才能

才能を生かす
30の方法

読んだ お気に入り9
26

才能を活用すべきか。
それともまだ磨くべきか。

才能を活用すべきか。それともまだ磨くべきか。 | 才能を生かす30の方法

才能を生かすことを想像するときには、まずコップの水を想像すると分かりやすくなります。

才能を見つけ、磨く段階というのは、まだコップに水をため続けているという段階です。

才能を磨く段階と生かす段階との境界線は、曖昧です。

自分は活用する段階だと思っても、ほかの人から見ればまた磨くべきだと思われることがあります。

自分はまだ磨く段階だと思っても、他人から見ればもう活用すべき段階に十分入っていると思われるときもあります。

「今の才能を活用すべきか。それともまだ磨くべきか」

この曖昧な境界線を区切るのは、自分に心の満足がどのくらいあるかで決まるのです。

十分に才能を楽しみ、満足しきっている状態は、いわばコップに水がいっぱいにたまり、あふれ出ている状態です。

満足とは、コップの水が満たされきっているということです。

いっぱいになっているにもかかわらず、まだ水が入り込んでくるなら、当然コップから水がどんどんとあふれ出てしまいます。

そんな状態なら「才能は活用すべきですよ」というサインです。

嬉しい楽しい気持ちが心の中に十分に満たされており、本人は幸せでもう飽きがきているということです。

 

しかし、その一方で、コップの水がまだいっぱいになっていない状態もあります。

「まだまだ満足ではなく、もっと楽しみたい」「まだやりたいことがたくさんある」という気持ちのときです。

本人の心の問題であり、満足ではなくもっと嬉しい楽しいという水を、コップの中につぎ込みたいときです。

当然まだコップの水は、いっぱいではない状態です。

こんなときはまだ磨く段階であり、活用する前に本人の気持ちが十分に満たされるまで、さらに磨きをかけて楽しむことが大切です。

「まだ十分に楽しみきっていない」というほうがぴんとくるかもしれませんね。

もっと楽しんで遊びきってから多少の飽きがきて、分け与える余裕が出てきたときに「人のために活用してみよう」と思います。

才能そのもので磨くと活用を区切るのは難しく、本人に満足があるかないかで決まるのです。

「もう遊びきった。楽しみきった。次のステップに移りたい」というときには活用の段階です。

「まだまだ楽しみが足りない。もっとトライしたい」というときはまだまだ磨く段階ということです。

活用する段階に入る前に、まず自分の気持ちを振り返ってみましょう。

もう十分に楽しみきりましたか。

嬉しい、楽しい、満足で、コップの水がいっぱいであふれていますか。

そうなって初めて「人のために活用しよう」という気持ちにたどり着くのです。

まとめ

才能を生かす方法 その26
  • コップの中の水がいっぱいになるまで、もっと楽しむ。
才能が朽ち果てる前に、タネをばらまこう。

もくじ
才能を生かす30の方法
才能を活用すべきか。それともまだ磨くべきか。 | 才能を生かす30の方法

  1. 才能は、神様からのプレゼント。
  2. どんな才能であろうと、その結果向かうところは幸せと喜びである。
  3. どんな才能も、役立てて初めて本当の価値が出てくる。
  4. 完璧になる前に、見切り発車をしてもいい。
  5. お金を稼ぐことはできる。
     しかし、お金のためにやってはいけない。
  6. 役立たないと思うことでも、世界のどこかに必要としている人がいる。
  7. 質で目立つ前に、量で目立とう。
  8. 人の役に立てるためには「誰のために」を意識すること。
  9. 才能を、自分の大好きな人と結びつける。
  10. 人に口にするかしないかは、相手によって使い分ける。
  11. 「何でもできるが中途半端な人」より「~しかできないが完璧な人」が必要とされる。
  12. 喜んでもらえると、もっと楽しくなっていく。
  13. 才能の発揮は、親への恩返しになる。
  14. レベルが高くなると、より低くなることができる。
  15. 世界を変える始まりは、いつもたった1人から。
  16. 世界に共通する点は「知恵」である。
  17. 才能を売り込むのはいいが、必要もない人に押し付けてはいけない。
  18. まずは無料で提供する。
    どんなものかも分からないものにお金は払えない。
  19. 量の後には、質を意識しよう。
  20. かっこよくなるためには、恥ずかしい経験が必要。
  21. 世界が平和になるような才能の活用法を考える。
  22. マーケティングに、のめり込みすぎるな。
  23. 才能を突き詰めていけば、最終地点は幸せへと行き着く。
  24. 「教わる立場」から「教える立場」へ。
  25. 客観的な目を持って、才能を活用できる形へと加工する。
  26. 才能を活用すべきか。
    それともまだ磨くべきか。
  27. 才能が朽ち果てる前に、タネをばらまこう。
  28. 考えの合わない人たちと一緒にいると、夢の実現もままならない。
  29. 才能には「個人の美しさ」と「団体の強さ」がある。
    どちらにも美点がある。
  30. 才能を生かし、使命を全うする。

同じカテゴリーの作品