就職活動

面接で好印象になる
30の話し方

3
24

同じ意味でも、
できるだけ印象的な表現を使う。

同じ意味でも、できるだけ印象的な表現を使う。 | 面接で好印象になる30の話し方

できるだけ印象的な表現を使いましょう。

「意味が伝われば十分」と思いますが、もう少し深く考えたいところです。

「別の表現を使って、さらに強調できないか。もっと印象的にできないか」と考えてみましょう。

言葉とは不思議です。

1つの意味を伝えたくても、その表現はさまざま。

意味は同じでも、表現を変えるだけで、ずいぶん印象が変わることがあります。

 

たとえば、ボランティア活動をした経験をアピールするとします。

「ボランティア活動では、多くのことが学べました」というシンプルな言葉を、次のように言い換えます。

「ボランティア活動は、人生を変える発見の連続でした」

こんな一言があると「どんな発見だったのだろうか。もっと詳しく知りたい」と、興味をそそられるでしょう。

また、全国を見て回ることが趣味だとしましょう。

「趣味は国内旅行」とシンプルに言うのもいいですが、別の表現を使います。

「趣味はバイクで国内旅行」と言えば、ずいぶん印象が変わるのではないでしょうか。

採用担当者は「バイク」という一言で言葉が具体的になり、より強く興味を引かれるに違いありません。

履歴書でも面接でも、一字一句が勝負です。

採用担当者の心に突き刺さるような言葉を、厳選することです。

類義語の辞書を使って似たような意味を調べるのも、よい工夫です。

ほんの少し手間をかけるだけで、言葉の印象が強くなるなら、素晴らしい工夫だと思いませんか。

自分が伝えようとする意味を、別の表現を使ってもっと印象的にできないか、見直してみましょう。

このわずかな手間と工夫が、選考を左右するのです。

面接で好印象になる話し方(24)
  • 同じ意味でも、できるだけ印象的な表現を使う。
なぜ、発言が棒読みになるのか。

もくじ
面接で好印象になる30の話し方
同じ意味でも、できるだけ印象的な表現を使う。 | 面接で好印象になる30の話し方

  1. コミュニケーション能力の基本とは。
    コミュニケーション能力の基本とは。
  2. 書く練習は、話す練習にもなる。
    書く練習は、話す練習にもなる。
  3. 嘘はNG。<br>誇張はOK。
    嘘はNG。
    誇張はOK。
  4. 敬語を知っていると話せるは、別。
    敬語を知っていると話せるは、別。
  5. 頼りない前置きは、避けたほうがいい。
    頼りない前置きは、避けたほうがいい。
  6. くどい話は不要。<br>常に結論から話そう。
    くどい話は不要。
    常に結論から話そう。
  7. 難しい言葉や表現は、使わない。
    難しい言葉や表現は、使わない。
  8. 語尾をはっきり言い切るから、言葉もはっきり伝わる。
    語尾をはっきり言い切るから、言葉もはっきり伝わる。
  9. 話すスピードが、早すぎないか。
    話すスピードが、早すぎないか。
  10. 「はい」は、最も気持ちのいい返事。
    「はい」は、最も気持ちのいい返事。
  11. 即答できる質問でも、即答しないほうがいい。
    即答できる質問でも、即答しないほうがいい。
  12. 返事は、即答より内容を重視。
    返事は、即答より内容を重視。
  13. 復唱してから答えると、印象がよくなる。
    復唱してから答えると、印象がよくなる。
  14. 面接で、無理に笑いを誘うのは、避けたほうがいい。
    面接で、無理に笑いを誘うのは、避けたほうがいい。
  15. 小さな声より、大きな声。
    小さな声より、大きな声。
  16. 元気のない声は、マナー違反ではないが、よい印象ではない。
    元気のない声は、マナー違反ではないが、よい印象ではない。
  17. 大げさな副詞の使いすぎには、要注意。
    大げさな副詞の使いすぎには、要注意。
  18. あなたの返事には「たとえば」が含まれているか。
    あなたの返事には「たとえば」が含まれているか。
  19. きれいな回答でも、定番では印象に残らない。
    きれいな回答でも、定番では印象に残らない。
  20. 抽象的な表現は、できるだけ使わない。
    抽象的な表現は、できるだけ使わない。
  21. 現在進行形で締めくくると、言葉が強調される。
    現在進行形で締めくくると、言葉が強調される。
  22. 熱意や意欲とは、お願いの強さではない。
    熱意や意欲とは、お願いの強さではない。
  23. 感情を込めて話す。<br>ただし、過度には注意。
    感情を込めて話す。
    ただし、過度には注意。
  24. 同じ意味でも、できるだけ印象的な表現を使う。
    同じ意味でも、できるだけ印象的な表現を使う。
  25. なぜ、発言が棒読みになるのか。
    なぜ、発言が棒読みになるのか。
  26. 相槌は、打たない人より打つ人のほうが、賢く見える。
    相槌は、打たない人より打つ人のほうが、賢く見える。
  27. 吃音症のため、話し方に自信がない。<br>どう対応すればいいか。
    吃音症のため、話し方に自信がない。
    どう対応すればいいか。
  28. うっかり質問を聞き逃したとき。
    うっかり質問を聞き逃したとき。
  29. 意味のないつなぎの言葉は、もはや雑音。
    意味のないつなぎの言葉は、もはや雑音。
  30. 質問するときは、質問内容に注意。
    質問するときは、質問内容に注意。

同じカテゴリーの作品