人生の教科書



読み上げ動画・音声

大学生がしておきたい
30のこと

お気に入り20 読んだ
12

大学時代は、
勉強専念できる、
人生最後チャンス

学時代は、勉強に専念できる、人生で最後のチャンスです。

人によっては、大学院や研究所に進み、勉強を続けられる人もいます。

一部に例外はあるものの、一般的に考えたとき、勉強に専念できるのは、大学が最後です。

今まで勉強中心の生活でしたが、社会人になると、仕事中心の生活になります。

もちろん社会人になっても、自分で本を買ったり、セミナーに通ったりなど勉強はできます。

 

しかし、学生のように、勉強に専念できる状態ではなくなります。

社会人として働く以上、仕事が最優先です。

朝から晩まで、仕事一色。

勉強するとしても、仕事の休み時間や週末など、わずかな時間に勉強する程度が精いっぱいです。

これが、定年まで続きます。

結婚をすれば、さらに余裕がなくなります。

家族運営には、お金がかかります。

お金がかかる以上、もっと仕事に専念しなければいけません。

子供ができれば、子育てに時間が取られ、さらに余裕がなくなるでしょう。

新しい出来事で生活が華やかになる一方、勉強に専念できる機会が失われます。

勉強に専念できるのは、事実上、大学が最後なのです。

大学の4年間は、1日1日が貴重です。

お金に換えられないほどの価値があります。

それくらいの可能性を秘めているということです。

アルバイトをして、社会経験を積むのも大切ですが、やりすぎはよくありません。

アルバイトは最小限に抑え、本来の学業に集中しましょう。

勉強に専念できる最後の時間を、存分に楽しみましょう。

大学生がしておきたいこと その12

  • いきり、
    勉強専念する
著者:水口貴博
いろいろな人と接するだけで、人生の肥やしになる。

もくじ
(大学生がしておきたい30のこと)

同じカテゴリーの作品