。 探偵業は、業務上、尾行や張り込みをする必要があります。 これは誰でも自由にできるわけではありません。 各都道府県の公安委員会に届け出て、許可をもらっていなければいけません。 そのため、まっとうな探偵業者なら、ウェブサイトに探偵業届出証明書の記載があります。 プロフィールのページを確認して、きちんと証明書があるか確認しましょう。 証明書だけでなく「探偵業届出証明書番号」という番号も確認です。 もし証明書の記載がはっきりしなければ、電話やメールで確認するといいでしょう。 手間がかかりますが重要な確認です。 もしこの証明書がなければ、違法行為をしている可能性が高いと言えます。 法律を守る意識が低い業者は、悪質と言わざるを得ません。 表向きは高品質や守秘義務をうたっていても、実際は個人情報がぞんざいに扱われる可能性があります。 依頼者が面倒なトラブルに巻き込まれる可能性も否定できません。 証明書の有無を曖昧にごまかされた場合も、念のため依頼を避けておくのが賢明です。 きちんとした探偵業者を選ぶなら、探偵業届出証明書のあるところをおすすめします。 探偵業届出証明書のある団体を選ぶ。

3
★0

ウェブサイトがきちんとしているか。

きちんとした探偵業者を見分けるポイントの1つが、ウェブサイトです。 ウェブサイトとはいえ、さまざまなことが読み取れる大事なポイントです。 探偵業者のウェブサイトを見たとき、次のような点が当てはまるなら注意が必要です。 ●誰でも匿名かつ無料で作れるウェブサイト まず注意したいのは、無料で作れるウェブサイトです。 誰でも匿名かつ無料で作れるタイプのウェブサイトは、便利である一方、危険もはらんでいます。 作成は簡単ですが、閉鎖も簡単であるため、悪質業者による犯罪の温床になっているのが現状です。 ●携帯電話向けしかないウェブサイト パソコンのウェブサイトはなく、携帯電話向けしかないウェブサイトの場合も、怪しいと考えていいでしょう。 もちろん悪質とは言い切れませんが、片方しかないのは、何らかの不正な事情が関係している可能性があります。 ●安っぽいウェブサイト 安っぽいウェブサイトも、NGではありませんが要注意です。 たとえば、説明が不足したり分かりにくかったり誤字脱字が多かったりなどです。 リンク切れがあったり準備中のページがあったりする場合も、丁寧とは言えないでしょう。 「大切なところを手抜きする」という点が見られるため、調査を依頼するには不安があると言えます。 ●閲覧制限のあるウェブサイト IDやパスワードを入力しないと見ることができないウェブサイトは要注意です。 もちろん会員用のページだけ閲覧制限がある場合はいいのですが、ウェブサイト全体に閲覧制限があるのは不自然です。 ●そもそもウェブサイトがない そもそもウェブサイトがない探偵業者は危険です。 予算や手間暇がないなどの事情があるのかもしれませんが、それほど余裕がない業者なら、安心して依頼できないでしょう。 ウェブサイトを作る配慮すらないのは、調査における技術も疑問があります。 きちんとしたウェブサイトを運営しているか確認する。

4
★1

料金の内訳を説明してくれるか。

依頼者と探偵業者とのトラブルで裁判になっている事例があります。 その原因は、調査に失敗したことではありません。 大半を占めるのは、お金のトラブルです。 後から大金をふっかけられ「こんな話は聞いていない」という被告の訴えで、トラブルに発展するケースが目立っています。 探偵業者に依頼するなら、まず見積もりを出してもらい、料金の内訳を確認しましょう。 悪質な探偵業者は、料金の内訳を説明してくれません。 もしくは、曖昧に濁してきます。 一般的に探偵業者のウェブサイトには、料金の目安の記載があります。 もちろん正確な料金は依頼内容によって異なりますが、料金の大まかな目安はあるのが普通です。 ウェブサイトを見ても、料金についての記載はなく「まずはご相談ください」とあるだけ。 まったく記載がないのは、注意喚起のフラグを立てておくのがいいでしょう。 見積もりを依頼しても詳しい内訳がなく、大雑把な料金しかない探偵業者は注意が必要です。 内訳について質問しても、きちんと説明してくれない場合はますます怪しいと考えていいでしょう。 曖昧に話を濁して、後から大金を請求してくる可能性があります。 余裕のない依頼者の心理につけ込んだ、悪質な業者と言えます。 内訳の確認は、依頼者として当然の行為です。 それぞれの作業にかかる料金を確認することで、相場やほかの探偵業者と比較ができるようになります。 たとえ見積もりが安くても、内訳がないと、後からうまい口実で料金を高く請求してくる可能性があります。 探偵業者を選ぶなら、料金の内訳を提示してくれるところを選びましょう。 料金の内訳を提示してくれるか、確認する。

5
★0

マスコミに出演した実績があるか。

探偵業者の実績を確認しましょう。 確認したい実績は、成功事例だけではありません。 忘れがちな実績は「マスコミに出演した実績」です。 たとえば、新聞・雑誌・テレビ・ラジオなどです。 きちんとした探偵業者を見分けるポイントの1つとして、マスコミへの出演実績は有用です。 もちろんマスコミに出演していない探偵業者が悪いとは言い切れません。 マスコミに出演した実績がなくても、きちんと法にのっとった業務を行っているところもあります。 しかし、一般的にマスコミに出演した実績のある探偵業者のほうが、信用できる傾向があります。 マスコミへの出演実績があるのは、その探偵業者の代表者・業務内容・所在地などが第三者によって確認されている証拠です。 マスコミに出演すれば、必然的に目立つため、悪質な行為をしにくくなります。 公の場に堂々と登場できる様子から、清く正しい業務を遂行していることも読み取れます。 マスコミの主演実績も、多ければ多いほど高く評価できるでしょう。 完全に信用できるわけではないものの、見逃せない評価基準の1つです。 マスコミへの出演実績の有無を確認する。

6
★0

依頼者に消費者金融・闇金融を紹介してこないか。

「予算が十分にありません」 そんな話をしたとき、分割支払いを提案することはよくあります。 たとえば、クレジットカードや信販会社によるローンによる分割支払いです。 無理のない支払い回数を選ぶことで、依頼者の負担も軽くなるでしょう。 クレジットカードも信販会社によるローンも、金利はありますが、比較的低い金利で利用できます。 しかし、消費者金融まで紹介されたなら要注意です。 消費者金融は、正規の金融機関であるものの、金利が高いことで知られています。 審査基準も低いため、ほかの金融機関でお金を借りられない人でも、利用しやすいのが特徴です。 依頼者に借金をさせてまで契約を進めようとするのは、利益重視である証拠です。 依頼者の思考が弱っていることにつけ込んで、強引に契約を結ばせようとしている可能性があります。 優良な探偵業者なら、依頼者からの要望がないかぎり、消費者金融を紹介することはありません。 当然ですが、闇金融を紹介された場合は、すぐ契約を中断してください。 そもそも闇金融は正規の金融機関ではないため、法定金利を超える高金利を請求されます。 支払いが滞れば、厳しい取り立てを行われ、犯罪行為に及ぶ危険もあります。 借金が膨らむと、一気に人生が転落する可能性があります。 工作業者への依頼は、借金のない状態が理想です。 ローンによる分割払いでさえ、必要性を何度も自分に問いかけた上で契約するのが賢明です。 依頼者の予算が足りないとき、消費者金融・闇金融を紹介してこないか確認する。

7
★0

事務的な印象が強くないか。

事務的な印象についても要チェックです。 探偵業者の見分けるポイントとして無関係に思うかもしれませんが、実際は間接的に関係しています。 もちろん常識の範囲なら、事務的であっていいのです。 スムーズに効率よく対応する様子は、ある程度事務的に見えるのは自然です。 無駄を省き、仕事を効率よくスムーズに進めようとする様子は頼もしく見えます。 しかし、事務的な印象が不自然に目立つようなら注意が必要でしょう。 ・一方的に早口で話をされる ・説明が大雑把で分かりにくい ・自分の話を最後まで聞いてくれない ・目を見て話してくれない ・笑顔も相づちもない ・話し方が堅苦しい ・最低限の確認だけで済ませる ・あまりアドバイスをしてくれない ・早く面談を終わらせようとする雰囲気がある 言い方は悪くなりますが「お金さえもらえればいい」と考えている可能性があります。 探偵業とはいえ、依頼者との接し方も、技術の1つ。 最低限の対応しかされず、人と接する対応が不十分では、調査力・技術力にも不信感が出てきます。 仕事と割り切って淡々と処理する様子は、アフターサービスがあっても不安です。 アフターサービスが形としてあるだけで、実際はほとんど機能していない可能性も疑ったほうがいいでしょう。 「何だか感じが悪い」という直感は、おおむね正しい。 接し方が乱暴なら、依頼を考え直したほうが賢明かもしれません。 事務的な印象が強くないか確認する。

8
★0

親身に対応してくれるか。

探偵業者と接したときの印象は軽視できません。 その探偵業者は、親身に対応してくれるでしょうか。 事務的な対応ではなく、親身に対応してくれる探偵業者のほうが、頼りがいを感じるでしょう。 ・メールの返信が早い ・面談のとき、きちんと目を見て話してくれる ・話をじっくり聞いてくれ、納得したときは深くうなずいてくれる ・事情を話したとき、同情や共感をしてくれる ・話し方がゆっくりで分かりやすい ・大切な説明は省かず、丁寧に説明をしてくれる ・いつもにこにこしている ・きちんとアドバイスをしてくれる ・質問したときの回答が丁寧 ・希望を言ったとき、快く受け入れてくれる ・「困ったときはいつでもご連絡ください」などの配慮がある 人間味とサービス精神にあふれる様子のほうが「依頼者の立場に立って考えている」という印象があります。 親身な対応が感じられれば、調査力だけでなく、アフターサービスも期待できるでしょう。 ただし、例外もあります。 実は親身な対応は、悪質な業者の初期対応にもよく見られる特徴です。 優しく丁寧な様子を見せることで依頼者を安心させ、騙そうとする手口です。 「親身だから安心」と思い込むのではなく、あくまで目安の1つと考えたほうがいいでしょう。 親身に対応してくれるか確認する。

9
★0

悪い評価が目立っていないか。

世間による客観的な意見。 それが評価です。 評価ですべて判断できるわけではありませんが、探偵業者の質を知る手がかりになります。 探偵業者の評価を確認してみましょう。 現在では、インターネットが広く普及しています。 インターネットを利用すれば、利用者の声や評判をすぐ確認できるでしょう。 もちろん評価をすべてうのみにするのではなく、あくまで参考です。 悪い評価が1つあるだけで「危険」と判断するのは早計でしょう。 人によって感じ方は変わります。 調査を依頼しても、うまくいかないこともあります。 ある程度規模のある探偵業者なら、利用者も多いため、悪い評価が一定数あるのも自然と言えるでしょう。 しかし、悪い評価が目立つようなら無視できません。 よい評価が少なく、悪い評価ばかりが目立つなら、客観的に質の低い可能性があると考えられます。 悪い評価の信頼度も、誰が発信している情報なのかで変わります。 利用したことがない人の臆測より、実際に利用したことがある人の意見のほうが信頼できるでしょう。 特に注意したいのは、その探偵業者に対して裁判が起こされている場合です。 裁判沙汰になっているのは、よほど大きな不満があったと考えられます。 裁判が複数起こされている探偵業者は、避けておくといいかもしれません。 インターネットを利用して、業者の評価を確認する。

10
★0

契約をせかしたり強要したりしないか。

契約をせかしたり強要したりする探偵業者からは逃げましょう。 悪質な探偵業者は、依頼者をせかすような言葉を使って判断を鈍らせようとします。 「タイミングは今しかありません」 「今契約しないと、あなたは一生後悔します」 「早くここにサインしてください」 「なぜ契約しないのですか。ほかより弊社が一番です」 「あなたが動かないと、現実は何も変わりませんよ」 強引な発言があれば、少なくとも「危険」と考えて間違いありません。 たしかに調査には、運やタイミングが関係することもあります。 しかし、契約では、あくまで依頼者の希望が重要です。 探偵業者は契約をせかしたり強要したりすることがあってはいけません。 悪質な業者は、とにかく契約を早く取りたいと思います。 言いなりになって契約すると、後からトラブルになるケースが目立ちます。 不当な金額を請求されたり急に連絡が取れなくなったりする可能性も、ゼロではありません。 ましてや脅すような契約の仕方は、脅迫罪に当たります。 恐怖心を刺激して契約しようとするのは、詐欺まがいの行為である可能性が高いと考えていいでしょう。 契約しても後悔する可能性が高いため、すぐ業者から離れるのが得策です。 まっとうな業者なら、せかしたり強要したりすることはありません。 少しでも依頼者の不安を取り除くため、時間をかけようとします。 あくまで依頼者の立場になり、どんなときでも依頼者の希望を尊重します。 せかしたり強要したりしないか確認する。

11
★0

成功率が不自然に高くないか。

業者を比較していると、成功率の違いに気づくことがあります。 ある業者では「成功率が90パーセント」である一方、別の業者では「成功率が100パーセント」というところもあります。 「成功率が高ければいいではないか」 そう思っているなら誤解です。 たしかに成功率が高いのはよいことに思えますが、不自然に高すぎるのは要注意です。 たとえば「成功率100パーセント」とあるとします。 いくら実績のある大手の探偵業者でも、成功率が100パーセントは不自然です。 残念ながら、探偵業務は100パーセント成功するものではありません。 全力で調査しても及ばないこともあれば、想定外が起こることもあります。 業者側の何らかのミスで、失敗に終わることもあるでしょう。 現実では、調査がうまくいかなかった事例が一定数あります。 どれだけプロの探偵業者でも「成功率100パーセント」は、不可能に近いのが現実です。 設立したばかりの探偵業者のため実績が少ない、もしくは裏で数字を不正に操作していることが考えられます。 「100パーセントの成功を保証」とうたう業者は、警戒が必要です。 成功率が高ければよいとは限りません。 「120パーセントの成功率」などの大げさな表現は、もはや集客目的であり、信頼できない数字と分かります。 甘い言葉には裏があると思ってください。 悪質な業者は、困っている人の心につけ込もうとします。 高い成功率に惑わされないようにしましょう。 成功率が不自然に高くないか確認する。

12
★0

「絶対」「必ず」という言葉に注目すれば、悪質な復縁業者を見分けやすくなる。

悪質な探偵業者を見分けるポイントの1つが「絶対」「必ず」という言葉です。 「絶対」「必ず」という言葉が多用されていることにも注意を向けましょう。 業者のウェブサイトを見たとき、次のような言葉を見かけることはありませんか。 「絶対復縁させます」 「あなたの復縁は、必ずうまくいきます」 「絶対当たる、復縁占い」 一見すると力強くて自信のある言葉に思えますが、これほど怪しい言葉はありません。 復縁に「絶対」はあり得ないからです。 どんな復縁業者にも言えることですが「絶対」と断言することはできません。 もちろん自分が「絶対復縁する」と宣言するならまだいいのですが、業者が断言するのは不自然です。 あり得ないことを断言しているなら、その時点ですでに怪しいと考えていいでしょう。 どんな復縁業者でも、あくまで復縁の可能性を高めたり、気持ちを明るくさせたりする程度が限界です。 プロの復縁工作業者でさえ、100パーセントの成功は保証できません。 「甘い言葉には裏がある」という言葉を思い出してください。 強い言葉を使うのは、自信のなさの裏返し。 アイデンティティーのない人をターゲットにしているのです。 「絶対」という言葉が使われている業者は、すべて怪しいと疑うのが賢明です。 「絶対」という言葉が使われている業者は、怪しいと疑う。

13
★0

きちんと契約書を交わす探偵業者か。

悪質な探偵業者の中には、契約書を省こうとするところがあります。 依頼者が契約書の必要性について尋ねても、それらしい説明で契約書を省こうとします。 「契約書は証拠が残るので、ないほうがいいですよ」 「契約書を交わしていると時間がありません。今すぐ実行しましょう」 「契約書がなくても、私たちはしっかり成功させます」 「契約書なんて意味はないですよ。大切なのはお互いの信頼関係です」 探偵による調査について詳しくないので「そういうものなのかな」と思いそうになる。 筋が通っているように聞こえて信じそうになりますが、待ってください。 これは極めて危険です。 契約内容を法的に証明するものが契約書です。 契約書を交わしていないと、後でトラブルになったとき、契約内容を証明するものがなく、不利な立場になります。 契約書を交わさずに業務を依頼するのは、わざわざ問題を作るようなもの。 手間暇がかかり面倒であっても、必ず契約書を交わしましょう。 もし業者が契約書を交わそうとしないなら、依頼を取り下げるのが無難です。 「話を途中まで進めておいて今さら申し訳ない」と思うかもしれませんが、トラブルを避けるほうが重要です。 依頼者も、業者の言い分をそのまま信じるのではなく、おかしな点はきちんと指摘しなければいけません。 契約するときには契約書を交わすのが、常識中の常識です。 きちんと契約書を交わす業者か確認する。

14
★0

個人ではなく、法人であるか。

法人であることは、信用の度合いを測る目安の1つになります。 もちろん個人でも、きちんとした復縁工作業者もいます。 個人事業でも、探偵業・営業許可証があるなら、問題なく業務はできます。 個人であっても、複数人で組織運営ができれば、復縁工作業は実施できます。 しかし、現実的な信用問題として、個人より法人のほうが信用は高い傾向があると考えていいでしょう。 法人を設立するには、代表者名・資本金・所在地・業務内容などを国に登記する必要があります。 その手続きに、多くの書類を提出する必要があり、多額の費用もかかります。 法人名義で銀行口座を開くにも、銀行からの審査が必要です。 所在地や事業内容に不明点がある法人は、口座を開くのが難しい現実があります。 法人として運営しているのは、それらの条件をクリアできていることになるため、個人より信用しやすい傾向があります。 さらに入念に調べるなら、企業信用調査会社を通して、法人の売り上げや利益などを確認してみるのもいいでしょう。 きちんとした復縁工作業者なら、企業信用調査会社に登録されています。 一般の方でも、自由に法人の売り上げや利益を確認できるので、規模や実績の目安になるでしょう。 ただし、法人であっても、過信には注意が必要です。 「法人は信用されやすい」という状況を逆手に取った悪質な法人も存在しています。 法人であることは、あくまで信用を判断する目安の1つとするのがいいでしょう。 法人として組織運営されているところか確認する。

15
★0

事前調査に力を入れる業者か。

事前調査を手抜きしようとする業者は要注意です。 「過去に似たケースがあるので、事前調査は必要ない」 そう聞けば「事前調査の費用も省けて都合がいい」と思うかもしれませんが、ちょっと待ってください。 過去に似たケースがあったとしても、復縁の情報はそれぞれ異なります。 事前調査を手抜きする業者は、本気で復縁を成功させようとしていないことが分かります。 できるだけ手間を省き、楽に作業を済ませようとしています。 事前調査に力を入れる業者かどうかは、重要なポイントです。 事前調査をしない復縁工作は、基本的にあり得ないと考えてください。 ある程度対象者のプロフィールが分かっていても、事前調査を行うのが普通です。 たとえシンプルな復縁工作であっても、最低限の事前調査は必要です。 「大切なのは、事前調査より本番の復縁工作ではないか」と思うかもしれません。 しかし、その考えは改めたほうがいいでしょう。 本番の復縁工作の成功を決めるのが、事前調査だからです。 まっとうな復縁工作業者なら、事前調査に力を入れます。 本気で復縁を成功させるなら、事前調査が欠かせません。 対象者の情報は、少なくて困ることはあっても、多くて困ることはありません。 対象者の情報が多ければ多いほど、具体的に復縁工作の計画を立てることができ、成功率を高められます。 きちんと事前調査をする業者か確認する。

16
★0

十分な実績があるか。

探偵業者を比較するとき、実績を確認しましょう。 実績は多ければ多いほど、高い評価につながります。 ・設立して長い時間が経っている ・今まで請け負った契約数が多い ・業務において何らか受賞歴がある こうした点を目安にすると、頼りになる探偵業者を見分けやすくなります。 実績が多ければ、それだけ多くのノウハウも蓄積されていることが考えられます。 業者に慣れがあるため、スムーズに業務を遂行してくれると期待できます。 社内に経験豊富な調査員が多数いれば、想定外が発生した際にも融通が利くはずです。 ただし、実績も過信には要注意です。 実績は自己申告であるため、正確とは限りません。 集客目的で、わざと大きな実績を見せている可能性もあります。 過信に注意しながら、あくまで評価の1つとするのがいいでしょう。 実績を確認する。

17
★0

成功報酬が必要な探偵業者か。

成功報酬が必要な探偵業者と、必要ない探偵業者。 選ぶならどちらがいいでしょうか。 成功報酬とは、依頼内容が問題なく完了できた場合、お礼として支払われる報酬のことです。 依頼者からすると「成功報酬が必要なければ、安くなるので助かる」と思いがちです。 安さに魅力を感じて、成功報酬が必要ない探偵業者を選びたくなるのではないでしょうか。 特に経済事情が厳しいときは、ますます成功報酬が必要ない探偵業者を選びがちです。 しかし、ここが要注意です。 一般的に成功報酬が必要な探偵業者のほうが、質が高い傾向があると言われています。 成功報酬の有無は、依頼者にとって大きな違いですが、それは探偵業者にとっても同じです。 成功報酬が必要な探偵業者は、本気で成功させようとする意識が高くなりがちです。 面談・計画の立案・作業の実行など、すべてにおいて抜け目なく全力を発揮しようとします。 見方を変えると、成功報酬が必要な探偵業者は「本気で成功に全力を尽くす」という意志表示とも言えます。 成功報酬が高めに設定されている探偵業者ほど、本気度が強いこともうかがえます。 成功報酬は、成功しなければ払う必要はありません。 成功すれば必要になる費用ですが、その費用で成功率を上げられるなら支払う価値はあると言えるでしょう。 本気で復縁を成功させたければ、成功報酬が必要な探偵業者を選ぶほうがよいと言えます。 できるだけ成功報酬が必要な探偵業者を選ぶ。

18
★1

代表者の本名と顔写真があるか。

ウェブサイトや案内資料に、代表者の本名と顔が掲載されているか確認しましょう。 代表者の本名と顔写真の有無は、その事業者の信用を計るチェックポイントの1つです。 もちろん社員の本名や顔なら、掲載がなくてもいいのです。 プライバシーに関わるため、伏せておきたい場合が多いでしょう。 しかし、事業の代表者は立場上、本名と顔を掲載するのが一般的です。 名前は、本名であることが重要です。 名字だけやニックネームでは不十分です。 顔は、写真であることがベスト。 似顔絵のイラストでは不十分と言えるでしょう。 詐欺や悪徳業者は、自分の本名や顔を公にすることを嫌います。 当然、やましいことをしているわけですから、できるだけ名前も顔も隠そうとします。 そのため、代表者の本名と顔写真がきちんと載っているなら、ある程度信用できると言えます。 「やましいことはしていない。きちんとした業務をしている」というメッセージが読み取れるでしょう。 依頼者にとっても、本名と顔写真があれば「この人が代表者なのか」と分かり、安心しやすくなるでしょう。 本名と顔写真がある探偵業者は「依頼者を安心させるための配慮ができている」という目安の1つになります。 代表者の本名と顔写真があるか確認する。

19
★0

一度問い合わせた後、しつこく勧誘をしてこないか。

一度相談で問い合わせた後、しつこく勧誘をしてくる探偵業者がいます。 問い合わせる際に記載した個人情報をもとに、うまい口実で問い合わせてきます。 「その後、どうなりましたでしょうか」 「その後の経過が心配で、連絡をさせていただきました」 「悩んでいるなら、お手伝いしますよ」 こうした励ましの言葉があれば「本気で助けてくれようとしている」と思うかもしれません。 表向きは親切に見えるため、拒否しにくいところ。 もちろん依頼者から連絡してほしい要望をしたなら、まだ分かります。 あくまで依頼者からの要望ですから、探偵業者から連絡があっても自然です。 しかし、お願いをしたわけでもなく、しつこく連絡をしてくる探偵業者は「要注意」と考えていいでしょう。 結局は営業の電話です。 無理に契約させようとする探偵業者は、契約を取ることに必死になっていることが読み取れます。 しつこく電話をする様子から依頼者への配慮がないと分かるため、依頼してもぞんざいな対応しかされないでしょう。 しつこく勧誘をする探偵業者からは逃げるのが正解です。 きちんとした探偵業者なら、しつこい営業の電話はありません。 依頼者の希望を尊重するため、しつこく勧誘したり契約を強要したりすることはありません。 一度問い合わせた後、しつこく勧誘をしてこないか確認する。

20
★0

アフターサービスがあるか。

アフターサービスとは何でしょうか。 アフターサービスとは、調査が終了後、依頼者の適切な対応について手助けをするサービスのことを言います。 「アフターケア」「アフターフォロー」と呼ばれることもあります。 探偵業者の質を見極めるポイントとして、アフターサービスの確認も欠かせません。 万が一のことも考えるなら、アフターサービスのある探偵業者のほうが安心です。 もちろん「調査さえできればいい」「アフターサービスは不要」という人もいるでしょう。 しかし実際のところ、調査はうまくいっても、その後の対応に困ることがあります。 たとえば、浮気調査の結果「実際に浮気があった」と判明したとします。 本来ならここで調査は終了ですが、離婚の手続きや慰謝料の請求方法など、分からないときもあるはずです。 こんなとき、探偵業者に相談できると助かるでしょう。 離婚の手続きを教えてくれたり、必要な弁護士を紹介してもらえたりなど、スムーズにその後の対応を進められます。 アフターサービスのある探偵業者は、本気で依頼者のことを考えている姿勢がうかがえます。 調査が完了して数カ月間は、フォローしてくれるサービスのある探偵業者がいいでしょう。 調査の成功が、本物の成功になるためにお手伝いしてくれます。 アフターサービスがあるか確認する。

21
★0

返金制度があるか。

返金制度とは何でしょうか。 返金制度とは、契約途中でキャンセルした場合、支払い済みの金額が一部、もしくは全額戻ってくる制度のことを言います。 どれだけ金額が戻ってくるのかは、状況によってさまざまです。 もし返金制度がない探偵業者なら、注意したほうがいいでしょう。 もちろん探偵業者に都合があるのも分かります。 前もって作業に必要な準備をしていれば、無駄になります。 準備には手間暇がかかるため、着手金を支払った後にキャンセルした場合、全額を返金するのは難しいでしょう。 キャンセルの時期が遅ければ、着手金の半分以上が返金されない状況も覚悟する必要があります。 しかし、金額の一部が返金されない状況はあっても、まったく返金されないのは不自然です。 契約の後に都合が悪くなってキャンセルすることになり、返金してもらいたい場合があります。 良心的な探偵業者なら、返金制度を設けるのが一般的です。 「返金制度なんてなくてもいい」と思うかもしれませんが、油断はよくありません。 契約した後、思わぬ不都合のため、キャンセルしなければいけないのは誰にでも起こりえること。 たとえ返金制度を利用する予定が今はなくても、今後何があるか分かりません。 面倒であっても、返金制度の有無や内容について、きちんと確認しておきましょう。 最低限確認したいのは、次の3点です。 ・どんな状況のとき返金してもらえるのか ・いくらまで返金してもらえるのか ・実際に返金制度が適用された事例はあるのか 詳しい説明があれば、安心して依頼できます。 返金制度があるか確認する。

22
★0

過失による補償制度があるか。

探偵業者はプロですから、抜かりなく作業を進めてくれるでしょう。 復縁の成功に向けて、1つのミスもないのが理想です。 しかし、探偵業者も人が運営しているため、完璧とは限りません。 たとえば、探偵業者の失態のため、まれに調査が失敗に終わるケースがあります。 もしくは、調査段階で依頼者に何らかの損害を与えてしまう場合もあるでしょう。 実際過去には、そうした事例が起こっています。 探偵業者には完璧であることを望みますが、現実では完璧にいかないことがあるのも事実。 こうした状況を想定して、探偵業者側の失態による補償制度も確認しておきましょう。 最低限確認したいのは、次の3点です。 ・いくらまで返金してもらえるのか ・どんな状況のとき返金してもらえるのか ・実際に補償制度が適用された事例はあるのか 詳しい説明があったり、快く対応してくれたりすれば、安心して依頼できます。 ウェブサイトに掲載されていなければ、面談のときに確認するといいでしょう。 質問しにくいかもしれませんが、重要な内容です。 業者が抜かりなく対応するように、依頼者も抜かりなく確認しましょう。 補償制度があるか確認する。

23
★0

ウェブサイトの文章に不自然な点はないか。

販売企業のウェブサイトを見たとき、デザインや商品だけでなく、文章にも注目してください。 ウェブサイトのデザインが立派であったり、写真がきれいだったりしても、文章がおかしいなら警戒が必要です。 悪質業者の場合、ウェブサイトの文章に不自然な点が目立つ傾向があります。 ・誤字脱字が多い ・言葉遣いが不自然 ・文法の誤りが目立つ ・文章中に外国語が混じっている ・文章が言葉として意味を成していない ・見たことのない文字や記号がある 国内のウェブサイトに見せかけて、実際は海外のウェブサイトである可能性もあるでしょう。 外国人が翻訳ソフトを使って、いいかげんに作ったウェブサイトなのかもしれません。 メールで問い合わせたときも、返信の文章に不自然な点が目立つなら、やはり警戒しておく必要があるでしょう。 もちろん単に社員が外国人である可能性もあるため、確実に悪質業者とは言い切れません。 1つや2つくらいなら単なるミスという可能性もありますが、たくさん目立つのは不自然です。 文章に不自然な点が目立つなら、たとえ欲しい商品があっても、購入を控えるのが賢明です。 あらためて考えれば、そこでしか買えない商品ということはないはずです。 購入する販売サイトを変更することで、後悔を1つ減らせます。 ウェブサイトの文章に不自然な点がないか確認する。

24
★0

個人情報の取り扱いを、詳しく丁寧に説明してくれるか。

業者と面談の際、個人情報の取り扱いについて質問してみましょう。 「依頼をしたいのですが、秘密や個人情報は守っていただけるでしょうか」 こんな基本的なことを、あえて質問したい。 これは重要なポイントです。 個人情報の取り扱いは、業者にとって最も基本的なことです。 依頼者の秘密は守って当然。 守秘義務があって当たり前。 おそらくウェブサイトにも、守秘義務やプライバシーポリシーについての掲載があるでしょう。 少しでも依頼者に安心してもらえるよう、あらかじめウェブサイト上で入念な説明がされているはずです。 ウェブサイトでの問い合わせ画面も、セキュリティー保護のためSSLによる安全な通信が行われているはずです。 では、なぜあえて質問するか。 それは、基本的な質問の答え方を見ることで、業者の本質が見えてくるからです。 基本的な質問だから丁寧に説明してくれる業者もいれば、適当に説明を済ませる業者もいます。 業者からすれば個人情報の取り扱いは守って当然ですが、依頼者から質問されたなら、丁寧に答える必要があります。 基本的な質問であっても、詳しく丁寧に説明する様子が見られるなら、期待できると考えてもいいでしょう。 基本的な質問をしたとき、説明を面倒そうにしているなら、その業者との契約は見直したほうがいいかもしれません。 基本的な質問の答え方を見ることで、その業者の本質が見えてくるはずです。 個人情報の取り扱いを、どれだけ詳しく丁寧に説明してくれるか確認する。

25
★0

住所に問題ないか。

ウェブサイトを見たとき、住所も確認しましょう。 普通に考えると「住所にはオフィスがある」と思いますが、そうでない探偵業者もあります。 特に住所が立派な一等地の場合は要チェックです。 住所が一等地なら立派なイメージがありますが、実際は分かりません。 あらためて確認すると、バーチャルオフィスやレンタルオフィスという場合があります。 バーチャルオフィスやレンタルオフィスなら、低価格で一等地の住所を借りることができます。 法律上は、バーチャルオフィスやレンタルオフィスで登記しても問題ありません。 一等地のバーチャルオフィスやレンタルオフィスは、印象アップや経費削減としてもよく利用されます。 もちろん打ち合わせができる部屋があれば、最低限の業務は行えるでしょう。 しかし、きちんとしたオフィスのない探偵業者は、一般的に考えて、質やサービスが不十分である可能性があります。 探偵業務には、ミスが許されない本格的な仕事が求められます。 複数人でチームを組んで調査を行うこともあれば、手がかりをつかむため残業をすることもあります。 オフィスがなければ、本格的な仕事をするのは難しいでしょう。 バーチャルオフィスやレンタルオフィスは、その性質上、1カ所に多くの業者が出入りします。 面談といいセキュリティーといい、依頼に高い期待を寄せるのは難しいのが現実です。 そもそも実在しない住所なら、その探偵業者との契約は避けるのが賢明です。 ウェブサイトに住所の記載すらない探偵業者も、やはり信用面に不安があるため、警戒が必要です。 きちんとしたオフィスを構えている探偵業者か確認する。

26
★0

しつこく会いたがろうとしてこないか。

探偵業者と接したとき、しつこく会いたがる様子があれば警戒が必要です。 「見積もりを詳しくご説明したいので、一度お会いしましょう」 「電話では話しにくいと思いますので、できればお会いしませんか」 「詳しいお話をさせていただきたいので、一度会ってお話しましょう」 もちろん会ったほうが詳しく話しやすいのは事実です。 お互いの顔は見えたほうが、信頼関係にもつながりやすくなります。 資料を見せてもらいながら話してもらえると、依頼者も内容を理解しやすいでしょう。 大事な契約を結ぶなら、一度会って話しておくほうがいいのは間違いありません。 しかし、業者と話すたびに、しつこく会いたがる様子が目立つのは不自然です。 あらためて考えると、見積もりも調査内容も、電話で説明が可能です。 契約でさえ、契約書を郵送すれば、不可能ではありません。 しつこく会いたがろうとするのは、必死で契約を取ろうとしている可能性があります。 デパートの試食コーナーのようなものです。 勧められて、つい一口食べてしまうと「買わないといけないかな」という気持ちになります。 悪質業者も、この心理テクニックを利用します。 会って話をすると「契約しないといけないかな」という申し訳ない気持ちになる。 正常な判断を惑わせるために会いたがっているなら、良心的な業者とは言えません。 業者のペースに乗せられ、気づけば、不本意な契約を結んでいる可能性があります。 最終的に一度は会っておくべきですが、業者側からしつこく会いたがる様子が目立つなら、厳重な警戒が必要です。 何かと会いたがる業者でないか確認する。

27
★0

成功報酬より着手金のほうが高くなっていないか。

成功報酬のある探偵業者なら、着手金との比較をしてみましょう。 もし成功報酬より着手金のほうが高い金額なら要注意です。 一般的な探偵業者は、成功報酬が収益の大きな柱になっています。 探偵業者の最大の目的は、依頼者からの調査を成功させること。 その意図が依頼者にも伝わるよう、成功報酬は、着手金より高く設定するのが一般的です。 にもかかわらず、成功報酬より着手金のほうが高いなら、何らかの事情があると考えられます。 たとえば、調査を成功させるより、依頼の数を増やすことに重点を置いているのかもしれません。 調査の成功を本気で考えておらず、質が不十分という可能性があります。 もし疑問に思ったなら、業者に成功報酬より着手金のほうが高い理由を質問してみるといいでしょう。 ここでいいかげんな説明しかしない業者なら、怪しい可能性があります。 「痛いところを突かれた」と言わんばかりに、ごまかすような説明の仕方が見られたなら、ますます注意です。 着手金より成功報酬のほうが高いかどうか確認する。

28
★0

過去に行政処分を受けていないか。

過去に行政処分を受けていないか確認しましょう。 管轄の警察や公安委員会のウェブサイトでは、業者の行政処分状況が公開されています。 閲覧は誰でもできます。 もちろん利用も無料です。 営業停止命令が出された業者は確実に掲載されるため、その業者が属する区分を見れば、過去の処分状況の有無が確認できます。 処分内容や処分理由も掲載されるため参考になるでしょう。 ただし、世の中には同じ名前の会社も存在するため、代表者の氏名や営業所の所在地なども確認すると正確に把握できます。 公表期間は処分が行われた日から3年間です。 そのため過去に処分を受けていても、3年が経過していれば、確認できない場合があります。 インターネット上でのニュースサイトや掲示板などと併せて確認するといいでしょう。 過去に行政処分を受けていないか確認する。

29
★0

掲載されている感謝状が不自然でないか。

ウェブサイトに感謝状を掲載していれば、きちんと中身を確認しましょう。 「感謝状があるなんて素晴らしい」と思うかもしれません。 もちろんウェブサイトに感謝状を掲載することで自社の評価を高めるのは、どの業者もよく使う手段。 探偵業のウェブサイトでも、感謝状が掲載されている場合があります。 直筆の手紙が掲載されていれば注目してしまい、信用しやすくなるでしょう。 しかし、感謝状があるから素晴らしいと考えるのは早合点です。 感謝状に不自然な点がないか確認してみてください。 ・露骨に業者を褒めたたえた文章 ・職業や年齢を明かしている ・本名や顔写真までついている いくら感謝状とはいえ、きれいに整いすぎています。 一般的に探偵業は、依頼者の身元がばれないように配慮します。 感謝状をもらったとしても、プライバシーの観点から公の場への掲載は控えます。 にもかかわらず、本人が特定できそうな感謝状をウェブサイトに掲載するのは不自然です。 きれいに整いすぎている感謝状は、怪しいと考えていいでしょう。 「本人からの了承を得ている」などの注意書きがなければ、自作自演である可能性があります。 感謝状をうのみにせず、本物なのかどうか見極める必要があります。 良識のある探偵業者なら、むやみに感謝状を掲載しようとしません。 感謝状をウェブサイトに掲載しなくても、評判と実力で十分集客ができるのです。 掲載されている感謝状に不自然な点がないか確認する。

30
★0

違法な手法を提案してこないか。

探偵業者は違法な行為を嫌います。 公安委員会から交付された探偵業届出証明書があり、法に触れない範囲で業務を行います。 探偵業届出証明書は、営業所の見やすい位置に掲示されています。 しかし「探偵業者が提案した内容ならすべて問題ないはず」と考えるのも危険です。 依頼者から見て、明らかに違法と思われる手段を提案されたなら、その探偵業者は怪しいと考えていいでしょう。 ・対象者を脅す ・対象者に暴力を働く ・無断で私用地に忍び込む ・鍵をこじ開ける ・対象者の私物を盗む 素人から見ても、これらは明らかに違法です。 相談の際、違法な手段を提案してくる探偵業者なら、関わらないのが賢明です。 違法と分かっていながら依頼した場合、依頼人も共犯者になる可能性があります。 たとえ成功率が高くても、後からトラブルに発展する危険があるでしょう。 そもそも違法な行為をする探偵業者なら、提示されている成功率さえ怪しいと考えるのが妥当です。 復縁したい気持ちが強いと、善悪の判断が鈍りがちですが、最低限の良識だけは維持してください。 違法な手法を提案する探偵業者とは、一切関わりを持たないのが賢明です。 違法な手法を提案してこないか確認する。

同じカテゴリーの作品