才能

才能を生かす
30の方法

お気に入り19 読んだ
11

「何でもできるが中途半端な人」より
「~しかできないが完璧な人」が必要とされる。

「何でもできるが中途半端な人」より「~しかできないが完璧な人」が必要とされる。 | 才能を生かす30の方法

一点に集中して学び続けると、どんなジャンルだろうと、最後は専門家になれます。

才能を磨き続けていくと、上手になり知識が蓄えられ、それに関する経験も豊富になります。

自分が求めれば求めるほど、それに関係したことが集まってくるようになり、専門家へと近づくのです。

世の中では、ゼネラリスト(平均的な人)よりスペシャリスト(専門家)のほうが生き残っていける世界です。

社会では何でもできる人は、どれも中途半端であるため、なかなかお呼びがかかりません。

「あれもできてこれもできますよ。でもどれも中途半端です」

意外なことにこういう人は必要とされません。

学校では、どの教科もできるように教育を受けてきましたが、社会では一転して事情が変わります。

「~しかできませんが、この分野に関しては立派にやり遂げることができます」

こういう人が求められるのです。

中途半端にやる人より、1つでも完璧にこなせる人を集め、組み合わせることで大きな仕事を完成させるパターンが多いのです。

必要とされるのは中途半端な人ではなく、専門家です。

才能を磨き、一点豪華主義になることは、これからの時代では大きな強みとなるのです。

まとめ

才能を生かす方法 その11
  • 専門家になる。
喜んでもらえると、もっと楽しくなっていく。

もくじ
才能を生かす30の方法
「何でもできるが中途半端な人」より「~しかできないが完璧な人」が必要とされる。 | 才能を生かす30の方法

  1. 才能は、神様からのプレゼント。
  2. どんな才能であろうと、その結果向かうところは幸せと喜びである。
  3. どんな才能も、役立てて初めて本当の価値が出てくる。
  4. 完璧になる前に、見切り発車をしてもいい。
  5. お金を稼ぐことはできる。
     しかし、お金のためにやってはいけない。
  6. 役立たないと思うことでも、世界のどこかに必要としている人がいる。
  7. 質で目立つ前に、量で目立とう。
  8. 人の役に立てるためには「誰のために」を意識すること。
  9. 才能を、自分の大好きな人と結びつける。
  10. 人に口にするかしないかは、相手によって使い分ける。
  11. 「何でもできるが中途半端な人」より「~しかできないが完璧な人」が必要とされる。
  12. 喜んでもらえると、もっと楽しくなっていく。
  13. 才能の発揮は、親への恩返しになる。
  14. レベルが高くなると、より低くなることができる。
  15. 世界を変える始まりは、いつもたった1人から。
  16. 世界に共通する点は「知恵」である。
  17. 才能を売り込むのはいいが、必要もない人に押し付けてはいけない。
  18. まずは無料で提供する。
    どんなものかも分からないものにお金は払えない。
  19. 量の後には、質を意識しよう。
  20. かっこよくなるためには、恥ずかしい経験が必要。
  21. 世界が平和になるような才能の活用法を考える。
  22. マーケティングに、のめり込みすぎるな。
  23. 才能を突き詰めていけば、最終地点は幸せへと行き着く。
  24. 「教わる立場」から「教える立場」へ。
  25. 客観的な目を持って、才能を活用できる形へと加工する。
  26. 才能を活用すべきか。
    それともまだ磨くべきか。
  27. 才能が朽ち果てる前に、タネをばらまこう。
  28. 考えの合わない人たちと一緒にいると、夢の実現もままならない。
  29. 才能には「個人の美しさ」と「団体の強さ」がある。
    どちらにも美点がある。
  30. 才能を生かし、使命を全うする。

同じカテゴリーの作品