心の霧が晴れる
30の言葉

16
3

財布の中にレシートを入れるのはよくない。

財布の中にレシートを入れるのはよくない。 | 心の霧が晴れる30の言葉

レシートをもらったとき、どこにしまっていますか

お店でレシートをもらったとき、どうしていますか。

何気なく財布の中に入れていないでしょうか。

「後から必要になるかもしれない」と思って、念のためレシートを入れる人もいるでしょう。

もちろん必要があるならいいのです。

「会計簿につけるため」

「会社に経費として提出するため」

必要があれば、一時的に財布の中にレシートを入れるのもかまいません。

しかし、特に意味も必要もないなら、財布にレシートを入れてはいけません。

財布にレシートを入れる行為は、金運を下げる行為だからです。

なぜ金運が下がるのか

レシートだけではありません。

万一を考え始めると、財布の中にあれこれ入れたくなります。

名刺、ばんそうこう、写真、明細書、メモ書き。

お守りを入れている人もいるかもしれません。

これでは財布が「何でも入れる箱」になってしまいます。

財布とは、いわばお金の家です。

家がごちゃごちゃしていると居心地が悪くなるように、財布の中にお金と無関係のものがあると、居心地が悪くなります。

お金はストレスを感じます。

「ここにはいたくない!」と嫌がって逃げたくなり「お金が入りにくい財布」「お金が逃げやすい財布」になります。

だから、金運が下がってしまうのです。

財布にレシートを入れる行為は、金運を下げる行為

財布は本来、お金を入れる場所です。

財布には、お金だけを入れるようにしましょう。

基本は「硬貨」「紙幣」「クレジットカード類」です。

クレジットカードやポイントカードも、支払い機能と金銭価値を有しているためOKです。

会員証・保険証・運転免許証は、セーフです。

お金ではありませんが、身分を証明するものなので、許容範囲と考えていいでしょう。

入れていいのはここまでです。

そのほかお金と関係ないものは、財布に入れないように注意しましょう。

たとえば、名刺です。

財布の中に名刺を入れている人もいますがNGです。

名刺は、名刺入れに入れるのが正式です。

万一を考えると、財布の中に名刺も入れたくなりますがよくありません。

名刺が必要になったとき、さっと名刺入れから取り出すのがスマートです。

名刺を持ち合わせていなければ「ただいま名刺を切らしています」と断ればいいだけです。

レシートや明細書なども、財布には入れないのが賢明です。

レシートや明細書を持ち帰る必要があるなら、専用の封筒を用意すればいいことです。

不要なレシートは、最初からもらわない

不要なレシートは、最初からもらわないことです。

不要なレシートであれば、レジ横にあるレシートボックスに入れましょう。

レシートボックスがなければ、お店の人に「レシートは結構です」と言えばいいだけです。

今すぐ自分の財布の中をのぞいてみてください。

財布の中がレシート類で膨らんでいる人は、赤信号です。

財布の本来の役割が失われ、レシートボックスになりつつあります。

今すぐ不要なレシートは処分しましょう。

財布は、財布らしく扱い、財布にふさわしいものを入れるようにしましょう。

きれいな財布は、お金にとっても居心地がよくなります。

「快適でいいね。みんなもおいでよ」と仲間を呼び始め、金運も上がっていくのです。

心の霧が晴れる言葉(16)
  • 財布の中にレシートを入れない。
  • 財布の中に入れるのは、お金と身分証明だけにしておく。
  • 不要なレシートは、最初からもらわない。
買い物で商品を受け取るとき、きちんと感謝するあなたは素晴らしい。

心の霧が晴れる30の言葉
心の霧が晴れる30の言葉

  1. 現実がつらいから、逃げるのではない。<br>逃げるから、現実がつらくなるのだ。
    現実がつらいから、逃げるのではない。
    逃げるから、現実がつらくなるのだ。
  2. 自信は後からついてくるもの。<br>自信をつけるより、結果を出すことに集中しよう。
    自信は後からついてくるもの。
    自信をつけるより、結果を出すことに集中しよう。
  3. あなたの名前は、親が時間をかけて考えてくれた、最高のプレゼント。
    あなたの名前は、親が時間をかけて考えてくれた、最高のプレゼント。
  4. 気分転換をするときは、中途半端な気分転換ではなく、完全な気分転換をしよう。
    気分転換をするときは、中途半端な気分転換ではなく、完全な気分転換をしよう。
  5. 白の衣類は、丁寧な振る舞い方を教えてくれる先生。
    白の衣類は、丁寧な振る舞い方を教えてくれる先生。
  6. いくら考えても答えが見つからないときは「解なし」が正解。
    いくら考えても答えが見つからないときは「解なし」が正解。
  7. 「無駄」「くだらない」「つまらない」を禁句にしよう。<br>「なるほど」「面白い」「素晴らしい」と言い換えよう。
    「無駄」「くだらない」「つまらない」を禁句にしよう。
    「なるほど」「面白い」「素晴らしい」と言い換えよう。
  8. 頑張ってもうまくいかなかった日は、きちんと湯船に浸かること。
    頑張ってもうまくいかなかった日は、きちんと湯船に浸かること。
  9. 次々トラブルが起こることを恨まない。<br>「そういうもの」と考える。
    次々トラブルが起こることを恨まない。
    「そういうもの」と考える。
  10. どうせ恥をかくなら、開き直って笑いものを演じよう。
    どうせ恥をかくなら、開き直って笑いものを演じよう。
  11. かわいくなるための努力は、頑張るのではなく、楽しもう。
    かわいくなるための努力は、頑張るのではなく、楽しもう。
  12. 非常識なことを「普通のこと」と思ってみると、発想力がレベルアップする。
    非常識なことを「普通のこと」と思ってみると、発想力がレベルアップする。
  13. 心の整理は、思っていることを書き出すだけでいい。
    心の整理は、思っていることを書き出すだけでいい。
  14. 「雨の日」を「恵みの日」と言い換えるだけで、ハッピーに過ごせる。
    「雨の日」を「恵みの日」と言い換えるだけで、ハッピーに過ごせる。
  15. 使い終わったチケットも、思い出の品になる。
    使い終わったチケットも、思い出の品になる。
  16. 財布の中にレシートを入れるのはよくない。
    財布の中にレシートを入れるのはよくない。
  17. 買い物で商品を受け取るとき、きちんと感謝するあなたは素晴らしい。
    買い物で商品を受け取るとき、きちんと感謝するあなたは素晴らしい。
  18. 椅子は、あなたを陰で支える存在。<br>たまにはお世話をしよう。
    椅子は、あなたを陰で支える存在。
    たまにはお世話をしよう。
  19. がっつり仕事をしたいなら、まず体力をつけておくことが必要。
    がっつり仕事をしたいなら、まず体力をつけておくことが必要。
  20. 結果が出なかったのではない。<br>まだ結果が出ていないだけだ。
    結果が出なかったのではない。
    まだ結果が出ていないだけだ。
  21. じっとしているだけでは伝わらない伝えたいことがあるなら、手か口を動かす。
    じっとしているだけでは伝わらない伝えたいことがあるなら、手か口を動かす。
  22. 無知に気づくことも勉強。<br>勉強しないと、自分が無知であることに気づけない。
    無知に気づくことも勉強。
    勉強しないと、自分が無知であることに気づけない。
  23. 脱いだ服を、無造作に放置していませんか。
    脱いだ服を、無造作に放置していませんか。
  24. なぜやる気が出ないのか。<br>やりたいことではないからだ。
    なぜやる気が出ないのか。
    やりたいことではないからだ。
  25. 時間を忘れて夢中になっているときは、幸せな時間。
    時間を忘れて夢中になっているときは、幸せな時間。
  26. 本当に好きなことは、損得を考えない。
    本当に好きなことは、損得を考えない。
  27. 幸せな人は、3つの気持ちを忘れない。<br>感謝の気持ち、尊敬の気持ち、思いやりの気持ち。
    幸せな人は、3つの気持ちを忘れない。
    感謝の気持ち、尊敬の気持ち、思いやりの気持ち。
  28. どんなに今が暗い状況でも「今から明るくなる」と考えよう。<br>前向きに考えることが、窮地を脱する光になる。
    どんなに今が暗い状況でも「今から明るくなる」と考えよう。
    前向きに考えることが、窮地を脱する光になる。
  29. 嫌いな人を頑張って好きになる必要はない。
    嫌いな人を頑張って好きになる必要はない。
  30. つらい過去は、積極的に忘れていい。
    つらい過去は、積極的に忘れていい。

同じカテゴリーの作品

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION