人生の教科書



読み上げ動画・音声
独立・起業
異業種交流会は、ただ話を聞くだけでも意味がある。
独立・起業
抽象的なお礼のメールは、嫌われる。
独立・起業
自己紹介の目安は、1分。
独立・起業
近い業種の「起承転結」は、参考にできる内容が多い。

異業種交流会しむ
30方法

お気に入り4 読んだ
27

交流会わってすぐメールるから、
意味がある

流会が終わったら、その日の仕事はそれで終了ではありません。

交流会が終わってからも、しなければいけないことがあります。

交流会が終わるやいなや、名刺に書いてあるメールアドレス宛てに連絡をしましょう。

連絡の内容は難しく考える必要はなく「お礼」でいいのです。

あまり長々とした内容では相手に嫌がられるので、短い内容がいいでしょう。

  • 「今日はお会いできてよかったです。今後ともよろしくお願いします」

  • 「興味深いお話が聞けて早速メールしました。また今度機会があればお会いしませんか」

できれば、交流会が終わったその日のうちが理想です。

遅くても、24時間以内です。

しばらく経ってからでは遅いのです。

しばらく経ってからでは、みんながお礼のメールを一斉に投げ始め、誰が誰なのか分からなくなります。

また、メールの送信が遅れるほど、ほかの人より仕事が遅い印象が強くなります。

少しでも印象をよくするために、交流会が終わったらすぐお礼のメールです。

  • 「早速メールが来た。嬉しいな」

  • 「仕事が速いなあ」

  • 「ほかの人とは違うぞ」

メールが早く来ると嬉しくなり、第一印象がよくなります。

そのうえ、素早い行動が、スピードあるビジネスができる印象を相手に与えます。

  • 「こんなに行動の早い人なら、話も早く進みそうだ」

ビジネスチャンスにつながりやすくなるのです。

異業種交流会を楽しむ方法 その27

  • 交流会わった
    すぐメールをする

同じカテゴリーの作品