不要なトラブルを避ける
30の注意ポイント

16
0

水分を取らずに頑張ることを美化してはいけない。

水分を取らずに頑張ることを美化してはいけない。 | 不要なトラブルを避ける30の注意ポイント

ときどき水分を取らずに頑張ったことを誇らしげに語る人がいます。

「水を取らないで頑張った!」

「喉の渇きに負けなかった!」

「喉が渇いていたけど、最後までやりきった!」

水を取らないで頑張った自分を誇らしく思いたいのかもしれません。

一昔前の学校教育では、スポーツの際、水分を取らないで頑張ることが称賛されていました。

「喉の渇きに耐えること=メンタル・精神が鍛えられる」という根性論がもてはやされた時代がありました。

部活や体育の授業中、先生から水を飲むなと教えられていた人もいるかもしれません。

しかし、今は違います。

水がないと人は生きていけません。

我慢してよい欲求と、そうでない欲求があります。

水分補給を我慢するのは言語道断です。

喉の渇きは、我慢してはいけない欲求です。

人の体の60パーセント以上は、水でできています。

水分を失うにつれて脱水症状を引き起こすリスクが上昇します。

喉の渇きに耐えたことをアピールすることほど、危険なことはありません。

あらゆる栄養素も、水があってこそ正常に機能します。

たくさん汗をかく状況では、積極的な水分補給を行うこと

水分を取らずに頑張ることを美化してはいけません。

偉いことでも素晴らしいことでもありません。

むしろ健康に関わる危険な行為です。

特に炎天下の中、水分を取らないでスポーツするのは脱水症状のリスクが急上昇して非常に危険です。

たくさん汗をかく状況では、遠慮することなく、積極的な水分補給を行ってください。

水分補給は、喉の渇きを感じてからではなく、感じる前に行うのが適切です。

現在の学校教育では、昔の指針を改め、無理をせず水分補給をすることが推奨されています。

これはスポーツに限らず、仕事でも同様です。

屋外での仕事や体をたくさん動かす仕事では、大量の汗をかいて水分が失われます。

水分を取らないで頑張ることがあるなら、今すぐ考え方を改めてください。

水分を取らないで頑張るより、きちんと水分を取りながら頑張ることが素晴らしいのです。

不要なトラブルを避ける注意ポイント(16)
  • 水分を取らずに頑張ることを美化しない。
  • たくさん汗をかく状況では、きちんと水分補給を取りながら頑張る。
締め切りのない仕事は、自分で締め切りを作ろう。
締め切りのある仕事は、自分で締め切りを前倒ししよう。

不要なトラブルを避ける30の注意ポイント
不要なトラブルを避ける30の注意ポイント

  1. あなたの身の回りに「借りたままになっているもの」はありませんか。
    あなたの身の回りに「借りたままになっているもの」はありませんか。
  2. 「伝える」と「伝わる」は似て非なるもの。<br>大切なのは「どれだけ伝えたか」ではなく「どれだけ伝わったか」。
    「伝える」と「伝わる」は似て非なるもの。
    大切なのは「どれだけ伝えたか」ではなく「どれだけ伝わったか」。
  3. 本当にいっぱいいっぱいのときは、気晴らしもリフレッシュもしてはいけない。
    本当にいっぱいいっぱいのときは、気晴らしもリフレッシュもしてはいけない。
  4. 耳をふさぐと、耳が不自由な人の気持ちを理解できる。<br>音が聞こえることの素晴らしさも再認識できる。
    耳をふさぐと、耳が不自由な人の気持ちを理解できる。
    音が聞こえることの素晴らしさも再認識できる。
  5. その日のトラブルは、その日のうちに解決する。
    その日のトラブルは、その日のうちに解決する。
  6. 2択だからといって、無理に選ぶ必要はない。<br>選択肢にない選択が正解ということもある。
    2択だからといって、無理に選ぶ必要はない。
    選択肢にない選択が正解ということもある。
  7. 禁酒中にお酒を飲みたくなったら、大量の水を飲めばいい。
    禁酒中にお酒を飲みたくなったら、大量の水を飲めばいい。
  8. 「乱暴な言葉遣いは苦手」と言いつつ、自分の言葉遣いも乱暴になっていないか。
    「乱暴な言葉遣いは苦手」と言いつつ、自分の言葉遣いも乱暴になっていないか。
  9. 星を眺めながら歩かない。
    星を眺めながら歩かない。
  10. 失敗から得た反省や教訓は、きちんと書き留めておく。
    失敗から得た反省や教訓は、きちんと書き留めておく。
  11. 自然と嫌われるのはいい。<br>わざと嫌われるのはいけない。
    自然と嫌われるのはいい。
    わざと嫌われるのはいけない。
  12. ストレス解消のコツは「逆のことをすること」にある。
    ストレス解消のコツは「逆のことをすること」にある。
  13. 備えがあれば、大地震が来ても怖くない。<br>面倒くさがり屋は、防災グッズがおすすめ。
    備えがあれば、大地震が来ても怖くない。
    面倒くさがり屋は、防災グッズがおすすめ。
  14. 病院の問診票は、正直に書く。<br>結局は自分のため。
    病院の問診票は、正直に書く。
    結局は自分のため。
  15. 口が軽い人にも良いところがある。<br>褒め言葉の伝達人になってくれる。
    口が軽い人にも良いところがある。
    褒め言葉の伝達人になってくれる。
  16. 水分を取らずに頑張ることを美化してはいけない。
    水分を取らずに頑張ることを美化してはいけない。
  17. 締め切りのない仕事は、自分で締め切りを作ろう。<br>締め切りのある仕事は、自分で締め切りを前倒ししよう。
    締め切りのない仕事は、自分で締め切りを作ろう。
    締め切りのある仕事は、自分で締め切りを前倒ししよう。
  18. 人の仕事を「あんなの簡単。<br>誰でもできる」と切り捨てない。<br>軽く見る人は、軽く見られる。
    人の仕事を「あんなの簡単。
    誰でもできる」と切り捨てない。
    軽く見る人は、軽く見られる。
  19. 悪いことはしていなくても、疑われるようなことはしない。
    悪いことはしていなくても、疑われるようなことはしない。
  20. 値切ることは、失礼かつ恥ずかしい行為。<br>値切るするくらいなら、おまけをお願いするほうがいい。
    値切ることは、失礼かつ恥ずかしい行為。
    値切るするくらいなら、おまけをお願いするほうがいい。
  21. クレーム対応のコツは1つだけ。<br>余計な言い訳はせず、3倍大げさに謝罪すること。
    クレーム対応のコツは1つだけ。
    余計な言い訳はせず、3倍大げさに謝罪すること。
  22. とげのある言葉に注意する人はいても、とげのある雰囲気に注意する人は少ない。
    とげのある言葉に注意する人はいても、とげのある雰囲気に注意する人は少ない。
  23. 世の中に「ただの○○」は1つもない。<br>どんなことにも「奥」がある。
    世の中に「ただの○○」は1つもない。
    どんなことにも「奥」がある。
  24. すれ違いざまに人と肩がぶつかったとき、スルーするのはよくない。
    すれ違いざまに人と肩がぶつかったとき、スルーするのはよくない。
  25. 改善は、1回やって終わりではない。<br>無限に繰り返していくもの。
    改善は、1回やって終わりではない。
    無限に繰り返していくもの。
  26. あなたの行く手を邪魔しているのは、あなた。
    あなたの行く手を邪魔しているのは、あなた。
  27. 悪いことがあった後こそ「運がよかった」と言うタイミング。
    悪いことがあった後こそ「運がよかった」と言うタイミング。
  28. 言葉遣いの悪い人は、犯罪予備軍。
    言葉遣いの悪い人は、犯罪予備軍。
  29. 電話で「お世話になっております」と言っておきながら名前を伺うのは不自然。
    電話で「お世話になっております」と言っておきながら名前を伺うのは不自然。
  30. 裏切られたからといって、あなたまで裏切ってはいけない。<br>負の連鎖は、あなたのところで止める。
    裏切られたからといって、あなたまで裏切ってはいけない。
    負の連鎖は、あなたのところで止める。

同じカテゴリーの作品

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION