公開日:2022年5月27日
執筆者:水口貴博

人生100年時代を生きる
30の言葉

8
3

何かを始めるのに、
遅すぎることはない。
人生100年時代から見ると、
まだまだ時間はある。

何かを始めるのに、遅すぎることはない。人生100年時代から見ると、まだまだ時間はある。 | 人生100年時代を生きる30の言葉

人は誰でも老いを迎えます。

若いとは言えない年齢に差しかかったとき、自分の年齢に嘆く人がいます。

「もう30だから」

「もう40だから」

「もう50だから」

そんなセリフを吐いて、ため息を漏らすのです。

何かチャレンジしたいことがあっても「今さら遅い」「もう若くない」と不満を口にします。

しわもしみも白髪も目立ち始め、筋力や体力の衰えも気になるところです。

若いとは言えない年齢に差しかかると、自分の年齢に悲観的になっている人が少なくありません。

ここに大きな誤解があります。

「時間がない」というのは大きな誤解です。

今や「人生100年」の時代です。

すでに日本人の平均寿命は、男女ともに80歳を超えています。

一昔前は「人生80年」が主流でしたが、医学や医療の進歩により、今や「人生100年」が現実的になりつつあります。

若いとは言えない年齢かもしれませんが、見方を変えれば、感じ方が変わります。

「もう30になってしまった」と思っても、まだまだ時間はあります。

人生100年時代から見れば「まだ70年もある」と言えます。

まだまだ十分な可能性があり、転職をするにはベストタイミングと言えるでしょう。

「もう40になってしまった」と思っても、時間の余裕はたっぷりあります。

人生100年時代から見れば「まだ60年もある」と言えます。

40代で転職する人は多いですし、会社を辞めて起業する人も少なくありません。

「もう50になってしまった」と思っても、大したことはありません。

人生100年時代から見れば、ようやく折り返し地点に到達したに過ぎません。

50代とはいえ、まだまだ体力も時間も有り余っています。

行きたいところがあれば、どしどし旅行をして各地に足を運んでみるのもすてきです。

60歳なら「まだ40年もある」と言え、70歳なら「まだ30年もある」と言えます。

アメリカでは、高齢者の大学生は普通のことで大勢います。

人は、何歳からでも新しいことを始められます。

やりたいことがあるなら、早めに取りかかる

あなたは今、何歳でしょうか。

100から引いて、残り時間を計算してみてください。

意外とたっぷり時間があることに気づくでしょう。

もちろん100歳まで生きるとは限りません。

人生では「まさか」が起こる可能性もありますが、そのときはそのときで考えましょう。

人生を生きるうえで、将来に明るい希望を持つことが大切です。

ただし時間はたっぷりあっても、時間が過ぎるのは年齢を重ねるにつれて早くなる傾向があります。

ぼうっとしていると、あっという間に1年が過ぎるので要注意。

やりたいことがあるなら、早めに取りかかりましょう。

「いつかやりたい」と思っていることは、できるだけ早く実現させてください。

明日始めようと思うくらいなら、今日から始めたほうがいい。

先延ばしにするくらいなら、前倒しにしましょう。

読みたい本も、見たい映画も、行きたいところも「善は急げ」です。

何かを始めるのに、遅すぎることはないのです。

人生100年時代を生きる言葉(8)
  • 「人生100年」を基準に考え、まだまだ多くの時間があることに気づく。
しわは、顔にできる年輪。
深みを与える力がある。

人生100年時代を生きる30の言葉
人生100年時代を生きる30の言葉

  1. 人生は、1時間40分の映画。
    人生は、1時間40分の映画。
  2. 昔の楽しい思い出を振り返るより、これからの楽しい予定を考えよう。
    昔の楽しい思い出を振り返るより、これからの楽しい予定を考えよう。
  3. 毎月末に今月を振り返ろう。<br>成果や反省点をチェックして、翌月に生かそう。
    毎月末に今月を振り返ろう。
    成果や反省点をチェックして、翌月に生かそう。
  4. 「毎日同じことの繰り返し」と思ったときは、間違い探しゲームの発想で、日々の違いを探してみよう。
    「毎日同じことの繰り返し」と思ったときは、間違い探しゲームの発想で、日々の違いを探してみよう。
  5. 人生に、同じ天気は1つもない。
    人生に、同じ天気は1つもない。
  6. 美しいものを見る機会を、積極的に作っていこう。
    美しいものを見る機会を、積極的に作っていこう。
  7. 仕事に役立たないことが、人生を豊かにする。
    仕事に役立たないことが、人生を豊かにする。
  8. 何かを始めるのに、遅すぎることはない。<br>人生100年時代から見ると、まだまだ時間はある。
    何かを始めるのに、遅すぎることはない。
    人生100年時代から見ると、まだまだ時間はある。
  9. しわは、顔にできる年輪。<br>深みを与える力がある。
    しわは、顔にできる年輪。
    深みを与える力がある。
  10. あらゆる感情の中で最も大切なコントロールは、怒り。
    あらゆる感情の中で最も大切なコントロールは、怒り。
  11. 自分で自分に宿題を出す人が、成長する。
    自分で自分に宿題を出す人が、成長する。
  12. 苦手な食べ物に、期待の声をかけよう。<br>「いつかおいしく食べられる日が来るといいな!」
    苦手な食べ物に、期待の声をかけよう。
    「いつかおいしく食べられる日が来るといいな!」
  13. 「面白そうだから」という理由だけで、チャレンジしていい。
    「面白そうだから」という理由だけで、チャレンジしていい。
  14. 本音で話してくれる人を憎んではいけない。<br>本音で話してくれる人こそ大切にする。
    本音で話してくれる人を憎んではいけない。
    本音で話してくれる人こそ大切にする。
  15. 長所だけが個性ではない。<br>短所も立派な個性。
    長所だけが個性ではない。
    短所も立派な個性。
  16. 「あれ」「それ」で済ませていると、脳の老化が加速する。
    「あれ」「それ」で済ませていると、脳の老化が加速する。
  17. 今や人生100年時代。<br>今日1日が無駄になったくらいで、気を落とす必要はない。
    今や人生100年時代。
    今日1日が無駄になったくらいで、気を落とす必要はない。
  18. 「面倒くさい」と思うのはいい。<br>「面倒くさい」と言うのがいけない。
    「面倒くさい」と思うのはいい。
    「面倒くさい」と言うのがいけない。
  19. 1つの名前にとらわれる必要はない。<br>出世魚のように、成長やステージに応じて新しい名前を付けてみよう。
    1つの名前にとらわれる必要はない。
    出世魚のように、成長やステージに応じて新しい名前を付けてみよう。
  20. 勉強は、学校に行かなくても、できる。
    勉強は、学校に行かなくても、できる。
  21. 旅行は「行けるうちに行く」が正解。
    旅行は「行けるうちに行く」が正解。
  22. 貧しいと嘆いてはいけない。<br>どんなに貧しくても、100年前と比べれば、すべてが豊か。
    貧しいと嘆いてはいけない。
    どんなに貧しくても、100年前と比べれば、すべてが豊か。
  23. 調子が良いときもある。<br>調子が悪いときもある。
    調子が良いときもある。
    調子が悪いときもある。
  24. 季節の移り変わりは早い。<br>せめて1つくらいは「季節らしい思い出」を作ろう。
    季節の移り変わりは早い。
    せめて1つくらいは「季節らしい思い出」を作ろう。
  25. 人はいつ死ぬかわからない。<br>大切な人に伝えたい言葉があるなら、早めに伝えよう。
    人はいつ死ぬかわからない。
    大切な人に伝えたい言葉があるなら、早めに伝えよう。
  26. 怖いから足を止めるのではない。<br>足を止めるから怖くなる。
    怖いから足を止めるのではない。
    足を止めるから怖くなる。
  27. 病気自慢をしない。<br>健康自慢をしよう。
    病気自慢をしない。
    健康自慢をしよう。
  28. マティスは晩年、寝たきりのまま切り紙絵を制作した。<br>人は何歳からでも、新しいことにチャレンジができる。
    マティスは晩年、寝たきりのまま切り紙絵を制作した。
    人は何歳からでも、新しいことにチャレンジができる。
  29. 97歳で大学を卒業した男性がいる。<br>年を取ると記憶力が衰えるのは、ジョークだ。
    97歳で大学を卒業した男性がいる。
    年を取ると記憶力が衰えるのは、ジョークだ。
  30. 自分に「若い」と語りかけ、ヤングなアダルトになろう。
    自分に「若い」と語りかけ、ヤングなアダルトになろう。

同じカテゴリーの作品

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION