人生の教科書



✨ランキング✨  動画・音声

金運がよくなる
30の方法

お気に入り7 読んだ
26

「給料が安い」と不満を漏らすなら、
仕事の量や質が増えてからにする。

「給料が安い」と不満を漏らすなら、仕事の量や質が増えてからにする。 | 金運がよくなる30の方法

あなたは「給料が安い」と仕事の愚痴をこぼしていないでしょうか。

「給料が安い」と愚痴をこぼす人には、2種類います。

  1. 仕事の量や質は同じままで、給料だけを上げてほしいと思う人
  1. 仕事の量や質が増えたので、見合った給料を欲しいと思う人

ほとんどの人の「給料が安い」愚痴は、残念ながら(1)の「仕事の量や質は同じままで、給料だけを上げてほしいと思う人」です。

仕事が大変になったり、量が増えたりするのは嫌だけど、でも給料はできるだけたくさん欲しいと思っています。

残念ながら、こういう人の給料は上がりません。

給料は、仕事の対価としていただくものです。

仕事の量や質が変わらないかぎり、給料は、減ることはあっても、増えることはありません。

給料が安いと愚痴をこぼすなら(2)の「仕事の量や質が増えたので、見合った給料を欲しいと思う人」になることです。

一生懸命に仕事をして、知識や技術が身につき仕事の質が上がります。

また熟練したので、たくさんの仕事量をこなすことができるようになりました。

こういう人は社長に「給料が安いのではないか。上げてもいいのではないか」と、堂々と交渉できます。

「給料は、仕事の対価としていただく」という原則を思い出しましょう。

あなたが本当に仕事の質と量がよいなら、今の給料は安いと思って当然です。

値上げ交渉も、堂々とできるはずです。

お金持ちは、いつも給料をもらいすぎていると思っています。

 

しかし、一生懸命働いて、仕事の質が高くて量が多いからこそ、安いと感じます。

いい仕事をしている人なら「給料が安い」と愚痴ってもかまいません。

 

ただし、そういう愚痴は、陰でこそこそ言うより、社長に直接言うことです。

お金持ちは、質が高くて、量の多い仕事に対して「給料が安い」と交渉するのです。

金運がよくなる方法 その26

  • 給料が安いと不満を漏らすなら、
    いい仕事をしてから言う。
頼れば頼るほど、金運は下がる。

もくじ
(金運がよくなる30の方法)

同じカテゴリーの作品