童心に返る
30の方法

10
0

おもちゃ売り場を歩くだけで、
童心が刺激される。
気に入ったおもちゃがあれば、
自分のために買ってみるのもよし。

おもちゃ売り場を歩くだけで、童心が刺激される。気に入ったおもちゃがあれば、自分のために買ってみるのもよし。 | 童心に返る30の方法

童心に返る場所の1つ。

それは「おもちゃ売り場」です。

ロボット、ラジコン、プラモデル、スーパーボール、キャラクターグッズ、工作キット、ボードゲーム、カードゲーム。

そこは、子供心をくすぐる魅惑の世界が広がっていて、明るくて生き生きした雰囲気に満ちています。

ユニークで楽しいおもちゃがたくさんあって、子供にとって「おもちゃパラダイス」です。

子供たちはみんな、おもちゃに釘付けになっていて笑顔になっています。

「あれが欲しい! 買ってくれないと嫌だ!」と、お母さんにねだる子供を見かけるのも、おもちゃ売り場の定番風景です。

きっとあなたも子供のころ、よく遊びに行っていたに違いありません。

そんなおもちゃ売り場ですが、大人になると、行く機会がぐっと減ります。

幼い子持ちの既婚者であれば子供と行くことはありますが、独身者の場合ほとんど行く機会がないのではないでしょうか。

久しぶりにおもちゃ売り場に行ってみる

童心に返りたいときは、おもちゃ売り場に行ってみましょう。

大きなデパートであれば、おもちゃ売り場にも力が入っているでしょう。

おもちゃ売り場を歩いていると、いろいろなおもちゃが目に飛び込んでくるでしょう。

子供たちも多くいて、はしゃぎ回っているに違いありません。

いろいろなおもちゃを見るたびに、心がわくわく躍って童心に返れます。

工夫やアイデアの詰まったおもちゃを見かけることもあり、大人が見ても感心させられるおもちゃもあるでしょう。

おもちゃ売り場をぶらぶらするだけで、よいリフレッシュにもなるはずです。

時には昔遊んだおもちゃと再会することもあるでしょう。

「懐かしい。昔これでよく遊んでいたね!」

自分が子供に戻ったような錯覚を引き起こし、童心に返れます。

気に入ったおもちゃがあれば、自分のために買ってみる

時には大人でも楽しめるおもちゃを見つけるかもしれません。

対象年齢が6歳以上ということは、20歳や30歳も含まれているということです。

「大人が遊ぶものではない」という考え方は固定観念です。

表向きは子供用であっても、大人でも普通に楽しめるおもちゃもあります。

気に入ったおもちゃが見つかれば、自分にために買ってみましょう。

子供向けのおもちゃであっても、恥ずかしがらず、自分のために買っていいのです。

「大人が楽しむものではない」と思うなら「童心に返ることができるおもちゃ」という考え方をしてみてください。

買い物でデパートに行く際、ちょっとおもちゃ売り場に寄り道するのもいいですね。

おもちゃ売り場に行くだけで、あなたは子供に戻れ、童心がよみがえってきます。

童心に返る方法(10)
  • おもちゃ売り場を歩いてみる。
  • 気に入ったおもちゃがあれば、自分のために買ってみる。
子供と水遊びを楽しむ。
童心や初心を思い出させてくれるひとときとなる。

童心に返る30の方法
童心に返る30の方法

  1. 童心に返るためには、見栄・体裁・損得勘定を捨てること。
    童心に返るためには、見栄・体裁・損得勘定を捨てること。
  2. まず童心に返ることができると信じる。
    まず童心に返ることができると信じる。
  3. 意識的に疑問を持つことから始めよう。<br>少しでも疑問が湧いたら、意識的に大きく膨らませる。
    意識的に疑問を持つことから始めよう。
    少しでも疑問が湧いたら、意識的に大きく膨らませる。
  4. 恥や体裁を気にせず、積極的な質問を心がけよう。<br>ただし、まず自分で調べる努力が欠かせない。
    恥や体裁を気にせず、積極的な質問を心がけよう。
    ただし、まず自分で調べる努力が欠かせない。
  5. 遊ぶときは、目の前のことに集中すること。
    遊ぶときは、目の前のことに集中すること。
  6. 新しいことにチャレンジしてみよう。<br>驚き・発見・感動は、童心に返るカンフル剤。
    新しいことにチャレンジしてみよう。
    驚き・発見・感動は、童心に返るカンフル剤。
  7. 遊園地は、童心に返る場所。<br>立場や年齢を忘れ、思いきり遊ぼう。
    遊園地は、童心に返る場所。
    立場や年齢を忘れ、思いきり遊ぼう。
  8. 動物園や水族館は、童心に返れる癒やしスポット。<br>たくさんの動物と出会ってたっぷり楽しもう。
    動物園や水族館は、童心に返れる癒やしスポット。
    たくさんの動物と出会ってたっぷり楽しもう。
  9. 子供のころ夢中になっていた遊びを、久しぶりに楽しんでみる。
    子供のころ夢中になっていた遊びを、久しぶりに楽しんでみる。
  10. おもちゃ売り場を歩くだけで、童心が刺激される。<br>気に入ったおもちゃがあれば、自分のために買ってみるのもよし。
    おもちゃ売り場を歩くだけで、童心が刺激される。
    気に入ったおもちゃがあれば、自分のために買ってみるのもよし。
  11. 子供と水遊びを楽しむ。<br>童心や初心を思い出させてくれるひとときとなる。
    子供と水遊びを楽しむ。
    童心や初心を思い出させてくれるひとときとなる。
  12. 幼い子供と、ままごとをしてみよう。<br>大切なことに気づかされるだろう。
    幼い子供と、ままごとをしてみよう。
    大切なことに気づかされるだろう。
  13. 昔の写真を見て、芋づる式に当時の出来事を思い出していこう。
    昔の写真を見て、芋づる式に当時の出来事を思い出していこう。
  14. 昔懐かしの駄菓子を買って、童心に返ってみる。
    昔懐かしの駄菓子を買って、童心に返ってみる。
  15. 子供向けのアニメを見て、童心に返ろう。<br>大人になった今だからこそ、見る価値がある。
    子供向けのアニメを見て、童心に返ろう。
    大人になった今だからこそ、見る価値がある。
  16. 子供のころに読んだ童話や昔話を読み返してみよう。<br>そこに含まれる教訓や含蓄に気づこう。
    子供のころに読んだ童話や昔話を読み返してみよう。
    そこに含まれる教訓や含蓄に気づこう。
  17. 絵本の読み聞かせは、自分のためにしてもいい。
    絵本の読み聞かせは、自分のためにしてもいい。
  18. 愛らしいパッケージのお菓子を買って、おいしく味わう。<br>おしゃれな箱をそのまま使うのもよし。
    愛らしいパッケージのお菓子を買って、おいしく味わう。
    おしゃれな箱をそのまま使うのもよし。
  19. 学生時代に書いた作文や卒業文集を読む。<br>新しい気づきが得られたり、客観的に自分を振り返ったりできる。
    学生時代に書いた作文や卒業文集を読む。
    新しい気づきが得られたり、客観的に自分を振り返ったりできる。
  20. 前から気になっている通信教育講座に思い切って申し込んでみよう。<br>人生の新しい扉が開いて、素晴らしいことが始まる。
    前から気になっている通信教育講座に思い切って申し込んでみよう。
    人生の新しい扉が開いて、素晴らしいことが始まる。
  21. 霜柱を踏みつぶして遊ぶ。<br>天然のおもちゃは、寒い冬からのプレゼント。
    霜柱を踏みつぶして遊ぶ。
    天然のおもちゃは、寒い冬からのプレゼント。
  22. ゲームセンターで1,000円分だけ遊んでみる。<br>童心に返って本気で楽しもう。
    ゲームセンターで1,000円分だけ遊んでみる。
    童心に返って本気で楽しもう。
  23. 本当に欲しいものなら、売り切れでも諦めるな。
    本当に欲しいものなら、売り切れでも諦めるな。
  24. 雪だるまを作ってたっぷり遊ぼう。<br>過去最高サイズにチャレンジしてみるのもよし。
    雪だるまを作ってたっぷり遊ぼう。
    過去最高サイズにチャレンジしてみるのもよし。
  25. パラパラ漫画が描いてみよう。<br>遊び心を爆発させるほど、気晴らしになる。
    パラパラ漫画が描いてみよう。
    遊び心を爆発させるほど、気晴らしになる。
  26. お祭りの日に露店巡りを楽しもう。<br>露店グルメ・露店ゲームを楽しむのも素晴らしい。
    お祭りの日に露店巡りを楽しもう。
    露店グルメ・露店ゲームを楽しむのも素晴らしい。
  27. 縁日に行って、子供に交じってゲームを楽しむ。<br>隣の子供をライバルにして遊ぶのもよし。
    縁日に行って、子供に交じってゲームを楽しむ。
    隣の子供をライバルにして遊ぶのもよし。
  28. 季節外れのクリスマスツリーを楽しんでみる。<br>1年中飾ってみるのも悪くない。
    季節外れのクリスマスツリーを楽しんでみる。
    1年中飾ってみるのも悪くない。
  29. 季節外れのスイカ割りを楽しんでみる。<br>友人とスイカ割りゲームを楽しんでみるのもよし。
    季節外れのスイカ割りを楽しんでみる。
    友人とスイカ割りゲームを楽しんでみるのもよし。
  30. オムレツ・オムライスは、絵を描いて食べるもの。<br>上手に描けたら、写真を撮って、ブログやSNSにアップしよう。
    オムレツ・オムライスは、絵を描いて食べるもの。
    上手に描けたら、写真を撮って、ブログやSNSにアップしよう。

同じカテゴリーの作品

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION