自分を高める
30の方法

12
1

譲る習慣は、
トラブルを減らす習慣。

譲る習慣は、トラブルを減らす習慣。 | 自分を高める30の方法

ぶつかりそうなときは、ブレーキを踏む

車の運転中、ぶつかりそうなときは、ブレーキを踏みます。

特に交差点では、車の行き交いが激しく、ぶつかりそうになることが多い。

こういうとき、アクセルを踏むのは大変危険です。

万一ぶつかれば、事故に至ります。

軽くこすっただけでも、打ちどころが悪ければ大変です。

ぶつかった相手が人であれば、命にかかわります。

一瞬の判断ミスが、一生の後悔につながる可能性もゼロではありません。

ぶつかりそうなときアクセルを踏んでいると、トラブルを起こすのは時間の問題

ぶつかりそうになった瞬間です。

アクセルを踏んで加速すれば、うまくすり抜けることができ、無事で済むこともあります。

「ぶつからなかったからよかった」と思うかもしれませんが、安心できません。

褒められることでもありません。

何事もなかったのは、運がよかっただけのことです。

運が悪ければ、トラブルにつながっていたことでしょう。

少しでもタイミングがずれていれば、事故に至っていた可能性があります。

ぶつかりそうなときアクセルを踏んでいると、トラブルを起こすのは時間の問題です。

道を譲ることは安全習慣

ぶつかりそうになったとき、アクセルを踏むのではありません。

ブレーキを踏むのです。

いったん停止をして、相手に道を譲りましょう。

時間がなくて急いでいても、大きく深呼吸をして道を譲ります。

「お先にどうぞ」です。

道を譲ることは安全習慣です。

譲る習慣があれば、事故の発生率が激減します。

これは、車の運転では基本です。

おそらくあなたも普段から心がけていることでしょう。

ところが、車の運転では注意できていても、普段の人間関係となると忘れがちです。

人間関係でも、ぶつかりそうなときは、アクセルではなくブレーキを踏む

ぶつかりそうなときのマナーは、車の運転に限ったことではありません。

人間関係でも同じです。

「やりすぎたかな」

「言いすぎたかな」

「ちょっと度がすぎたかな」

ひやりとする瞬間があるでしょう。

一触即発の場面では、ぴりぴりした雰囲気が漂うものです。

「このままいくと大変なことになる。トラブルが目前に迫っている」

車の運転を思い出してください。

危険を感じたときは、ひとまずブレーキを踏みましょう。

頭で考えるのは後です。

もたもた考えているうちに、ぶつかってしまいます。

まずブレーキを踏んで、いったん停止します。

そして相手に道を譲りましょう。

時間がなくて急いでいても、ここが正念場です。

心に余裕がなくてむかむかしていても、立ち止まってください。

大きく息を吸って余裕を作り、冷静を取り戻すことです。

そして、相手に道を譲りましょう。

譲るマナーがきちんと実行できれば、人生のトラブルは激減します。

ぶつかりそうになったときは、自分に非がなくても謝っておくほうがいい

ぶつかりそうになったときは、ひとまず謝るようにしましょう。

「失礼しました」

「すみませんでした」

「申し訳ございません」

一言の謝罪でいいのです。

「自分は何も悪くない」と思うかもしれませんが、心を大きく持つことです。

自分が悪くなくても「ごめんなさい」と謝っておくほうが無難です。

ひとまず謝っておくことで、トラブルのリスクを下げることができます。

相手がむっとしていても、静まるのが早くなります。

これが余裕です。

ひやりとしたときは、自分に非がなくても、ひとまず謝っておくほうがスマートです。

譲る習慣は、トラブルを減らす習慣です。

自分を高める方法(12)
  • 運転でも人間関係でも、ぶつかりそうなときは、アクセルではなくブレーキを踏む。
心の状態を体温に例えると、わかりやすくなる。

自分を高める30の方法
自分を高める30の方法

  1. 向上心を持つことも、向上の1つ。
    向上心を持つことも、向上の1つ。
  2. 「間に合うかな」と焦る時点でアウト。
    「間に合うかな」と焦る時点でアウト。
  3. 「口喧嘩」と呼ぶから印象が悪い。<br>「本音のぶつけ合い」と呼べば、印象がよくなる。
    「口喧嘩」と呼ぶから印象が悪い。
    「本音のぶつけ合い」と呼べば、印象がよくなる。
  4. 「前から思っていたんだけど」と前置きしてから褒めれば、感動が倍増する。
    「前から思っていたんだけど」と前置きしてから褒めれば、感動が倍増する。
  5. 「なんだか品がある」という人は、背筋が伸びている。
    「なんだか品がある」という人は、背筋が伸びている。
  6. 見えないところは、どうやって褒めていけばいいのか。
    見えないところは、どうやって褒めていけばいいのか。
  7. くよくよする暇があるなら、仕事をしよう。<br>仕事をすることが、くよくよから抜け出す近道。
    くよくよする暇があるなら、仕事をしよう。
    仕事をすることが、くよくよから抜け出す近道。
  8. 応援されないとできないことは、好きなことではない。<br>才能は、応援されなくてもできるところにある。
    応援されないとできないことは、好きなことではない。
    才能は、応援されなくてもできるところにある。
  9. 何をやっても気持ちが切り替わらないときは、そのままでいい。
    何をやっても気持ちが切り替わらないときは、そのままでいい。
  10. 決断力を鍛えたいなら、まず判断力を鍛えなければいけない。
    決断力を鍛えたいなら、まず判断力を鍛えなければいけない。
  11. 眉間には、いらいらを鎮めるスイッチがある。
    眉間には、いらいらを鎮めるスイッチがある。
  12. 譲る習慣は、トラブルを減らす習慣。
    譲る習慣は、トラブルを減らす習慣。
  13. 心の状態を体温に例えると、わかりやすくなる。
    心の状態を体温に例えると、わかりやすくなる。
  14. 人の悪口を言うのはNG。<br>自分の悪口を言うのもNG。
    人の悪口を言うのはNG。
    自分の悪口を言うのもNG。
  15. 体調の良しあしと健康の良しあしは別問題。
    体調の良しあしと健康の良しあしは別問題。
  16. 遅刻してきた人に「来るのが遅い!」と怒るのではない。<br>「大丈夫でしたか」と優しく接する。
    遅刻してきた人に「来るのが遅い!」と怒るのではない。
    「大丈夫でしたか」と優しく接する。
  17. 同じ靴を2日続けて履かない。<br>昨日と同じ靴を履くと、昨日の倦怠感を引きずることになる。
    同じ靴を2日続けて履かない。
    昨日と同じ靴を履くと、昨日の倦怠感を引きずることになる。
  18. 不仲の改善は、ぎくしゃくする段階で対処するのがベター。
    不仲の改善は、ぎくしゃくする段階で対処するのがベター。
  19. 負けてもいい。<br>損をしてもいい。<br>トータルで勝って、得をすればいい。
    負けてもいい。
    損をしてもいい。
    トータルで勝って、得をすればいい。
  20. 落ち込んでいるときは、元気の出る本を読もう。<br>元気の出る考え方を吸収できるベストタイミング。
    落ち込んでいるときは、元気の出る本を読もう。
    元気の出る考え方を吸収できるベストタイミング。
  21. 準備が間に合わなくても、うまくいくと信じる。
    準備が間に合わなくても、うまくいくと信じる。
  22. 本番に弱くても「本番に強い」と思うことが大切。
    本番に弱くても「本番に強い」と思うことが大切。
  23. 初対面から深い話をしてもいい。
    初対面から深い話をしてもいい。
  24. 小さな差を積み重ねていくことが、圧倒的な差につながる。
    小さな差を積み重ねていくことが、圧倒的な差につながる。
  25. どん底ではない。<br>どん底にいると思い込んでいるだけだ。
    どん底ではない。
    どん底にいると思い込んでいるだけだ。
  26. いつも無難な服ばかりになっていませんか。<br>たまには「挑戦的な服」を着てみよう。
    いつも無難な服ばかりになっていませんか。
    たまには「挑戦的な服」を着てみよう。
  27. 抗菌グッズより免疫力を高めるほうが大事。
    抗菌グッズより免疫力を高めるほうが大事。
  28. 嫌なことがあったら「いいことがあった」と考えよう。<br>理由は後から考える。
    嫌なことがあったら「いいことがあった」と考えよう。
    理由は後から考える。
  29. 相手の話を遮る人は、信頼関係を築けない。<br>相手の話を最後まで聞ける人が、信頼関係を築ける。
    相手の話を遮る人は、信頼関係を築けない。
    相手の話を最後まで聞ける人が、信頼関係を築ける。
  30. 残り時間は少なくてもいい。<br>時間が限られているほうが、たくさんのことができる。
    残り時間は少なくてもいい。
    時間が限られているほうが、たくさんのことができる。

同じカテゴリーの作品

5:12

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION