人生の教科書



✨ランキング✨  動画・音声
独立・起業
一度も経験したことがない人に限って、交流会に批判的。
独立・起業
恥ずかしいのはお互い様。
何も恥ずかしがることはない。
就職活動
学生気分を捨てるのが、社会人になる第一歩。
独立・起業
騙されることを、必要以上に恐れない。

異業種交流会しむ
30方法

お気に入り3 読んだ
8

自己紹介目安は、
1分

自己紹介の目安は、1分。 | 異業種交流会を楽しむ30の方法

との出会いでは、第一印象が重要です。

自分のことを分かってもらうために、やはり自己紹介ですね。

異業種交流会では、自己紹介の連続になります。

 

しかし、ここでよくありがちな失敗があります。

自分のことを少しでも分かってもらい、第一印象をよくしようとする。

すると、自分ばかりが一方的に話しすぎてしまい、自己紹介が長くなってしまうのです。

そういうつもりはなくても、無意識のうちに、そうなりがちです。

自分のことは十分に自己紹介できているかもしれませんが、話が長すぎると、自己紹介とはいえ逆に第一印象が悪くなります。

自分のことばかりだらだら話をされると、誰でもうんざりしますね。

 

では、自己紹介のとき、心がけることは何でしょうか。

自己紹介の目安は「1分」です。

1分といえば、あっという間です。

そのわずかな時間で、簡単に自分のことや携わっている仕事のことなどを説明するようにします。

短く話そうと心がけることで、相手にとって分かりやすい内容になります。

その結果、第一印象がよくなるのです。

もちろん自己紹介の1分ですべてを詰め込むのは不可能です。

その後、話を交互にキャッチボールしながら、少しずつ会話を深めていけばいいのです。

簡潔に話をすれば、相手からまた話をつなげていきます。

いきなり最初の自己紹介から情報を詰め込みすぎないことです。

一度に紹介するより、少しずつ紹介します。

「分かりやすく」「簡潔」「短く」を心がけましょう。

野球は、キャッチボールを基本にしてチームの結束を深めていきます。

交流会では会話のキャッチボールを交互に繰り返しながら、人間関係を深めるのです。

異業種交流会を楽しむ方法 その8

  • 自己紹介は、
    1分目安にする
異業種交流会とは、営業だ。

もくじ
(異業種交流会を楽しむ30の方法)

同じカテゴリーの作品