食事マナー

レストランで心がける
30のワインマナー

1
13

食前酒・食中酒・食後酒の目的と選び方。

食前酒・食中酒・食後酒の目的と選び方。 | レストランで心がける30のワインマナー

フルコースでお酒をオーダーするときには、3種類あります。

食前酒、食中酒、食後酒です。

個人が好きなものをオーダーすればいいのですが、テーブルマナーとして標準的な選び方があります。

「アルコール度数の弱いものから、徐々に強いものへと移行していく」というルールです。

食前酒は最も度数が低く、フルコースが進むにつれ、徐々にアルコール度数を上げていきます。

なぜかというと、それぞれのお酒の目的が異なるからです。

  • 食前酒の目的

食前酒の目的は「食欲を駆り立てること」です。

徐々にアルコールが、心拍数を上げ、どきどきします。

前菜と一緒にいただくことで、メインディッシュへの期待が高まり、食欲が湧いてきます。

前菜は色鮮やかなものが定番ですが、食前酒も色鮮やかなものが多いでしょう。

度数の低い食前酒としては「シャンパン」「シェリー」「カクテル」「ベルモット」などが代表的です。

  • 食中酒の目的

食中酒の目的は「料理を引き立てること」です。

魚料理には白ワイン、肉料理には赤ワインを選ぶのが基本です。

そうすることで、料理の味が引き立ち、よりおいしくいただくことができるのです。

食中酒としては「白ワイン」「赤ワイン」「ロゼワイン」が代表的です。

  • 食後酒の目的

食後酒の目的は「消化を助けること」です。

アルコール度数の強いお酒は、胃液の分泌を促す働きがあり、食後の消化がスムーズになります。

また、血管が膨張して血流が活発になり、脂肪燃焼を助けます。

度数の強い食後酒としては「ブランデー」「ウイスキー」「ジン」「リキュール」が代表的です。

 

さて、ここで上げたお酒の選び方は、あくまで一般的な例です。

お酒が苦手という人は、最後までアルコール度数の低いものにしましょう。

もしくは、無理にアルコール類をオーダーする必要もありません。

逆にお酒の好きな人なら、最初から度数の強いものを選んでもいいでしょう。

フルコース料理を最も楽しめるよう、最適なお酒の選び方を発見していきましょう。

レストランで心がけるワインマナー(13)
  • 食前酒は、アルコール度数の低いものを選び、徐々に度数を上げていく。
「とりあえず」と言いながらオーダーするのは、給仕に失礼。

もくじ
レストランで心がける30のワインマナー
食前酒・食中酒・食後酒の目的と選び方。 | レストランで心がける30のワインマナー

  1. レストランでのワイン選びを、すべてソムリエに任せるのはよくない。
    レストランでのワイン選びを、すべてソムリエに任せるのはよくない。
  2. テイスティングを恥ずかしがらないで!
    テイスティングを恥ずかしがらないで!
  3. ワインのテイスティングをするときの6つの手順。
    ワインのテイスティングをするときの6つの手順。
  4. テイスティングで問題点があれば、交換をしてもらってもいい。
    テイスティングで問題点があれば、交換をしてもらってもいい。
  5. なぜワイングラスは、左回りに回すのか。
    なぜワイングラスは、左回りに回すのか。
  6. ワインを注いでもらうとき、ワイングラスを持ち上げないこと。
    ワインを注いでもらうとき、ワイングラスを持ち上げないこと。
  7. 文字ばかりのメニューですぐ決められない。<br>そういうときの解決法。
    文字ばかりのメニューですぐ決められない。
    そういうときの解決法。
  8. ワイングラスについた口紅は、指でぬぐい、ナプキンで拭く。
    ワイングラスについた口紅は、指でぬぐい、ナプキンで拭く。
  9. ワイン選びの定番。<br>「魚料理には白、肉料理には赤」
    ワイン選びの定番。
    「魚料理には白、肉料理には赤」
  10. 「もう飲めない」とワインを断るとき、グラスの上に手をかざしてはいけない。
    「もう飲めない」とワインを断るとき、グラスの上に手をかざしてはいけない。
  11. ワイングラスの飲み口は、一定にする。
    ワイングラスの飲み口は、一定にする。
  12. 飲み残したワインボトルは、持ち帰ってもいい。
    飲み残したワインボトルは、持ち帰ってもいい。
  13. 食前酒・食中酒・食後酒の目的と選び方。
    食前酒・食中酒・食後酒の目的と選び方。
  14. 「とりあえず」と言いながらオーダーするのは、給仕に失礼。
    「とりあえず」と言いながらオーダーするのは、給仕に失礼。
  15. ワイン選びに自信がないときには、給仕やソムリエに相談をする。
    ワイン選びに自信がないときには、給仕やソムリエに相談をする。
  16. ブランデーグラスの持ち方。
    ブランデーグラスの持ち方。
  17. ワインを自分たちでつぎ足さない。
    ワインを自分たちでつぎ足さない。
  18. 2本以上ワインを飲むとき、おいしさを重視する適切な順番。
    2本以上ワインを飲むとき、おいしさを重視する適切な順番。
  19. ワインやシャンパンは、かき混ぜない。
    ワインやシャンパンは、かき混ぜない。
  20. ワイングラスに、水を入れて乾杯をしてはいけない。
    ワイングラスに、水を入れて乾杯をしてはいけない。
  21. ロマンチックな雰囲気を演出したければ、ロゼワインがおすすめ。
    ロマンチックな雰囲気を演出したければ、ロゼワインがおすすめ。
  22. レストランによっては、ワインの持ち込みが許可されているところがある。
    レストランによっては、ワインの持ち込みが許可されているところがある。
  23. 乾杯のときに、グラスをかちんとぶつけない。
    乾杯のときに、グラスをかちんとぶつけない。
  24. 料理とワインのマリアージュの上手な楽しみ方。
    料理とワインのマリアージュの上手な楽しみ方。
  25. ソムリエとの会話を楽しむ上手なきっかけ作り。
    ソムリエとの会話を楽しむ上手なきっかけ作り。
  26. ワインボトル選びで、目安にしたい基準。
    ワインボトル選びで、目安にしたい基準。
  27. ワインが飲みたくても飲めなかった、忘れられないトラブル。
    ワインが飲みたくても飲めなかった、忘れられないトラブル。
  28. いくらテーブルマナーに慣れていたとしても、酔いつぶれては意味がない。
    いくらテーブルマナーに慣れていたとしても、酔いつぶれては意味がない。
  29. ワインの一気飲みは、できるだけ控えたい飲み方。
    ワインの一気飲みは、できるだけ控えたい飲み方。
  30. ワインのラベルは、写真同様、思い出の記念品になる。
    ワインのラベルは、写真同様、思い出の記念品になる。

同じカテゴリーの作品