読み上げ動画・音声
就職活動
エントリーシートは、手書きとパソコンのどちらで作成すべきか。
プレゼン
読みにくい手書きのほうが、よく読まれ、印象に残りやすい。
就職活動
封筒の裏にも、日付をきちんと記載する。
片思い
手紙を送ると、人間関係がレベルアップする。

履歴書上手作成する
30ポイント

お気に入り1 読んだ
その28

あえて送付状手書きで作成する方法も、
には有効

あえて送付状を手書きで作成する方法も、時には有効。 | 履歴書を上手に作成する30のポイント

付状といえば、パソコンで作成するのが一般的です。

エントリーシートや履歴書は、手書きによる作成が一般的ですが、送付状はあくまで補助資料です。

送付状は、パソコンによる作成が許容されています。

もちろん手書きの送付状も許容されていますが、やはり少しでも手間を省きたい考えは誰もが同じなのでしょう。

就職活動で送付状といえば、パソコンで作成する人が圧倒的に大多数です。

§

さて、この常識を覆す取り組みがあります。

パソコンによる作成が一般的だからこそ、あえて手書きの送付状を作成してみてはいかがでしょうか。

たとえば、字に自信のある人なら、手書きの送付状を作成する価値はあるでしょう。

送付状の大多数がパソコンで作成されている中、手書きの送付状があると、採用担当者は注意を向けるはずです。

しかもその送付状が、きれいな字で書かれていれば、なお好印象につながるでしょう。

手書きは心を表現しやすいため、採用担当者をどきっとさせるでしょう。

律義で丁寧であることをアピールできる可能性もあります。

もし字に自信があれば、あえて送付状を手書きで作成する方法も、時には有効です。

もし全文を手書きで書くのが難しければ、一部だけでもかまいません。

たとえば、テンプレートだけパソコンで作成して、自分の言葉で一言加える方法です。

たった一文でも手書きの文字があると、注意が向き、印象的になります。

履歴書を上手に作成するポイント その28

  • 自信のあるは、
    あえて送付状手書きで作成して、
    アピールする

次の記事

最終確認は、あえて時間をあけるのがポイント。

もくじ
(履歴書を上手に作成する30のポイント)

同じカテゴリーの作品