執筆者:水口貴博

まとめ
(たるんだ心と気持ちを引き締める30の方法)
たるんだ心と気持ちを引き締める30の方法

  • まず、夢を持つ。
  • 「好きなこと」と「得意なこと」をキーワードに、夢を探す。
  • 一番を目指すのではなく「自分の才能を生かしきること」を目指す。
  • 大きな夢は、小さく区切って、一口サイズにする。
  • 夢までの距離に応じて、ペース配分を考える。
  • 精神力を鍛えるトレーニングのために、プレッシャーを活用する。
  • プレッシャーで精神力を鍛える。
  • 小さなプレッシャーを感じることから始める。
  • 気持ちが緩んだときは、酸っぱいものを口にする。
  • 冷たい水で顔を洗うか、冷たいミネラルウォーターを飲む。
  • 一番楽しいと感じることを、朝一番に始める。
  • 「相手はまだ世間知らずなんだ」と考える。
  • 朝だけは、しっかりする。
  • 悪条件を歓迎する。
  • 年を取るにつれて、恥ずかしい経験をするために、初体験を求める。
  • ライバルのファンになる。
  • そりの合わない人を、大切にする。
  • 水風呂に入って、身も心も引き締める。
  • 素晴らしい環境のために、お金を出す。
  • 模擬試験を受けて、ショックを受ける。
  • 団体競技で、強制的に気持ちを引き締める。
  • 成長記録をつけて、過去の自分と比べる。
  • 勝負の前には、しっかり食事を取る。
  • 自分の財布からお金を出して、学校に通う。
  • 独学が苦手な人は、自分のお金で、学校に頼る。
  • 競争の世界に身を置く。
  • 自分の人生は常に上向きであることを、悟る。
  • すでに十分の宝を手にしていることに気づく。
  • アナログ時計で、時間を感覚的に感じ取る。
  • 親の保護を、卒業する。

同じカテゴリーの作品

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION