執筆者:水口貴博

まとめ
(忍耐力を鍛える30の方法)
忍耐力を鍛える30の方法

  • 「忍耐力を鍛えて心を強くする」と宣言する。
  • あえて厳しい環境に身を置く。
  • 有酸素運動で、忍耐力の平均値を上げる。
  • 自分で自分に課題を与える習慣を持つ。
  • 間違いや失敗を隠したりごまかしたりするのはやめる。
  • トラブルが起こったときこそ、冷静になる。
  • 身銭を切ってストレスを経験する。
  • 自己暗示をかける3つのポイントを意識する。
  • 面倒だと思ったときこそ自分にむちを打って、行動を促す。
  • いらいらしたときこそ、にっこりする。
  • 諦めそうになっても、安易に諦めず、もう少し頑張ってみる。
  • メンタルトレーニングは、義務感ではなく、好んでする。
  • 不毛なことは、積極的に受け流す。
  • 「自分のため」より「人のため」に行動する。
  • 文句・悪口・不平不満を言わない。
  • 普通に取り組むのではなく、のめり込んで仕事をする。
  • 迷ったときは、いつもと違う選択肢を選ぶようにする。
  • 「無理です」「できません」を軽々しく言わない。
  • 自分から嫌いな人に挨拶をする。
  • 自分は悪くないのに謝らなければいけない経験を通して、忍耐力を鍛える。
  • 不安なときは、忙しくなる。
  • 無駄話でも、むっとせず、にこにこしながら聞く。
  • 嫌なことがあっても八つ当たりせず、飲み込んでゆっくり消化していく。
  • 嫌いなものを「おいしい」と思って食べてみる。
  • 落ち込むなら、明るく落ち込む。
  • 切羽詰まったとき「さあ、楽しくなってきたぞ」と言い聞かせる。
  • 心を強く持って、周りのペースに惑わされず、マイペースを貫く。
  • 不言実行の習慣を身につける。
  • 「苦しい」「つらい」と思ったときは「メンタルが鍛えられている」と言い換える。
  • 自分なりの鍛え方を見つける。

同じカテゴリーの作品

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION