就職活動
自己PRも志望動機も、文才は必要ない。
就職活動
好感が得られやすい志望動機の構成。
就職活動
使い回しをした志望動機は、すぐばれる。
就職活動
「安定に引かれた」は、面接では禁句。
就職活動

履歴書の志望動機で注意したい
30の書き方

3
5

志望動機は、
企業をおだてることではない。

志望動機は、企業をおだてることではない。 | 履歴書の志望動機で注意したい30の書き方

志望動機がおだてる内容になっていませんか。

「御社のサービスは他社よりいいです。○○もいいし、○○も最高です。悪いところなんて1つもありません」

褒めて、褒めて、褒めまくる。

企業の長所を徹底的におだてれば、採用担当者から気に入ってもらえるだろうと思います。

 

たしかにおだてることで褒めれば、悪い気はしません。

 

しかし、悪い気はしませんが、いい気もしないのです。

志望動機は、企業をおだてることではありません。

露骨なおだては、すぐ嘘だと分かります。

友達から露骨におだてられてもあまり嬉しくないように、志望動機でも、露骨におだてるのは要注意です。

「気に入ってもらおうとしようとしている」という意図が、採用担当者に伝わります。

言葉の響きがよくても、裏があるように感じるため、応募者によい印象を抱かないのです。

むしろ、1歩下がって警戒するでしょう。

おだてるのではありません。

素晴らしいと思ったところを、素直に表現することです。

とにかく徹底的に褒めるのではなく、自分がよいと思ったところだけを褒めます。

自分が感じたことを、自分の言葉で、素直に表現すればいいだけなのです。

まとめ

履歴書の志望動機で注意したい書き方 その5
  • おだてるのではなく、素晴らしいと思ったことを素直に表現する。
自己PRも志望動機も、文才は必要ない。

もくじ
履歴書の志望動機で注意したい30の書き方
志望動機は、企業をおだてることではない。 | 履歴書の志望動機で注意したい30の書き方

  1. 志望動機は、告白。
  2. 自己PRと志望動機。
    より大切なのはどちらか。
  3. 企業のことを知らずして、志望動機は語れない。
  4. 志望動機は、業界より企業を軸にする。
  5. 志望動機は、企業をおだてることではない。
  6. 自己PRも志望動機も、文才は必要ない。
  7. 企業を気に入った理由を突き詰めると、志望動機が見つかる。
  8. 志望動機は、自己PRと関連していること。
  9. 憧れも志望動機になるが、憧れだけではいけない。
  10. 悪口や批判が事実でも、書かないほうがいい。
  11. 同業他社の悪口や批判は、出さない。
  12. 事務職の志望動機は、どう書けばいいのか。
  13. 書いてはいけない4つの志望動機。
  14. 成長に関する志望動機は、立派だからこそ要注意。
  15. 曖昧な志望動機は、100回叫んでも、心に響かない。
  16. 採用担当者の人柄の良さは、志望動機にできるか。
  17. 志望動機は、業界を選んだ説明から始めるべきか。
  18. 独創性を出すキーワードは、実体験。
  19. 就職対策本の回答例を、そのまま使わない。
  20. 案内資料やウェブサイトの文言を、そのまま使わない。
  21. 1文は、長くなればなるほど、分かりにくくなる。
  22. 使い回しをした志望動機は、すぐばれる。
  23. 「なぜその企業なのか」が伝わる志望動機になっているか。
  24. 「入社して何をしたいか」を意識して、志望動機を考えること。
  25. 心を込めて書いた履歴書は、見る人の心も動かす。
  26. 志望動機がお金であっても、露骨に表現しない。
  27. よい志望動機と悪い志望動機を判断する方法。
  28. 分かりやすいかどうかは、他人に聞くと、分かりやすい。
  29. 志望動機の初心に返るときのキーワードとは。
  30. 好感が得られやすい志望動機の構成。

同じカテゴリーの作品