人生の教科書



読み上げ動画・音声
独立・起業
印象に残りやすい名刺は、必要。
独立・起業
交流会が終わってすぐメールを送るから、意味がある。
独立・起業
目的を持って交流会に出かけるから、面白くなる。
独立・起業
服装は印象に残らない。
印象に残るのは、表情だ。

異業種交流会しむ
30方法

お気に入り3 読んだ
13

異業種交流会は、
ただくだけでも意味がある

じ業種で同じ仕事を毎日続けていると、知らない間に人間は偏ります。

性格も、考え方も、発想も、人脈も、すべてです。

仕事は専門だからこそいいのですが、その専門で集中するがゆえに、周りが見えづらくなることがあります。

自分が携わっている業種に関しては詳しくなる一方、関係を持つ人間関係や触れる情報など、偏りができてきます。

もちろん専門性は重要なのですが、偏りすぎるがゆえに、逆にポテンシャルが制限されたり視野が狭くなったりするのです。

だからこそ、異業種と関わることが大切です。

異業種交流会は、この偏りを打破する方法です。

「異業種」というところがポイントです。

まったく異なる職種の話を聞くと、ぱっと視界が開けるような感覚があります。

  • 「なるほど、そういうアプローチがあるのか」

  • 「そういう話は初めて聞いたなあ」

  • 「そういう考え方があったのか」

必ずしも、ビジネスに関係する人物でなくてもいいのです。

単に異業種の話を聞くだけでも、自分の頭が柔らかくなることに貢献します。

たとえいい話が聞けなくても、固くなりつつある頭を柔らかくする効果があるからです。

その柔らかくなった頭になれば、仕事中、何かアイデアが浮かぶかもしれません。

別の考え方ができるようになるかもしれません。

異業種に携わる人物に出会って、話をするだけでも、大いに意味があるのです。

異業種交流会を楽しむ方法 その13

  • まったく異業種いて、
    らかくする

同じカテゴリーの作品