執筆者:水口貴博

冷静な人になる
30の方法

20
0

常に冷静でいるためには、
日頃から落ち着いた所作を心がける。

常に冷静でいるためには、日頃から落ち着いた所作を心がける。 | 冷静な人になる30の方法

常に冷静でいるためには、日頃から落ち着いた所作を心がけることが大切です。

所作と冷静には深いつながりがあります。

キーワードは「心拍数」です。

常に冷静でいるためには「いかに心拍数を安定させるか」です。

所作が荒くなると心拍数が上がり、心拍数が上がると血圧も上がって精神も不安定になります。

所作が落ち着いていると心拍数も安定して、心拍数が安定すると血圧も安定して精神も安定します。

「心拍数=精神安定」です。

冷静だから落ち着いた所作になるのではありません。

落ち着いた所作だから冷静でいられるのです。

自分の所作を振り返ってみてください。

日頃から所作に荒いところがあるなら、イエローカードです。

日頃からできるだけ落ち着いた所作を心がけるようにしましょう。

人に物を手渡すときは、片手でさっと差し出すのではなく、両手でゆっくり丁寧に差し出します。

階段を利用する場面では、一段飛ばしはせず、一段ずつを踏んでいきます。

椅子に座るときはゆっくり腰を下ろし、椅子から立ち上がるときもゆっくり立ち上がります。

食事の際は、早食いは避け、よく噛んでゆっくり食べるようにします。

会話の際は、早口でまくし立てるような話し方は避け、ゆっくり落ち着いた話し方を意識します。

急いでいる場面では、小走りで走るより、大股で歩きます。

「飲み物を飲む」という平凡な日常場面も、できるだけ落ち着いた所作を心がけたい。

コップをゆっくりテーブルから持ちあげ、ゆっくり口につけて飲み、ゆっくりテーブルに置きます。

全体的にスローの動作を心がけると、丁寧な印象が出て、落ち着いた所作になっていきます。

一つ一つの所作に注意を向けてください。

1つの所作だけ落ち着いていればいいというものではなく、全体的な所作が落ち着いていることが大切です。

日常のほんのちょっとした心がけです。

時間がないときや急いでいるときもありますが、余裕のないときであっても、できるだけ落ち着いた所作を心がけましょう。

日頃から落ち着いた所作を心がけていれば、精神状態も安定して、常に冷静でいられます。

冷静な人になる方法(20)
  • 日頃から落ち着いた所作を心がける。
挑発には乗らない。
あおられても気にしない。
喧嘩を売られても買わない。

冷静な人になる30の方法
冷静な人になる30の方法

  1. 自分の中に「感情メーター」を持つ。
    自分の中に「感情メーター」を持つ。
  2. 落ち着いた環境は、常に冷静でいるために必要な要素。
    落ち着いた環境は、常に冷静でいるために必要な要素。
  3. 常に冷静でいるためには、掃除と整理整頓の習慣が大切。
    常に冷静でいるためには、掃除と整理整頓の習慣が大切。
  4. 冷静になるとは、心をなくしていくことではない。<br>感情のコントロールを高めることをいう。
    冷静になるとは、心をなくしていくことではない。
    感情のコントロールを高めることをいう。
  5. 感情的になりそうなポイントを避ければ、心の平和が保たれる。
    感情的になりそうなポイントを避ければ、心の平和が保たれる。
  6. 「ケセラセラの精神」を持てば、常に冷静でいられる。<br>合言葉は「なるようになるさ」。
    「ケセラセラの精神」を持てば、常に冷静でいられる。
    合言葉は「なるようになるさ」。
  7. できるだけ暗い時間帯は避け、明るい時間帯を大切にしよう。<br>日光を味方につけることが、冷静の鍵。
    できるだけ暗い時間帯は避け、明るい時間帯を大切にしよう。
    日光を味方につけることが、冷静の鍵。
  8. 冷静な人の悪口を言ってはいけない。
    冷静な人の悪口を言ってはいけない。
  9. 「冷静な私=かっこいい」というイメージを心に刻み込んでおく。
    「冷静な私=かっこいい」というイメージを心に刻み込んでおく。
  10. 相手の立場に立って考える習慣があると、常に冷静でいられる。
    相手の立場に立って考える習慣があると、常に冷静でいられる。
  11. 呼吸が不安定だと、感情も不安定になる。<br>呼吸が安定すると、感情も安定する。
    呼吸が不安定だと、感情も不安定になる。
    呼吸が安定すると、感情も安定する。
  12. 目標を「2段階」に分けると、精神衛生が向上する。
    目標を「2段階」に分けると、精神衛生が向上する。
  13. 小まめなお手洗いは、冷静の維持につながる習慣。
    小まめなお手洗いは、冷静の維持につながる習慣。
  14. 落ち着きを取り戻す方法を知っているだけで、心の動揺に強くなる。
    落ち着きを取り戻す方法を知っているだけで、心の動揺に強くなる。
  15. 感情に振り回されそうになったときは「1人の静かな時間」を作る。
    感情に振り回されそうになったときは「1人の静かな時間」を作る。
  16. 動揺していても、表向きは冷静なふりをする。<br>完全になりきって演技すれば、本当にそうなる。
    動揺していても、表向きは冷静なふりをする。
    完全になりきって演技すれば、本当にそうなる。
  17. どれだけ万全であろうと、100パーセント成功する保証はない。<br>万一の事態を想定しておく。
    どれだけ万全であろうと、100パーセント成功する保証はない。
    万一の事態を想定しておく。
  18. 常に冷静な人は、持ち物が少ない。
    常に冷静な人は、持ち物が少ない。
  19. 常に冷静な人の真似をすると、常に冷静になれる。
    常に冷静な人の真似をすると、常に冷静になれる。
  20. 常に冷静でいるためには、日頃から落ち着いた所作を心がける。
    常に冷静でいるためには、日頃から落ち着いた所作を心がける。
  21. 挑発には乗らない。<br>あおられても気にしない。<br>喧嘩を売られても買わない。
    挑発には乗らない。
    あおられても気にしない。
    喧嘩を売られても買わない。
  22. 知識や経験が幅広く身についていると、冷静につながる。
    知識や経験が幅広く身についていると、冷静につながる。
  23. ストレスをためないようにしておくことで、常に冷静でいられる。
    ストレスをためないようにしておくことで、常に冷静でいられる。
  24. 悩み事を1人で抱え込まない。<br>人に意見を聞いてみると、冷静になれる。
    悩み事を1人で抱え込まない。
    人に意見を聞いてみると、冷静になれる。
  25. ネガティブ思考だから、感情が安定しない。<br>ポジティブ思考になれば、感情が安定する。
    ネガティブ思考だから、感情が安定しない。
    ポジティブ思考になれば、感情が安定する。
  26. カルシウムは、興奮のブレーキ物質。<br>常に冷静でいるためには、十分なカルシウムを摂取しておこう。
    カルシウムは、興奮のブレーキ物質。
    常に冷静でいるためには、十分なカルシウムを摂取しておこう。
  27. 「常に冷静」を意識することで、心の安定性が高まる。<br>声に出して言うと、冷静を徹底する決意が固まる。
    「常に冷静」を意識することで、心の安定性が高まる。
    声に出して言うと、冷静を徹底する決意が固まる。
  28. 「キレたら負け」を意識する。<br>大人がキレることほど見苦しいことはない。
    「キレたら負け」を意識する。
    大人がキレることほど見苦しいことはない。
  29. 常に冷静でいるためには、温度と湿度にも注意を向けたい。
    常に冷静でいるためには、温度と湿度にも注意を向けたい。
  30. なかなか冷静な人になれなくても落ち込まない。<br>未来のあなたは、冷静な人に生まれ変わっている。
    なかなか冷静な人になれなくても落ち込まない。
    未来のあなたは、冷静な人に生まれ変わっている。

同じカテゴリーの作品

ミス防止」の人気記事

1
ヒューマンエラーは、慣れたときに起こる。
ミス防止
ヒューマンエラーは、慣れたときに起こる。
ヒューマンエラーを防ぐ30の方法
2
恥ずかしさを捨てなければ、ヒューマンエラーを撲滅できない。
ミス防止
恥ずかしさを捨てなければ、ヒューマンエラーを撲滅できない。
ヒューマンエラーを防ぐ30の方法
3
ミスをして怒る上司がいる職場ほど、余計にミスが多くなる。
ミス防止
ミスをして怒る上司がいる職場ほど、余計にミスが多くなる。
間違いや失敗のない職場にする30の方法
4
口頭だけの指示は、間違いを増やす。口頭と文書の両方で指示すれば、間違えない。
ミス防止
口頭だけの指示は、間違いを増やす。
口頭と文書の両方で指示すれば、間違えない。
間違いや失敗のない職場にする30の方法
5
頭で覚えているささいなことほど、チェックシートを使って確かめる。
ミス防止
頭で覚えているささいなことほど、チェックシートを使って確かめる。
ヒューマンエラーを防ぐ30の方法
6
失敗しても許してくれるリーダーがいれば、部下は成長する。
ミス防止
失敗しても許してくれるリーダーがいれば、部下は成長する。
間違いや失敗のない職場にする30の方法
7
失敗をする原因は、人ではなく、システムにある。
ミス防止
失敗をする原因は、人ではなく、システムにある。
間違いや失敗のない職場にする30の方法
8
改善すべきは、人ではなく、プロセス。
ミス防止
改善すべきは、人ではなく、プロセス。
ヒューマンエラーを防ぐ30の方法
9
キスをすれば、ヒューマンエラーがなくなる?
ミス防止
キスをすれば、ヒューマンエラーがなくなる?
ヒューマンエラーを防ぐ30の方法
10
人を変えるためには、時間がかかる。システムを変えれば、時間はかからない。
ミス防止
人を変えるためには、時間がかかる。
システムを変えれば、時間はかからない。
間違いや失敗のない職場にする30の方法

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION