冷静な人になる
30の方法

2
0

落ち着いた環境は、
常に冷静でいるために必要な要素。

落ち着いた環境は、常に冷静でいるために必要な要素。 | 冷静な人になる30の方法

常に冷静でいるためには「落ち着いた環境」が欠かせません。

邪魔が入らず、静かに仕事を進められる環境にいれば、常に冷静でいられます。

心がざわつくことがあっても、落ち着いた環境であれば、すぐ落ち着きを取り戻せるでしょう。

冷静であれば、スムーズに物事を対処できます。

もちろん現実社会は単純ではありません。

落ち着いた環境にいたくても、なかなか難しい場面があるでしょう。

しかし、できる範囲でいいので取り組んでみてください。

自由が制限された環境であっても、その限られた中でできることがあるはずですから知恵を絞って工夫をしてみてください。

落ち着いた環境を実現するためには、次のような方法が有効です。

デスク周りをきれいに保つこと

まずデスク周りを少しでも落ち着いた環境に整えておきましょう。

定期的にデスク周りを掃除して、いつもきれいですっきりした状態を保っておきます。

きれいですっきりした状態であれば、それだけ仕事に集中しやすくなります。

余計な小物は置かず、シンプルにしておくことも大切です。

自分のデスクには好きなものをたくさん置きたくなりますが、置けば置くほどごちゃごちゃして集中の妨げになります。

デスクに置くのは、こだわりのものだけにしておくのがいいでしょう。

集中タイムを宣言する

いったん業務が中断すると、元の状態を回復するまでに平均23分かかると言われています。

これは大きな損失です。

そこで役立つのが「集中タイムの宣言」です。

たとえば、13時から14時まで集中タイムに設定して、そのことを周囲に宣言しておきます。

緊急の場合を除き、できるだけ話しかけないようにお願いしておきます。

携帯電話が鳴っても、13時から14時は電話に出ないで、あとから折り返すようにします。

あらかじめ宣言しておけば、周りの人は気遣ってくれるでしょう。

邪魔が入らない分だけ仕事に集中しやすくなります。

もちろん周りに迷惑をかけない程度が条件です。

どの職場でもできるわけではありませんが、許される雰囲気があれば、1つの方法として検討できるでしょう。

仕事の場所を変える

「自分のデスクでは、なかなか集中できない」

そんなときは仕事の場所を変えてみることも大切です。

たとえば、共有スペース・休憩スペース・会議室です。

職場に利用可能な共有スペースや休憩スペースがあるなら、仕事のセカンドプレイスとして利用してみるといいでしょう。

会議室も1つの選択肢です。

会議室は外部と隔絶されていて落ち着いた雰囲気があります。

利用許可が得られるなら、検討の価値があるでしょう。

一息つける場所を利用する

休憩タイムを利用して、落ち着いたカフェやレストランに行くのもおすすめです。

30分や1時間でもかまいません。

仕事の合間にほっと一息つける場所に行けば、心に余裕が生まれ、冷静でいることができます。

忙しいときなら、10分や15分でもOKです。

ほんのひとときでも心が安らぐ時間があれば、心に余裕が生まれ、冷静を取り戻していけます。

§

落ち着いた環境の中にいれば、冷静な判断ができるようになります。

心に余裕が生まれ、今まで思い浮かばなかったアイデアが浮かぶこともあるでしょう。

落ち着いた環境の実現に手間暇がかかったとしても、それだけの価値があります。

冷静な人になる方法(2)
  • デスク周りを落ち着いた環境に整える。
常に冷静でいるためには、掃除と整理整頓の習慣が大切。

冷静な人になる30の方法
冷静な人になる30の方法

  1. 自分の中に「感情メーター」を持つ。
    自分の中に「感情メーター」を持つ。
  2. 落ち着いた環境は、常に冷静でいるために必要な要素。
    落ち着いた環境は、常に冷静でいるために必要な要素。
  3. 常に冷静でいるためには、掃除と整理整頓の習慣が大切。
    常に冷静でいるためには、掃除と整理整頓の習慣が大切。
  4. 冷静になるとは、心をなくしていくことではない。<br>感情のコントロールを高めることをいう。
    冷静になるとは、心をなくしていくことではない。
    感情のコントロールを高めることをいう。
  5. 感情的になりそうなポイントを避ければ、心の平和が保たれる。
    感情的になりそうなポイントを避ければ、心の平和が保たれる。
  6. 「ケセラセラの精神」を持てば、常に冷静でいられる。<br>合言葉は「なるようになるさ」。
    「ケセラセラの精神」を持てば、常に冷静でいられる。
    合言葉は「なるようになるさ」。
  7. できるだけ暗い時間帯は避け、明るい時間帯を大切にしよう。<br>日光を味方につけることが、冷静の鍵。
    できるだけ暗い時間帯は避け、明るい時間帯を大切にしよう。
    日光を味方につけることが、冷静の鍵。
  8. 冷静な人の悪口を言ってはいけない。
    冷静な人の悪口を言ってはいけない。
  9. 「冷静な私=かっこいい」というイメージを心に刻み込んでおく。
    「冷静な私=かっこいい」というイメージを心に刻み込んでおく。
  10. 相手の立場に立って考える習慣があると、常に冷静でいられる。
    相手の立場に立って考える習慣があると、常に冷静でいられる。
  11. 呼吸が不安定だと、感情も不安定になる。<br>呼吸が安定すると、感情も安定する。
    呼吸が不安定だと、感情も不安定になる。
    呼吸が安定すると、感情も安定する。
  12. 目標を「2段階」に分けると、精神衛生が向上する。
    目標を「2段階」に分けると、精神衛生が向上する。
  13. 小まめなお手洗いは、冷静の維持につながる習慣。
    小まめなお手洗いは、冷静の維持につながる習慣。
  14. 落ち着きを取り戻す方法を知っているだけで、心の動揺に強くなる。
    落ち着きを取り戻す方法を知っているだけで、心の動揺に強くなる。
  15. 感情に振り回されそうになったときは「1人の静かな時間」を作る。
    感情に振り回されそうになったときは「1人の静かな時間」を作る。
  16. 動揺していても、表向きは冷静なふりをする。<br>完全になりきって演技すれば、本当にそうなる。
    動揺していても、表向きは冷静なふりをする。
    完全になりきって演技すれば、本当にそうなる。
  17. どれだけ万全であろうと、100パーセント成功する保証はない。<br>万一の事態を想定しておく。
    どれだけ万全であろうと、100パーセント成功する保証はない。
    万一の事態を想定しておく。
  18. 常に冷静な人は、持ち物が少ない。
    常に冷静な人は、持ち物が少ない。
  19. 常に冷静な人の真似をすると、常に冷静になれる。
    常に冷静な人の真似をすると、常に冷静になれる。
  20. 常に冷静でいるためには、日頃から落ち着いた所作を心がける。
    常に冷静でいるためには、日頃から落ち着いた所作を心がける。
  21. 挑発には乗らない。<br>あおられても気にしない。<br>喧嘩を売られても買わない。
    挑発には乗らない。
    あおられても気にしない。
    喧嘩を売られても買わない。
  22. 知識や経験が幅広く身についていると、冷静につながる。
    知識や経験が幅広く身についていると、冷静につながる。
  23. ストレスをためないようにしておくことで、常に冷静でいられる。
    ストレスをためないようにしておくことで、常に冷静でいられる。
  24. 悩み事を1人で抱え込まない。<br>人に意見を聞いてみると、冷静になれる。
    悩み事を1人で抱え込まない。
    人に意見を聞いてみると、冷静になれる。
  25. ネガティブ思考だから、感情が安定しない。<br>ポジティブ思考になれば、感情が安定する。
    ネガティブ思考だから、感情が安定しない。
    ポジティブ思考になれば、感情が安定する。
  26. カルシウムは、興奮のブレーキ物質。<br>常に冷静でいるためには、十分なカルシウムを摂取しておこう。
    カルシウムは、興奮のブレーキ物質。
    常に冷静でいるためには、十分なカルシウムを摂取しておこう。
  27. 「常に冷静」を意識することで、心の安定性が高まる。<br>声に出して言うと、冷静を徹底する決意が固まる。
    「常に冷静」を意識することで、心の安定性が高まる。
    声に出して言うと、冷静を徹底する決意が固まる。
  28. 「キレたら負け」を意識する。<br>大人がキレることほど見苦しいことはない。
    「キレたら負け」を意識する。
    大人がキレることほど見苦しいことはない。
  29. 常に冷静でいるためには、温度と湿度にも注意を向けたい。
    常に冷静でいるためには、温度と湿度にも注意を向けたい。
  30. なかなか冷静な人になれなくても落ち込まない。<br>未来のあなたは、冷静な人に生まれ変わっている。
    なかなか冷静な人になれなくても落ち込まない。
    未来のあなたは、冷静な人に生まれ変わっている。

同じカテゴリーの作品

ミス防止」の人気記事

1
ヒューマンエラーは、慣れたときに起こる。
ミス防止
ヒューマンエラーは、慣れたときに起こる。
ヒューマンエラーを防ぐ30の方法
2
恥ずかしさを捨てなければ、ヒューマンエラーを撲滅できない。
ミス防止
恥ずかしさを捨てなければ、ヒューマンエラーを撲滅できない。
ヒューマンエラーを防ぐ30の方法
3
ミスをして怒る上司がいる職場ほど、余計にミスが多くなる。
ミス防止
ミスをして怒る上司がいる職場ほど、余計にミスが多くなる。
間違いや失敗のない職場にする30の方法
4
口頭だけの指示は、間違いを増やす。口頭と文書の両方で指示すれば、間違えない。
ミス防止
口頭だけの指示は、間違いを増やす。
口頭と文書の両方で指示すれば、間違えない。
間違いや失敗のない職場にする30の方法
5
頭で覚えているささいなことほど、チェックシートを使って確かめる。
ミス防止
頭で覚えているささいなことほど、チェックシートを使って確かめる。
ヒューマンエラーを防ぐ30の方法
6
失敗しても許してくれるリーダーがいれば、部下は成長する。
ミス防止
失敗しても許してくれるリーダーがいれば、部下は成長する。
間違いや失敗のない職場にする30の方法
7
失敗をする原因は、人ではなく、システムにある。
ミス防止
失敗をする原因は、人ではなく、システムにある。
間違いや失敗のない職場にする30の方法
8
改善すべきは、人ではなく、プロセス。
ミス防止
改善すべきは、人ではなく、プロセス。
ヒューマンエラーを防ぐ30の方法
9
キスをすれば、ヒューマンエラーがなくなる?
ミス防止
キスをすれば、ヒューマンエラーがなくなる?
ヒューマンエラーを防ぐ30の方法
10
人を変えるためには、時間がかかる。システムを変えれば、時間はかからない。
ミス防止
人を変えるためには、時間がかかる。
システムを変えれば、時間はかからない。
間違いや失敗のない職場にする30の方法

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION