人生の教科書



読み上げ動画・音声

参考書使

お気に入り1 読んだ
30

「著者する信頼関係」ができれば、
参考書への信頼くなる

考書でぜひ見ておきたいのは、巻末にある「著者のプロフィル」です。

多くの人が見落としがちですが、ぜひチェックしておきましょう。

まず見ておきたいポイントは、著者の「学歴」や「経歴」です。

著者の学歴が高いと、解説の言葉に信用が持てるようになります。

大学教師や有名予備校の講師の場合は、分かりやすく書かれた参考書が多い傾向があります。

いつも大勢の人の前で説明をする仕事をしているので、生徒の立場になって分かりやすく説明しています。

どのようなところでどんなことをしている人なのかという「人となり」を知ることで、著者が想像できます。

さらに顔写真があればベターです。

参考書の言葉が、先生が口にしているかのようなところを想像できるようになり、言葉がすっと頭に入ってくるようになります。

巻末にある著者プロフィルを読んでいると、だんだん著者への信頼が芽生えてきます。

  • 「この人の言っていることなら間違いないだろう」

著者との信頼関係は心理的な影響が大きい。

信頼関係ができれば、同時に参考書内の解説に対する信用も強くなります。

言葉を受け入れやすくなり、安心して読み進めることができるようになるでしょう。

忘れてならないのは、著者プロフィルにある「ほかの執筆作品」です。

場合によっては、ほかにも参考書を手がけている場合があります。

分かりやすく説明する著者は、ほかの本を書く場合も分かりやすいです。

一度、著者への信頼関係ができると、ほかに書いている参考書が読みたくなります。

参考書とはいえ「著者との信頼関係」です。

参考書の賢い選び方と使い方 その30

  • 巻末にある著者プロフィルチェックする

同じカテゴリーの作品