人付き合い
「平等」こそが、理想の関係。
人付き合い
親友こそが、一生の宝物。
人付き合い
すべてを言い切らない優しさを持つ。
人付き合い
人との関係なしでは、生きていけない。
人付き合い

人との関わりが楽しくなる
30の方法

お気に入り3 読んだ
16

青春の友は、
一生の友。

青春の友は、一生の友。 | 人との関わりが楽しくなる30の方法

もし深い関係を作るなら、学生時代が一番のゴールデンタイムです。

学生時代ほど、親友を作りやすい時期はありません。

学校を卒業し、いったん社会に出てからの人間関係は、利害関係を考えます。

仕事をし始めると、なかなか損得抜きの関係は難しく、限られた時間の中では限られた人間関係になります。

そこで、もし今あなたが学生なら、今のうちに心の通い合う友達を作っておくことをお勧めします。

学生時代の友達は、損得がないですから、仲良くなりやすいという傾向があります。

お互いが共通した目標(文化祭、運動会、受験など)に向かって、共に汗を流すという経験は、貴重な時間になります。

もちろん社会に出てからも、友達は作れます。

 

しかし、仕事が変わったり、職場が変わったりすると、関係が切れます。

再び連絡をとろうと思っても、お互いがすでに違う仕事上での人間関係を重視しているため、思うようにはいかないことが現実です。

親友2人と知り合ったのは、私たちが学生のときでした。

文化祭のために協力したり、先生に叱られているところなど、一部始終見たりしているだけに、一番仲良くなってしまいました。

隠し事のない人間関係のほうが、うまくいきます。

社会に出てからも、もちろん利益や損得など関係しないため、関係が長続きしています。

青春の友は、一生の友です。

青春時代というのは、大切な友達を作る貴重な時期なのです。

まとめ

人との関わりが楽しくなる方法 その16
  • 学生のうちに、たくさん友達を作っておく。
「平等」こそが、理想の関係。

もくじ
人との関わりが楽しくなる30の方法
青春の友は、一生の友。 | 人との関わりが楽しくなる30の方法

  1. 人間関係とは「虹」のようなもの。
  2. 人との関係なしでは、生きていけない。
  3. 人生、常に本番。
  4. 「面白そうだから行ってみようか」くらい、気楽な関係になろう。
  5. 尊敬し合えば、よい関係が保てる。
  6. 褒めると褒められ、尊敬すると尊敬されるようになる。
  7. 具体的に褒めよう。
  8. 自分の気持ちは、恥ずかしがらずに、どんどん表現していこう。
  9. 時間を守ることは、信用を守ることになる。
  10. 「~してあげる」ではなく「~させて」と言うほうが、印象よくなる。
  11. 自分の視野が広がれば、おのずから寛大な性格になることができる。
  12. 中身を見てくれる人と、付き合おう。
  13. 自分も、相手の中身を見るような人になることが大切。
  14. 親友こそが、一生の宝物。
  15. 環境が変われば、友達も変わる。
  16. 青春の友は、一生の友。
  17. 「平等」こそが、理想の関係。
  18. 自分と同じところが、仲良くなれるポイントになる。
  19. 会話が楽になるのは、全部話すか、全部隠すかのどちらかだけ。
  20. 約束とは、人とするものではなく、自分とするもの。
  21. 熱意を、スピードで表そう。
  22. 100点満点の人間関係でなくてもいい。
  23. 自分が主役の人生くらいは、思いきり楽しもう。
  24. 自分とは違ったタイプの人から「新しい考え方」を学ぶ。
  25. 臨機応変ができる人は「哲学」という芯を持っている人。
  26. すべてを言い切らない優しさを持つ。
  27. 人と人との関係は、糸を結ぶことに似ている。
  28. お互いが助け合っている「共存共栄の関係」が、理想的な自然の関係。
  29. 傷は、避けるから、痛くなる。
  30. 『ものは考えよう』で、何でもプラスに考えてしまおう。

同じカテゴリーの作品