気力

やる気を出す
30の方法

  • やる気を出すとは
    「気分を高める」ということ。
やる気を出す30の方法

もくじ

やる気を出すとは「気分を高める」ということ。

やる気を出すとは「気分を高める」ということ。

やる気の正体とは「気分」です。
「やる気が出る」とは「気分が高まっている」ということです。
いかに自分の内側にある気分を高めていくかです。

スピードを出せば、やる気も出る。

スピードを出せば、やる気も出る。

「やる気が出ない……」
「何もやる気力が出ない……」
あなたも一度は感じたことのある、症状ではないでしょうか。

やる気を持続させる燃料は「達成感」。

やる気を持続させる燃料は「達成感」。

やる気は、スピードを出せば出すほど出てきます。
やる気を出す方法が「スピード」であるに対して、やる気を持続させるための燃料は何でしょうか。
「達成感」です。

他人のために一生懸命になると、やる気が出る。

他人のために一生懸命になると、やる気が出る。

やる気になっているときというのは、他人のために一生懸命になっているときです。
「自分のために」と思うと「これをやるのは、また今度でいいか」と気が緩んでしまいがちです。
けれど他人のために何かをしているときには「やらなきゃ!」という気分になっているため、自然と体が動き始めます。

崖に立たされた危機的状況が、やる気をかき立てる。

崖に立たされた危機的状況が、やる気をかき立てる。

学生時代に、自分で自分を追い込んで、やる気を出している友達がいました。
普段からこつこつ勉強するタイプではなく、テスト前に一気に進めるタイプです。
典型的な「一夜漬けタイプ」です。

やる気は、空気感染する。

やる気は、空気感染する。

やる気を出すための簡単な方法があります。
やる気になっている人に、やる気を移してもらうことです。
伝染させてもらうことです。

やめられない、止まらない。
行動すれば、やる気が出る。

やめられない、止まらない。行動すれば、やる気が出る。

とにもかくにも、まずはやってしまうことです。
やってさえしまえば、後は自然とやる気が出てきます。
やる気とは、行動することで湧き出てきます。

自主的に行っていることには、すでにやる気がくっついている。

自主的に行っていることには、すでにやる気がくっついている。

学校の勉強は、強制です。
「勉強」を「強制」させられます。
日本の小学校や中学校は、義務教育です。

言われる前に行動すると、やる気が自然と出る。

言われる前に行動すると、やる気が自然と出る。

言われる前に、行動することです。
言われてからの行動は、やる気が半減します。
言われてからやることは、たとえ自分の希望でも強制のようになり、複雑な気持ちになります。

好きなことをすると、やる気が出る。
好きなことをすると、幸せになれる。

好きなことをすると、やる気が出る。好きなことをすると、幸せになれる。

必ずやる気が出る方法があります。
好きなことをすることです。
好きなことなら、間違いなくやる気が出ます。

「負けたくない」という意識が、やる気に変換される。

「負けたくない」という意識が、やる気に変換される。

やる気を出すためには、競争を意識する手もあります。
わざと他人を意識します。
自分一人でやっていると、自分が今どの辺りの位置なのかを確認しにくいため、迷子になります。

結果を目に見える形にすると、やる気が出る。

結果を目に見える形にすると、やる気が出る。

結果を目に見える形にすることで、やる気が出ます。
自分がどれだけ成長できているかを、確認できるからです。
目に見える形で、自分の前進を確認できると、安心して前に集中できるのです。

睡眠不足は、やる気不足。

睡眠不足は、やる気不足。

人間には、3大欲があります。
睡眠は、人間の3大欲の1つです。
何かをやろうとするときに、まず人間の本能を満たさないと、やる気が出ません。

やる気はあるのに出ない。
やる気を詰まらせている障害物を取り除くだけでいい。

やる気はあるのに出ない。やる気を詰まらせている障害物を取り除くだけでいい。

やる気が出ないと悩む人は、実は、やる気がある人です。
やる気はあるのに、ただやる気が出にくくなっているだけです。
やる気があるのに、障害物がやる気の流れを悪くしているのです。

「やる気が出ない」と思っているから、やる気が出ない。
「やる気が出る」と思うと、やる気が出る。

「やる気が出ない」と思っているから、やる気が出ない。「やる気が出る」と思うと、やる気が出る。

やる気が出ないとき、心の中でこう思っていませんか。
「やる気が出ない」と。
たしかにやる気が出なければ「やる気が出ない」と思って当然でしょう。

憧れを持つと、やる気が出る。

憧れを持つと、やる気が出る。

突然、夢を持つことはできません。
きっかけがあるのです。
自分が「いいな。かっこいいな。あんなふうになりたいな」という憧れです。

実際の成功体験ほど、やる気の出ることはない。

実際の成功体験ほど、やる気の出ることはない。

やる気は、実際の成功から出てきます。
成功する前にも、成功を想像することで、やる気が出ます。
具体的イメージも、もちろんやる気につながります。

叱られて落ち込む人がいる。
叱られてやる気を出す人もいる。

叱られて落ち込む人がいる。叱られてやる気を出す人もいる。

叱られたとき、どんなリアクションをするか。
ここが成長の分かれ道です。
叱られて落ち込む人がいます。

やる気は、生もの。

やる気は、生もの。

私はいつも誰かと話をして、約束事を決めるとき、まず「今からはいかがですか」と聞くようにしています。
話の流れから、私もやる気が出てきます。
やる気が出ているうちに、行動してしまうことがポイントです。

見られると、やる気が出る。

見られると、やる気が出る。

不思議な話ですが、人の目があると、やる気が出ます。
人の目がたくさんあるほど、やる気につながります。
誰かに話しかけられたわけでも、励まされたわけでもないのにやってしまうのは、緊張という適度なストレスのおかげです。

やる気の出る音楽を聴くと、やる気が出る。

やる気の出る音楽を聴くと、やる気が出る。

基本的で強力なやる気を出す方法は、音楽です。
やる気の出る音楽を聴くことです。
どんな音楽かは、人それぞれです。

後悔することで、やる気が出る。

後悔することで、やる気が出る。

後悔は、大きなやる気を生み出します。
私が留学している間にたくさんの人に出会い、聞いてみたことがあります。
「なぜ英語を勉強しているのですか」

できないことはやらなくていい。
できることだけやればいい。

できないことはやらなくていい。できることだけやればいい。

これを本に書くと、またたくさんのクレームが来るでしょう。
しかし、本当のことです。
いつかこれは言わなければならないことです。

異性を原動力にすると、やる気が出る。

異性を原動力にすると、やる気が出る。

異性という原動力は、恐ろしい力を持っています。
異性の原動力というのは、人間の3大欲の1つです。
モテたい気持ちも、立派な動機になるのです。

やる気は、出そうとするから出なくなる。

やる気は、出そうとするから出なくなる。

やる気は出そうとすると、余計に出ないときがあります。
「出ろ、出ろ!」と思うときに限って、なかなか思うように出てくれないのです。
いいアイデアがあります。

やる気が出ないときは、やる気がなくてもできることから始める。

やる気が出ないときは、やる気がなくてもできることから始める。

やる気がないときには、どうすればいいのでしょう。
やる気がないときには、やる気がなくてもできることをしましょう。
やる気がないとできないことは、とりあえず後回しにして、できることから始めればいいのです。

やる気を出すためには、笑うことが大切。

やる気を出すためには、笑うことが大切。

やる気が出ないのは、笑っていないからです。
笑うと元気が出ます。
元気にならないと、やる気は出ません。

嫌いなことには、やる気は出ない。
好きなことだから、やる気が出る。

嫌いなことには、やる気は出ない。好きなことだから、やる気が出る。

やる気が出ない理由はわかっています。
嫌いなことだからです。
人間は、嫌いなことには、やる気が出ないようになっています。

一気にやることで、やる気が出る。

一気にやることで、やる気が出る。

一気にやると、やる気が出ます。
やる気が出ないのは、ちびちびとやっているからやる気が出ないのです。
台風の日にダムが崩壊して、水が一気に流れ出るかのように、仕事も一気にやることで「勢い」がつきます。

応援されると、やる気が出る。

応援されると、やる気が出る。

応援されると、やる気が出ます。
応援されると、嬉しくなります。
応援してくれる人をもっと喜ばせたいなと思い、もっとやる気になります。

同じカテゴリーの作品