独立・起業

異業種交流会を楽しむ
30の方法

読んだ お気に入り5
7

名刺を、
どこからどう取り出すかで、
印象が決まる。

名刺を、どこからどう取り出すかで、印象が決まる。 | 異業種交流会を楽しむ30の方法

第一印象は、名刺を取り出す瞬間です。

名刺を取り出す瞬間は、すでに自己アピールの一部です。

一瞬ですが、大半の印象が決まります。

あなたは名刺を取り出す際、どうしていますか。

財布の中から取り出していませんか。

よく見かける光景ですが、あまり勧められません。

財布は本来、お金を入れておくところです。

財布から名刺が出てくるのは、場違いです。

また、取り出しやすいズボンのポケットや胸のポケットから取り出す光景も、見かけることがあります。

入れやすく取り出しやすいポケットですが、これもNGです。

ズボンや胸のポケットは、座ったり歩いたりするうちに、よれやすいところです。

ズボンなら、尻に敷かれているでしょう。

ズボンや胸のポケットから取り出した名刺は、におったり湿ったりしているような感じがして、悪い印象を与えやすいのです。

そういう名刺は、受け取りたくなくなります。

 

では、どういう名刺の取り出し方がいいのでしょうか。

まず名刺は、きちんと名刺入れに入れておきましょう。

次が、ポイントです。

できるだけ「上質の名刺入れ」を用意しておくことを、おすすめします。

なぜ、上質な名刺入れなのか。

上質な名刺入れから名刺を取り出すと、高級感にあふれた印象を与えられるからです。

もちろん取り出す名刺も、汚れもしわもない、きれいな名刺が前提です。

多少、取り出す手間がかかってもいいのです。

上質の名刺入れから、名刺1枚を、落ち着いて丁寧に取り出します。

上質な名刺入れから、経済的な余裕を感じさせます。

また、名刺を取り出す落ち着いた動作から、思慮分別のあるスマートな印象を与えることができるようになります。

名刺を見るまでもなく、名刺を取り出す瞬間だけで「この人はできる人だ」という印象を与えられるのです。

まとめ

異業種交流会を楽しむ方法 その7
  • 上質な名刺入れから、きれいな名刺を、取り出す。
自己紹介の目安は、1分。

もくじ
異業種交流会を楽しむ30の方法
名刺を、どこからどう取り出すかで、印象が決まる。 | 異業種交流会を楽しむ30の方法

  1. 異業種交流会では、事前準備ですでに勝負が半分決まっている。
  2. 目的を持って交流会に出かけるから、面白くなる。
  3. 主催者と仲良くなれば、出会いが倍に増える。
  4. 異業種交流会は、開始時間前から始まると思っていい。
  5. 交流会が始まった瞬間、人のことが分かる。
  6. 運命の人物に出会うためには、出会いの量が必要。
    とにかく名刺をたくさん配る。
  7. 名刺を、どこからどう取り出すかで、印象が決まる。
  8. 自己紹介の目安は、1分。
  9. 異業種交流会とは、営業だ。
  10. 恥ずかしいのはお互い様。
    何も恥ずかしがることはない。
  11. 居心地のいい今の人間関係で、満足していませんか。
  12. 印象に残りやすい名刺は、必要。
  13. 異業種交流会は、ただ話を聞くだけでも意味がある。
  14. 服装は印象に残らない。
    印象に残るのは、表情だ。
  15. 積極的に人と出会いにいかないと、ビジネスも拡大できない。
  16. これといった成果がなくても、経験という成果が残る。
  17. 異業種交流会に出席する人は、積極的な人ばかりだ。
  18. 「全然話が合わないな」と思うのではない。
    「全然分からない話で面白いな」と思う。
  19. 異業種の人と真剣な交流を求める気持ちが強いほど、参加費用が高いものを選ぼう。
  20. 騙されることを、必要以上に恐れない。
  21. 「いいな」と思える手本と出会うためには、出会いの量が必要。
  22. 一度も経験したことがない人に限って、交流会に批判的。
  23. じっとしている人に、よい出会いはやってこない。
    よい出会いは、動く人にやってくる。
  24. 電話番号やメールアドレスだけでは足りない。
    自分のことを詳しく紹介したウェブページが必要。
  25. 品定めをされるような目で見られることに、不快感を抱かない。
  26. 「利用してください」と思うと、人とたくさん出会える。
  27. 交流会が終わってすぐメールを送るから、意味がある。
  28. メールは、あえてテンプレートを使わないほうが、出会いを大切にできる。
  29. 抽象的なお礼のメールは、嫌われる。
  30. 最初から大当たりを狙わない。
    運命の出会いは、数をこなした人だけに訪れる。

同じカテゴリーの作品