執筆者:水口貴博

就職面接の30の基本マナー

21

面接では、椅子の背にもたれない。

面接では、椅子の背にもたれない。 | 就職面接の30の基本マナー

面接では、椅子の背にもたれないようにしましょう。

開始から終了まで、一切もたれません。

椅子の背にもたれると、意欲や熱意がないように見えるからです。

言葉や話し方が立派でも、椅子の背にもたれていると、台無しです。

人の印象の大半は、見た目から受けるため、注意が必要です。

また、前かがみになる必要もありません。

積極性を見せる効果もありますが、露骨な前かがみは、威圧的に映る場合があります。

椅子の後ろを、3分の1ほど開けた状態で、椅子に座りましょう。

面接中は、背筋を伸ばした状態を維持します。

自分で様子を客観的に確かめたい場合は、録画をすれば、よくわかります。

携帯電話の録画機能で、十分です。

疲れるかもしれませんが、人生を左右する大事な場面です。

面接中は、正しい姿勢を心がけましょう。

就職面接の基本マナー(21)
  • 面接中は、椅子の背にもたれず、背筋を伸ばして座る。
自信がなくても、笑顔を見せよう。
面接官は、笑顔に弱い。

就職面接の30の基本マナー

  1. なぜ面接が行われるのか。
  2. 面接で欠かせない、メラビアンの法則。
  3. 面接で必ず聞かれる質問は3つ。
    自己紹介・自己PR・志望動機。
  4. 面接当日の流れ。
  5. 時間厳守で気をつけるのは、遅刻だけとは限らない。
  6. 面接の日程を変更するときのマナー。
  7. 面接時間に遅刻しそうなときのマナー。
  8. 提出書類を持参するときのマナー。
  9. 面接に持参したい、11の持ち物。__deleted__
  10. 緊張しすぎてはいけない。
    リラックスしすぎてもいけない。
  11. 上着やコートなどの、脱着タイミングのマナー。
  12. ドアのノックの正式なマナー。
  13. 入室後、椅子の左側に立つか、右側に立つか。
  14. 面接の勝負は、冒頭の一言。
  15. 面接は基本的に、正直であること。
  16. メモの必要はなくても、面接にメモ帳は持参。
  17. 入室マナーの10ステップ。
  18. 椅子に座って待っているときも、気を抜かない。
  19. 面接で、面接官のことは何と呼べばよいのか。
  20. せっかく封筒に入れた書類も、片手で渡すと台無し。
  21. 面接では、椅子の背にもたれない。
  22. 自信がなくても、笑顔を見せよう。
    面接官は、笑顔に弱い。
  23. 面接では、他社のロゴが入った文房具の使用に注意。
  24. 質問の適切な回答時間とは。
  25. 変わったことをして、面接官の注意を引く必要はない。
  26. どんなにうまく話せても、面接官の目を見なければ、台無し。
  27. 面接でやってはいけない、7つの立ち振る舞い。
  28. 答えられなかった質問の答えを、後で思い出したときの対応。
  29. 緊張のせいで、質問内容を忘れたとき。
  30. 退出マナーの7ステップ。

同じカテゴリーの作品

1:24

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION