冷静な人になる
30の方法

26
0

カルシウムは、
興奮のブレーキ物質。
常に冷静でいるためには、
十分なカルシウムを摂取しておこう。

カルシウムは、興奮のブレーキ物質。常に冷静でいるためには、十分なカルシウムを摂取しておこう。 | 冷静な人になる30の方法

常に冷静でいるためには、カルシウムの摂取が有効です。

カルシウムは、興奮のブレーキ物質です。

カルシウムには、神経の興奮を沈静化させ、精神を安定させる働きがあります。

カルシウムが不足すると、神経の興奮が抑えにくくなることがわかっています。

怒りっぽくなったり神経過敏になったりして、感情の波に悩まされることが増えるでしょう。

朝食を抜いてカルシウム不足に陥っている子供は、いらいらしやすくなるという研究結果があるため軽視できません。

カルシウムは「冷静」という観点からも欠かせない存在です。

日頃から十分なカルシウムを摂取しておきましょう。

カルシウムといえば、歯や骨という印象を持つ人も多いのではないでしょうか。

人体にはおよそ1キログラムのカルシウムがあります。

カルシウムの99パーセントは歯や骨にあって、これを「貯蔵カルシウム」と呼びます。

残りの1パーセントは血液・細胞・組織液に含まれ、これを「機能性カルシウム」と呼びます。

カルシウムは汗にも含まれているため、汗をかけばかくほど失われます。

1リットルの汗で失われるカルシウムは、およそ40ミリグラムです。

入浴やスポーツで汗をかくとき、わずかながらカルシウムが失われていると考えてください。

1日に必要なカルシウム量は、年齢・性別によって異なります。

成人男性の場合は800~900ミリグラム、成人女性の場合は600~700ミリグラムです。

もちろん日頃からよく汗をかく人は、多めにカルシウムを摂取しておくことをおすすめします。

カルシウム不足に陥らないよう、日頃から注意することが大切です。

カルシウムの摂取は、食事が基本です。

特に乳製品と大豆製品はカルシウムに富んでいる食品です。

お昼のおやつとして、骨ごと食べられる小魚を食べてみるのもアイデアです。

苦手でなければ、牛乳もおすすめです。

牛乳コップ1杯(200ミリリットル)で、およそ200ミリグラムのカルシウムを摂取できます。

よく汗をかく人は、水分補給の際、水の代わりに牛乳に代えてみるのもいいでしょう。

食事だけで補えない場合は、サプリメントも選択肢の1つです。

サプリメントは、人類が生み出した健康ツール。

サプリメントだけに頼るのはよくありませんが、あくまで健康維持の「栄養補助食品」として利用は有効です。

冷静な人になる方法(26)
  • 日頃からカルシウムの摂取しておく。
「常に冷静」を意識することで、心の安定性が高まる。
声に出して言うと、冷静を徹底する決意が固まる。

冷静な人になる30の方法
冷静な人になる30の方法

  1. 自分の中に「感情メーター」を持つ。
    自分の中に「感情メーター」を持つ。
  2. 落ち着いた環境は、常に冷静でいるために必要な要素。
    落ち着いた環境は、常に冷静でいるために必要な要素。
  3. 常に冷静でいるためには、掃除と整理整頓の習慣が大切。
    常に冷静でいるためには、掃除と整理整頓の習慣が大切。
  4. 冷静になるとは、心をなくしていくことではない。<br>感情のコントロールを高めることをいう。
    冷静になるとは、心をなくしていくことではない。
    感情のコントロールを高めることをいう。
  5. 感情的になりそうなポイントを避ければ、心の平和が保たれる。
    感情的になりそうなポイントを避ければ、心の平和が保たれる。
  6. 「ケセラセラの精神」を持てば、常に冷静でいられる。<br>合言葉は「なるようになるさ」。
    「ケセラセラの精神」を持てば、常に冷静でいられる。
    合言葉は「なるようになるさ」。
  7. できるだけ暗い時間帯は避け、明るい時間帯を大切にしよう。<br>日光を味方につけることが、冷静の鍵。
    できるだけ暗い時間帯は避け、明るい時間帯を大切にしよう。
    日光を味方につけることが、冷静の鍵。
  8. 冷静な人の悪口を言ってはいけない。
    冷静な人の悪口を言ってはいけない。
  9. 「冷静な私=かっこいい」というイメージを心に刻み込んでおく。
    「冷静な私=かっこいい」というイメージを心に刻み込んでおく。
  10. 相手の立場に立って考える習慣があると、常に冷静でいられる。
    相手の立場に立って考える習慣があると、常に冷静でいられる。
  11. 呼吸が不安定だと、感情も不安定になる。<br>呼吸が安定すると、感情も安定する。
    呼吸が不安定だと、感情も不安定になる。
    呼吸が安定すると、感情も安定する。
  12. 目標を「2段階」に分けると、精神衛生が向上する。
    目標を「2段階」に分けると、精神衛生が向上する。
  13. 小まめなお手洗いは、冷静の維持につながる習慣。
    小まめなお手洗いは、冷静の維持につながる習慣。
  14. 落ち着きを取り戻す方法を知っているだけで、心の動揺に強くなる。
    落ち着きを取り戻す方法を知っているだけで、心の動揺に強くなる。
  15. 感情に振り回されそうになったときは「1人の静かな時間」を作る。
    感情に振り回されそうになったときは「1人の静かな時間」を作る。
  16. 動揺していても、表向きは冷静なふりをする。<br>完全になりきって演技すれば、本当にそうなる。
    動揺していても、表向きは冷静なふりをする。
    完全になりきって演技すれば、本当にそうなる。
  17. どれだけ万全であろうと、100パーセント成功する保証はない。<br>万一の事態を想定しておく。
    どれだけ万全であろうと、100パーセント成功する保証はない。
    万一の事態を想定しておく。
  18. 常に冷静な人は、持ち物が少ない。
    常に冷静な人は、持ち物が少ない。
  19. 常に冷静な人の真似をすると、常に冷静になれる。
    常に冷静な人の真似をすると、常に冷静になれる。
  20. 常に冷静でいるためには、日頃から落ち着いた所作を心がける。
    常に冷静でいるためには、日頃から落ち着いた所作を心がける。
  21. 挑発には乗らない。<br>あおられても気にしない。<br>喧嘩を売られても買わない。
    挑発には乗らない。
    あおられても気にしない。
    喧嘩を売られても買わない。
  22. 知識や経験が幅広く身についていると、冷静につながる。
    知識や経験が幅広く身についていると、冷静につながる。
  23. ストレスをためないようにしておくことで、常に冷静でいられる。
    ストレスをためないようにしておくことで、常に冷静でいられる。
  24. 悩み事を1人で抱え込まない。<br>人に意見を聞いてみると、冷静になれる。
    悩み事を1人で抱え込まない。
    人に意見を聞いてみると、冷静になれる。
  25. ネガティブ思考だから、感情が安定しない。<br>ポジティブ思考になれば、感情が安定する。
    ネガティブ思考だから、感情が安定しない。
    ポジティブ思考になれば、感情が安定する。
  26. カルシウムは、興奮のブレーキ物質。<br>常に冷静でいるためには、十分なカルシウムを摂取しておこう。
    カルシウムは、興奮のブレーキ物質。
    常に冷静でいるためには、十分なカルシウムを摂取しておこう。
  27. 「常に冷静」を意識することで、心の安定性が高まる。<br>声に出して言うと、冷静を徹底する決意が固まる。
    「常に冷静」を意識することで、心の安定性が高まる。
    声に出して言うと、冷静を徹底する決意が固まる。
  28. 「キレたら負け」を意識する。<br>大人がキレることほど見苦しいことはない。
    「キレたら負け」を意識する。
    大人がキレることほど見苦しいことはない。
  29. 常に冷静でいるためには、温度と湿度にも注意を向けたい。
    常に冷静でいるためには、温度と湿度にも注意を向けたい。
  30. なかなか冷静な人になれなくても落ち込まない。<br>未来のあなたは、冷静な人に生まれ変わっている。
    なかなか冷静な人になれなくても落ち込まない。
    未来のあなたは、冷静な人に生まれ変わっている。

同じカテゴリーの作品

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION