冷静な人になる
30の方法

  • 自分の中に
    「感情メーター」を持つ。
冷静な人になる30の方法

自分の中に「感情メーター」を持つ。

あなたには「感情メーター」がありますか。
感情メーターとは、現在の感情状態をメーター表示にしたものです。
物理的なものではなく、あくまで頭の中にあるイメージですが、常に冷静でいるために役立ちます。

自分の中に「感情メーター」を持つ。

落ち着いた環境は、常に冷静でいるために必要な要素。

常に冷静でいるためには「落ち着いた環境」が欠かせません。
邪魔が入らず、静かに仕事を進められる環境にいれば、常に冷静でいられます。
心がざわつくことがあっても、落ち着いた環境であれば、すぐ落ち着きを取り戻せるでしょう。

落ち着いた環境は、常に冷静でいるために必要な要素。

常に冷静でいるためには、掃除と整理整頓の習慣が大切。

机の上が散らかっていませんか。
部屋にごみが散乱していたり、机の上が散らかったりしていると、冷静の妨げになります。
目の前がごちゃごちゃしていると、雑多な刺激が視界に入ってきます。

常に冷静でいるためには、掃除と整理整頓の習慣が大切。

冷静になるとは、心をなくしていくことではない。
感情のコントロールを高めることをいう。

「冷静な人」という言葉についてよくある誤解があります。
冷静な人は、いつも感情が安定しています。
日頃から落ち着いていて、所作も上品で、振る舞いの一つ一つが丁寧です。

冷静になるとは、心をなくしていくことではない。感情のコントロールを高めることをいう。

感情的になりそうなポイントを避ければ、心の平和が保たれる。

常に冷静でいるためのシンプルな方法があります。
「あらかじめ感情的になりそうなポイントを避ける」ということです。
あらかじめ感情的になりそうなポイントを避けていれば、感情が乱れることはありません。

感情的になりそうなポイントを避ければ、心の平和が保たれる。

「ケセラセラの精神」を持てば、常に冷静でいられる。
合言葉は「なるようになるさ」。

常に冷静でいるためには「ケセラセラの精神」が大切です。
ケセラセラはスペイン語由来の言葉であり「なるようになるさ」という意味があります。
アルフレッド・ヒッチコック監督による1957年のアメリカ映画『知りすぎていた男』の主題歌で使われていた言葉です。

「ケセラセラの精神」を持てば、常に冷静でいられる。合言葉は「なるようになるさ」。

できるだけ暗い時間帯は避け、明るい時間帯を大切にしよう。
日光を味方につけることが、冷静の鍵。

常に冷静でいるためには「早寝早起き」を心がけましょう。
冷静と早寝早起きには、密接な関係があります。
もともと夜は、冷静になりにくい時間帯です。

できるだけ暗い時間帯は避け、明るい時間帯を大切にしよう。日光を味方につけることが、冷静の鍵。

冷静な人の悪口を言ってはいけない。

冷静な人になるために注意したいことがあります。
「冷静な人の悪口を言わない」ということです。
冷静な様子は、見方を変えると、そっけなくて無愛想に見えることがあります。

冷静な人の悪口を言ってはいけない。

「冷静な私=かっこいい」というイメージを心に刻み込んでおく。

冷静でいるためには、次のイメージを頭に入れておきましょう。
「冷静な私=かっこいい」です。
誰でもかっこよくなりたいと考えています。

「冷静な私=かっこいい」というイメージを心に刻み込んでおく。

相手の立場に立って考える習慣があると、常に冷静でいられる。

自分の立場だけで考えていると、主観的な視点に限定されます。
主観的な視点に限定されると、視野も思考も狭くなり、客観的な評価もできなくなります。
自分本位になってしまい、わがままな心が生まれます。

相手の立場に立って考える習慣があると、常に冷静でいられる。

呼吸が不安定だと、感情も不安定になる。
呼吸が安定すると、感情も安定する。

常に冷静でいるためには、呼吸が大切です。
常に安定した呼吸を心がけ、質の高い呼吸を実現することが大切です。
私たちは普段、呼吸をして生きています。

呼吸が不安定だと、感情も不安定になる。呼吸が安定すると、感情も安定する。

目標を「2段階」に分けると、精神衛生が向上する。

私たちが目標を立てるとき、1つであることが一般的です。
仕事でも勉強でもスポーツでも、最高とする目標を1つ掲げることでしょう。
しかし「目標の数=1つ」というのは固定観念です。

目標を「2段階」に分けると、精神衛生が向上する。

小まめなお手洗いは、冷静の維持につながる習慣。

常に冷静でいるためのポイントの1つが「小まめなお手洗いの習慣」です。
冷静とお手洗いは無関係に思うかもしれませんが、密接なつながりがあります。
小まめなお手洗いの習慣は、冷静につながる3つのメリットがあります。

小まめなお手洗いは、冷静の維持につながる習慣。

落ち着きを取り戻す方法を知っているだけで、心の動揺に強くなる。

知ることは安心につながるステップです。
常に冷静でいるためには、落ち着きを取り戻す方法を知ることが効果的です。
「知らない」と「知っている」は大きな違いです。

落ち着きを取り戻す方法を知っているだけで、心の動揺に強くなる。

感情に振り回されそうになったときは「1人の静かな時間」を作る。

感情に振り回されそうになったとき、どうすればいいのでしょうか。
ここでよくあるのは、無理に感情をコントロールすることです。
不可能ではありませんが、理性と自制心がしっかり発達した人でなければ難しいでしょう。

感情に振り回されそうになったときは「1人の静かな時間」を作る。

動揺していても、表向きは冷静なふりをする。
完全になりきって演技すれば、本当にそうなる。

常に冷静でいるために、時には「演技」も有効です。
焦りや動揺を感じたとき、そのまま表に出すのではなく、冷静のふりをしてください。
手に汗をかいていようと心臓の鼓動が早くなっていようと、表向きは平静を装います。

動揺していても、表向きは冷静なふりをする。完全になりきって演技すれば、本当にそうなる。

どれだけ万全であろうと、100パーセント成功する保証はない。
万一の事態を想定しておく。

常に冷静でいるためには「計画に対する心構え」が大切です。
計画を立てるとき、うまくいくことを前提に考えたいところですが、ここに注意があります。
入念に考えた計画であればあるほど、計画に自信がつくでしょう。

どれだけ万全であろうと、100パーセント成功する保証はない。万一の事態を想定しておく。

常に冷静な人は、持ち物が少ない。

持ち物は、たくさんあればあるほど利便性が高まると思いがちです。
万一を考えると、あれもこれも必要になってきます。
財布、スマホ、カメラ、ノートパソコン、化粧道具、メモ帳、文房具、本、新聞。

常に冷静な人は、持ち物が少ない。

常に冷静な人の真似をすると、常に冷静になれる。

あなたの身近に常に冷静な人はいませんか。
どんな職場にも常に冷静な人がいるものです。
常に冷静な人は、先生や上司や先輩など、目上の人に多い傾向があります。

常に冷静な人の真似をすると、常に冷静になれる。

常に冷静でいるためには、日頃から落ち着いた所作を心がける。

常に冷静でいるためには、日頃から落ち着いた所作を心がけることが大切です。
所作と冷静には深いつながりがあります。
キーワードは「心拍数」です。

常に冷静でいるためには、日頃から落ち着いた所作を心がける。

挑発には乗らない。
あおられても気にしない。
喧嘩を売られても買わない。

挑発には乗らないことです。
言葉や態度で挑発されると、むかむか腹が立って、何か言い返してやりたい衝動に駆られるかもしれません。
しかし、相手の挑発に乗ると、ろくなことになりません。

挑発には乗らない。あおられても気にしない。喧嘩を売られても買わない。

知識や経験が幅広く身についていると、冷静につながる。

知識・経験は、冷静に欠かせない要素です。
常に冷静でいるためには、知識と経験を幅広く身につけましょう。
「知識だけ」「経験だけ」ではなく「知識と経験の両方」を身につけることが大切です。

知識や経験が幅広く身についていると、冷静につながる。

ストレスをためないようにしておくことで、常に冷静でいられる。

仕事をする上で避けて通れないものといえば、ストレスです。
どんな仕事でも、大なり小なりストレスがあり、この運命からは逃れられません。
だからこそ上手な付き合い方が求められます。

ストレスをためないようにしておくことで、常に冷静でいられる。

悩み事を1人で抱え込まない。
人に意見を聞いてみると、冷静になれる。

悩み事があるとき、1人で抱え込むのはよくありません。
いくら考えても答えが出ないことはあります。
1人の知識や知恵には限界があります。

悩み事を1人で抱え込まない。人に意見を聞いてみると、冷静になれる。

ネガティブ思考だから、感情が安定しない。
ポジティブ思考になれば、感情が安定する。

冷静な人を目指す上で注意したいのは「ネガティブ思考」です。
ネガティブ思考とは、物事を否定的に捉える考え方のことをいいます。
ネガティブ思考の人は、何でも悪いほうに考えてしまうため、ことあるごとに感情が刺激されます。

ネガティブ思考だから、感情が安定しない。ポジティブ思考になれば、感情が安定する。

カルシウムは、興奮のブレーキ物質。
常に冷静でいるためには、十分なカルシウムを摂取しておこう。

常に冷静でいるためには、カルシウムの摂取が有効です。
カルシウムは、興奮のブレーキ物質です。
カルシウムには、神経の興奮を沈静化させ、精神を安定させる働きがあります。

カルシウムは、興奮のブレーキ物質。常に冷静でいるためには、十分なカルシウムを摂取しておこう。

「常に冷静」を意識することで、心の安定性が高まる。
声に出して言うと、冷静を徹底する決意が固まる。

常に冷静でいるための最初の一歩は「意識」です。
「常に冷静でいよう」と明確に意識してください。
さらっと意識するのではなく、強く明確に意識することが大切です。

「常に冷静」を意識することで、心の安定性が高まる。声に出して言うと、冷静を徹底する決意が固まる。

「キレたら負け」を意識する。
大人がキレることほど見苦しいことはない。

常に冷静でいるためには、日頃から意識しておきたいことがあります。
「キレたら負け」という言葉です。
感情が高ぶることはあっていいのです。

「キレたら負け」を意識する。大人がキレることほど見苦しいことはない。

常に冷静でいるためには、温度と湿度にも注意を向けたい。

温度と湿度は、脳のパフォーマンスに影響を及ぼすポイントの1つです。
温度と湿度は快・不快に影響し、快・不快は脳のパフォーマンスにも影響します。
暑すぎると、息苦しく感じたり頭もぼうっとしたりして、冷静な思考の妨げとなります。

常に冷静でいるためには、温度と湿度にも注意を向けたい。

なかなか冷静な人になれなくても落ち込まない。
未来のあなたは、冷静な人に生まれ変わっている。

冷静な人になるのはなかなか難しいことです。
学校の試験とは違い、一夜漬けで何とかなるものではありません。
「今すぐ実現」「一晩で達成」というわけにはいきません。

なかなか冷静な人になれなくても落ち込まない。未来のあなたは、冷静な人に生まれ変わっている。

同じカテゴリーの作品

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION