人生の教科書



ビジネスマナー
ハンガーにスーツを掛けるとき、ポケットの中身は、すべて取り出す。
就職活動
面接では、胸ポケットにペンを入れない。
暮らし
ズボンのポケット、はみ出ているとかっこ悪い。
ビジネスマナー
名刺を、財布やズボンのポケットから取り出さない。
独立・起業

異業種交流会を楽しむ
30の方法

お気に入り5 読んだ
7

名刺を、
どこからどう取り出すかで、
印象が決まる。

名刺を、どこからどう取り出すかで、印象が決まる。 | 異業種交流会を楽しむ30の方法

第一印象は、名刺を取り出す瞬間です。

名刺を取り出す瞬間は、すでに自己アピールの一部です。

一瞬ですが、大半の印象が決まります。

あなたは名刺を取り出す際、どうしていますか。

財布の中から取り出していませんか。

よく見かける光景ですが、あまり勧められません。

財布は本来、お金を入れておくところです。

財布から名刺が出てくるのは、場違いです。

また、取り出しやすいズボンのポケットや胸のポケットから取り出す光景も、見かけることがあります。

入れやすく取り出しやすいポケットですが、これもNGです。

ズボンや胸のポケットは、座ったり歩いたりするうちに、よれやすいところです。

ズボンなら、尻に敷かれているでしょう。

ズボンや胸のポケットから取り出した名刺は、におったり湿ったりしているような感じがして、悪い印象を与えやすいのです。

そういう名刺は、受け取りたくなくなります。

 

では、どういう名刺の取り出し方がいいのでしょうか。

まず名刺は、きちんと名刺入れに入れておきましょう。

次が、ポイントです。

できるだけ「上質の名刺入れ」を用意しておくことを、おすすめします。

なぜ、上質な名刺入れなのか。

上質な名刺入れから名刺を取り出すと、高級感にあふれた印象を与えられるからです。

もちろん取り出す名刺も、汚れもしわもない、きれいな名刺が前提です。

多少、取り出す手間がかかってもいいのです。

上質の名刺入れから、名刺1枚を、落ち着いて丁寧に取り出します。

上質な名刺入れから、経済的な余裕を感じさせます。

また、名刺を取り出す落ち着いた動作から、思慮分別のあるスマートな印象を与えることができるようになります。

名刺を見るまでもなく、名刺を取り出す瞬間だけで「この人はできる人だ」という印象を与えられるのです。

まとめ

異業種交流会を楽しむ方法 その7
  • 上質な名刺入れから、
    きれいな名刺を、
    取り出す。
自己紹介の目安は、1分。

もくじ
(異業種交流会を楽しむ30の方法)

同じカテゴリーの作品