日常の新たな風情を発見する
30の言葉

  • 私たちの頭の上には
    いつも、
    「笑顔の雲」が浮かんでいる。
日常の新たな風情を発見する30の言葉

私たちの頭の上には、いつも「笑顔の雲」が浮かんでいる。

私たちの頭の上には、いつも「笑顔の雲」が浮かんでいます。
雲はいろいろな形をしていますが、どんな形の雲であっても、どこかに笑顔があります。
「この雲のどこかに、人の顔が隠れているはずだ!」

私たちの頭の上には、いつも「笑顔の雲」が浮かんでいる。

手軽に楽しく危機管理能力を鍛えるには「国内の一人旅」がおすすめ。

手軽に楽しく危機管理能力を鍛えるにはどうすればいいのでしょうか。
危機管理能力を鍛えるにはハードな課題に取り組んで四苦八苦するイメージがありますが、その限りではありません。
実は手軽に楽しく危機管理能力を鍛える方法があります。

手軽に楽しく危機管理能力を鍛えるには「国内の一人旅」がおすすめ。

占い師から良い予言をされたら、科学的根拠を求めず、素直に信じる。

占い師から良い予言をされたら、素直に信じてください。
そこで科学的根拠を求めるのはよくありません。
「どうしてですか」「科学的なご説明をお願いします」など問い詰めると、占い師は眉をひそめるでしょう。

占い師から良い予言をされたら、科学的根拠を求めず、素直に信じる。

勝負所の判断をするのは、自分。
勝負所は、いくつあってもいい。

人生には「勝負所」と呼ばれる場面があります。
重要な試合・試験・面接・話し合いなど、物事の勝敗につながる重要な局面があるでしょう。
今後の行く末に影響を与える場面があるはずです。

勝負所の判断をするのは、自分。勝負所は、いくつあってもいい。

どんな仕事でも、誰かが見ている。
究極は、天の神様が見ていると考える。

どんな仕事でも、誰かが見ていると考えることです。
大きな仕事から小さな仕事まで、誰かが見ていると考えてください。
掃除でも雑用でも何でもです。

どんな仕事でも、誰かが見ている。究極は、天の神様が見ていると考える。

重い病気を持つ人に、ちゃらちゃらした人はいない。

重い病気を持つ人には、ある共通点があります。
「ちゃらちゃらした人はいない」という点です。
悪ふざけをしたり浮ついた言葉を発したりしません。

重い病気を持つ人に、ちゃらちゃらした人はいない。

劇場や美術館に入るときは、入り口に注目しよう。
芸術鑑賞の時間は、劇場や美術館の入り口から始まっている。

劇場や美術館に到着したとき「もったいない」と思うことがあります。
「早く中に入りたい!」という気持ちがあるためでしょうか。
来場客の多くは入り口に向かってそそくさ歩き、館内に入っていきます。

劇場や美術館に入るときは、入り口に注目しよう。芸術鑑賞の時間は、劇場や美術館の入り口から始まっている。

歩きながら眺めるより、足を止めて眺めるほうが、感動も印象も深くなる。

素晴らしい景色を見て感動することがあるでしょう。
特に旅行の際は、すてきな景色や美しい風景と出会うことが多くなるはずです。
息をのむような絶景と出会うと「生きていてよかった!」と思うはずです。

歩きながら眺めるより、足を止めて眺めるほうが、感動も印象も深くなる。

暖かい布団でぐっすり寝る。
これを幸せと呼ぶ。

幸せはどこにあるのでしょうか。
すでに私たちは毎晩、幸せな時間を過ごしています。
それは就寝です。

暖かい布団でぐっすり寝る。これを幸せと呼ぶ。

人生では「後付けの努力」もあり。
嘘をついたことが悔やまれるなら、後から努力して真実に変えればいい。

うっかり嘘をついて慌てることがあるでしょう。
わからないことを「わかる」と言ったり、できないことを「できる」と言ったり、経験がないことを「ある」と言ったりなどなど。
見栄やプライドがあったり、体裁や世間体を気にしたりして、うっかり口が滑って嘘をつくことがあるもの。

人生では「後付けの努力」もあり。嘘をついたことが悔やまれるなら、後から努力して真実に変えればいい。

仕事を淡々とできるようになったら、成功は近い。

仕事をするとき、いちいち頑張ってはいけません。
熱くなったり気合を入れたりしてはいけません。
仕事は、特別なことではなく、普通のことです。

仕事を淡々とできるようになったら、成功は近い。

セミやスズムシの鳴き声の感じ方は、あなたの心を反映している。
うるさく感じたら、心に余裕がなくなっている証拠。

「セミの鳴き声がうるさい」
「スズムシの鳴き声がうるさい」
そんな状況があれば、ひとつ言えることがあります。

セミやスズムシの鳴き声の感じ方は、あなたの心を反映している。うるさく感じたら、心に余裕がなくなっている証拠。

ホームグラウンドだけでは成長が限られる。
さらなる成長には、アウェーが必要。

私たちにとって居心地がいいのは、ホームグラウンドです。
本拠地であり、慣れ親しんだ環境であり、故郷のような場所です。
ホームグラウンドであれば、安心してプレイできるでしょう。

ホームグラウンドだけでは成長が限られる。さらなる成長には、アウェーが必要。

新発見は「歩き慣れた道」にある。

新発見はどこにあるのでしょうか。
実はとても身近なところにあります。
「歩き慣れた道」です。

新発見は「歩き慣れた道」にある。

才能がないとわかることも、大きな前進。

才能がないとわかった瞬間、落ち込む人がいます。
夢に向かって努力しても、とんとん拍子でうまくいくとは限りません。
努力のわりにスキルが伸びず、成果も出ず、思うようにいかないことがあります。

才能がないとわかることも、大きな前進。

ビジネスで目上の人と親しくなりたいなら、まず貢献することから始めること。

ビジネスで自分より立場の高い人と親しくなるためにはどうすればいいのでしょうか。
ここではあくまで「ビジネス」という前提で考え「プライベート」については除外します。
ビジネスでは、雲の上の存在のような人と人脈を築きたいときがあるのではないでしょうか。

ビジネスで目上の人と親しくなりたいなら、まず貢献することから始めること。

大変な仕事だから良いわけではない。
楽で簡単な仕事だから悪いわけでもない。

世の中には、汗を流して苦労が伴う仕事があります。
「汗を流して大変な仕事です」と言うと「すごいですね」「立派ですね」「プロですね」と褒められます。
「楽で簡単な仕事です」と言うと「ずるい」「怪しい」「虚業だ」とののしられます。

大変な仕事だから良いわけではない。楽で簡単な仕事だから悪いわけでもない。

自分に合ったやり方は、自分しかわからない。
実際に試してみないとわからない。

仕事術、勉強法、ストレス解消法、スケジュール管理、夢の叶え方。
世の中にはさまざまな方法があって目移りしてしてしまいます。
「自分に合った方法は何でしょうか」と聞く人がいます。

自分に合ったやり方は、自分しかわからない。実際に試してみないとわからない。

まな板は毎日、傷つく仕事に堪えて頑張っている。
まな板に感謝してしすぎることはない。

あなたが愛用しているまな板を見てみてください。
表面には刃物の傷跡がびっしり付いているでしょう。
浅くて小さな傷もあれば、深くて目立つ傷跡もあるでしょう。

まな板は毎日、傷つく仕事に堪えて頑張っている。まな板に感謝してしすぎることはない。

コピーを始めるとき、忘れがちなファーストステップとは。

コピーを取るとき、あなたはまず何から始めますか。
ボタン操作や用紙の角度チェックから始める人が多いですが、実はもっと大切で、忘れがちなファーストステップがあります。
コピー機のガラス面をきれいにすることです。

コピーを始めるとき、忘れがちなファーストステップとは。

どうせ忘れるからといって最初から覚えないのはよくない。
忘れてもいいから積極的に覚えていく。

「どうせ忘れるからといって覚えません」という人がいます。
たしかに記憶は永遠ではありません。
機械の記憶とは違い、人の記憶は不確実で、だんだん忘れるようにできています。

どうせ忘れるからといって最初から覚えないのはよくない。忘れてもいいから積極的に覚えていく。

花は美しい。
花を買うあなたも美しい。

花には素晴らしい力があります。
花は、心に平和と安心をもたらす存在です。
生活に潤いと明るさを与えてくれます。

花は美しい。花を買うあなたも美しい。

スマホの不要な電話番号を削除するのも、掃除の1つ。

スマホの掃除をしましょう。
スマホの掃除といえば、ケースや本体をイメージしますが、その限りではありません。
電話帳の掃除をお忘れではないでしょうか。

スマホの不要な電話番号を削除するのも、掃除の1つ。

行きつけの飲食店であっても、飾られている絵画を見逃している人は多い。

あなたが行きつけの飲食店があるでしょう。
行きつけのカフェやレストランです。
突然ですが、行きつけの飲食店に飾ってある絵画に注目してみてください。

行きつけの飲食店であっても、飾られている絵画を見逃している人は多い。

1回怒って1つ年を取ったら、1回笑って取り返すのではない。
2回笑って若返るのだ。

中国のことわざに「一笑一若、一怒一老」という言葉があります。
「一笑一若」とは「1回笑えば、1つ若返る」という意味です。
笑いは心身に好影響を及ぼす感情です。

1回怒って1つ年を取ったら、1回笑って取り返すのではない。2回笑って若返るのだ。

いい波が来たら、しっかり乗る。
人生のゴールデンタイムは、最大限に生かす。

人生では「いい波」がやってくることがあります。
何の前触れもなく、急にいい波がやってきます。
突然モテ期に恵まれることがあります。

いい波が来たら、しっかり乗る。人生のゴールデンタイムは、最大限に生かす。

訴求力を高めるには、文字サイズを大きくすることが必要。

「ウェブサイトを作ってお仕事を募集しているのですが、まったく依頼が来ません」
そんな悩みを持つ女性がいるので、どんなイメージなのか実際のサイトを見せてもらいました。
一目見て、すぐ原因がわかりました。

訴求力を高めるには、文字サイズを大きくすることが必要。

つまらなそうなことを「面白そうだ」と思えば、本当に面白く感じてくる。

つまらないことを一瞬で面白く変える方法があります。
「面白そうだ」と思ってみるのです。
わざとポジティブに思い込んでみましょう。

つまらなそうなことを「面白そうだ」と思えば、本当に面白く感じてくる。

季節外れのスキーやスノーボードを楽しむ。

スキーやスノーボードといえば、どの季節が思い浮かぶでしょうか。
まず思い浮かぶのは、やはり「冬」ではないでしょうか。
スキー場の営業には大量の雪が欠かせません。

季節外れのスキーやスノーボードを楽しむ。

掃除は、始めるまでが大変。
始めてしまえば、楽になる。

掃除で一番大変なのは何でしょうか。
掃除をすることではありません。
始めるまでが大変なのです。

掃除は、始めるまでが大変。始めてしまえば、楽になる。

同じカテゴリーの作品

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION