海外旅行を楽しむ
30の方法

7
3

現地では、
できるだけ現地の言葉で話すほうが、
コミュニケーションはうまくいく。

現地では、できるだけ現地の言葉で話すほうが、コミュニケーションはうまくいく。 | 海外旅行を楽しむ30の方法

韓国に海外旅行中、食事を注文しようとしたときのことです。

韓国語がわからなかったので、英語を使って注文しようとしました。

すると、困った表情をされたことがあります。

「私は英語なんて知りません。ここは韓国何だから、韓国語で話してください」というメッセージです。

英語は国際標準語だから通じるだろう、という私の考えが甘かった。

通じると言えば通じます。

事実上、英語は国際標準語です。

すべての人が完璧に英語を理解しているわけではないですが、簡単な英語くらいなら、伝わることでしょう。

しかし、通じても、あまりいい気分はされません。

正しい英語の発音や文法で、いくら流暢りゅうちょうに話せても、そこは人間です。

英語を話すほど、現地の人は「英語くらい知っているよね。理解できるよね」と上から目線で話しかけられていると感じます。

聞き慣れない言葉で話しかけられると、あまり気分はよくありません。

私は韓国語を詳しくわかりませんが、簡単な言葉はガイドブックに載っていました。

そこで簡単な韓国語で話しかけると、優しく教えてくれる場合が多いです。

たどたどしく、文法も発音もかなり間違っているはずです。

しかし、その現地の言葉で一生懸命に話そうとすると、急に態度が柔らかくなります。

「この人は外国人だな。でも、わが母国語を一生懸命に話そうとしてくれている。少しでも理解してあげたい。助けてあげたい」

そう思われます。

各国に旅行すれば、それぞれの国の言葉があります。

旅行先が英語圏内なら、もちろん英語がいいでしょう。

しかし、英語以外の言葉を話す国に旅行したときは、できるだけ現地の言葉で話をするように心がけましょう。

イタリアならイタリア語、中国なら中国語、韓国なら韓国語、ベトナムならベトナム語です。

「ありがとう」「お願いします」という簡単な言葉で結構です。

さあ、行きの飛行機の中で勉強です。

最低限の挨拶を覚えることができなければ、ガイドブックを見ながら現地の言葉を伝えてもかまいません。

たどたどしい言葉を恥ずかしがらないことです。

下手でもいいから現地の言葉を一生懸命話そうとすると、喜ばれます。

海外旅行を楽しむ方法(7)
  • 現地の言葉で話しかける。
何でも受け身にならない。
ポジティブに動くほうが、海外旅行をより楽しめる。

海外旅行を楽しむ30の方法
海外旅行を楽しむ30の方法

  1. 海外旅行で一番必要なのは、お金や時間ではない。<br>勇気だ。
    海外旅行で一番必要なのは、お金や時間ではない。
    勇気だ。
  2. 山や海を飛行機で飛び越えるとき、これまでの自分を超えている。
    山や海を飛行機で飛び越えるとき、これまでの自分を超えている。
  3. 飛行機の機内食から旅の楽しみは始まっている。
    飛行機の機内食から旅の楽しみは始まっている。
  4. 飛行機内で無理な暇つぶしは、現地に到着してからの体力を奪う。
    飛行機内で無理な暇つぶしは、現地に到着してからの体力を奪う。
  5. 本当に観光地を楽しむなら、早朝がおすすめ。
    本当に観光地を楽しむなら、早朝がおすすめ。
  6. 現地の本当の様子は、何でもない場所を散策していると感じやすい。
    現地の本当の様子は、何でもない場所を散策していると感じやすい。
  7. 現地では、できるだけ現地の言葉で話すほうが、コミュニケーションはうまくいく。
    現地では、できるだけ現地の言葉で話すほうが、コミュニケーションはうまくいく。
  8. 何でも受け身にならない。<br>ポジティブに動くほうが、海外旅行をより楽しめる。
    何でも受け身にならない。
    ポジティブに動くほうが、海外旅行をより楽しめる。
  9. 国内の感覚を一度捨てる。<br>海外のやり方を吸収しようと、感覚を広げる。
    国内の感覚を一度捨てる。
    海外のやり方を吸収しようと、感覚を広げる。
  10. 現地に到着したら、まず大きく息を吸い込む。<br>現地の様子を鼻で感じ取る最初の儀式。
    現地に到着したら、まず大きく息を吸い込む。
    現地の様子を鼻で感じ取る最初の儀式。
  11. ガイドブック1つで、旅行の質はまったく異なる。
    ガイドブック1つで、旅行の質はまったく異なる。
  12. 添乗員が観光地の話をしてくれても、あえてガイドブックを開いて調べる。
    添乗員が観光地の話をしてくれても、あえてガイドブックを開いて調べる。
  13. 海外旅行のガイドブックは、初心者マークと同じ。<br>持って歩くことを恥ずかしがらない。
    海外旅行のガイドブックは、初心者マークと同じ。
    持って歩くことを恥ずかしがらない。
  14. 「恥をかきに行こう」と思うほうが、旅行はさらに楽しめる。
    「恥をかきに行こう」と思うほうが、旅行はさらに楽しめる。
  15. 看板に書いてある文字を、声に出して読んでみる。
    看板に書いてある文字を、声に出して読んでみる。
  16. 一見無駄とも思える、海外でわざわざ母国料理を食べる真意。
    一見無駄とも思える、海外でわざわざ母国料理を食べる真意。
  17. 海外に行ったなら、海外らしく現地の食文化を堪能する。
    海外に行ったなら、海外らしく現地の食文化を堪能する。
  18. 持ち物は少ないほうがいい。<br>買い物を楽しむ機会が増えるから。
    持ち物は少ないほうがいい。
    買い物を楽しむ機会が増えるから。
  19. 風景が見える屋外で一休みすれば、細かい部分まで見る余裕が生まれる。
    風景が見える屋外で一休みすれば、細かい部分まで見る余裕が生まれる。
  20. そのときその場でしかできないオプションは、申し込んだほうがいい。
    そのときその場でしかできないオプションは、申し込んだほうがいい。
  21. 行きと帰りに経由する国があれば、ついでに観光もしてしまえ。
    行きと帰りに経由する国があれば、ついでに観光もしてしまえ。
  22. 旅先での悪天候は、恵まれたものと考える。
    旅先での悪天候は、恵まれたものと考える。
  23. 語学力があれば、海外旅行はもっと楽しめる。
    語学力があれば、海外旅行はもっと楽しめる。
  24. 時差ぼけにならない鉄則。<br>到着したら、あくまで現地時間に合わせて行動する。
    時差ぼけにならない鉄則。
    到着したら、あくまで現地時間に合わせて行動する。
  25. 中途半端な仲の友人と行く海外旅行は、中途半端になりやすい。
    中途半端な仲の友人と行く海外旅行は、中途半端になりやすい。
  26. 旅先の感動は、常にライブ。<br>完全に同じ感動は二度と味わえない。
    旅先の感動は、常にライブ。
    完全に同じ感動は二度と味わえない。
  27. 旅行を楽しめるかどうかは、体力と足腰にかかっている。
    旅行を楽しめるかどうかは、体力と足腰にかかっている。
  28. 迷った選択肢があれば、予算の許すかぎり、両方頼めばいい。
    迷った選択肢があれば、予算の許すかぎり、両方頼めばいい。
  29. ホテルをけちると、旅行全体の質が低下する。
    ホテルをけちると、旅行全体の質が低下する。
  30. ガイドブックに載っていない穴場は、ホテルの人に聞け。
    ガイドブックに載っていない穴場は、ホテルの人に聞け。

同じカテゴリーの作品

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION