失恋・別れ

傷つけない振り方・別れ方の
30のポイント

読んだ お気に入り0
15

不器用だから努力をしないのは違う。
不器用であっても、
努力は必要。

不器用だから努力をしないのは違う。不器用であっても、努力は必要。 | 傷つけない振り方・別れ方の30のポイント

「不器用だから、スムーズに別れられない」

「要領が悪いから、きっと相手を傷つけてしまうだろう」

 

たしかに不器用な人の場合、別れ方でも苦労する傾向があります。

特に別れ話は、告白とは違い、確実に相手を傷つけるのが分かっているだけに切り出しにくい。

 

しかし、不器用だから努力をしないのは違います。

不器用であっても、努力は必要です。

「不器用」という言葉を言い訳にして、現実から逃げないこと。

不器用なら不器用なりに、ベストを目指して努力しましょう。

不器用であっても、練習すれば、別れ方がうまくなります。

面接と同じです。

面接の受け答えは、練習すれば誰でも上達するように、別れ話のやりとりも、練習すれば誰でも上達します。

わざわざ練習するのが恥ずかしいなら、イメージトレーニングだけでもかまいません。

普通の人より不器用なら、普通の人より入念に計画や準備をすればいいだけのこと。

不器用という自覚があるなら、ますます練習量が必要です。

ハウツーや体験談などを参考にすれば、別れを経験したことがなくても、ある程度ポイントを理解できます。

スムーズにいくとは限りませんが、目指す努力はできるはず。

不器用であってもいい。

不器用なら、不器用なりに努力をしましょう。

努力に応じて、別れ方もスムーズになります。

まとめ

傷つけない振り方・別れ方のポイント その15
  • 不器用であっても、努力はする。
けなしながら別れようとすると、こじれる。
褒めながら別れようとすると、うまくいく。

もくじ
傷つけない振り方・別れ方の30のポイント
不器用だから努力をしないのは違う。不器用であっても、努力は必要。 | 傷つけない振り方・別れ方の30のポイント

  1. 独身を貫くと決めているなら、早めに伝えておくのが賢明。
  2. 別れ話の前は、いくら迷ってもいい。
     ただし別れ話を切り出す場面になれば、もう迷ってはいけない。
  3. すべてを一度に進めようとしない。
    できることから少しずつ始めよう。
  4. 参考にしたいのは、相手の過去の別れ。
  5. 別れた後の未来は、本当に明るいのか。
  6. 交際の評価は、最後まで分からない。
  7. 面接の練習はするのに、なぜ別れ話の練習はしないのだろう。
  8. 別れ話で別れる方法と自然消滅で別れる方法。
    別れるなら、どちらがよいのか。
  9. 別れ話を切り出すときに注意したい姿勢。
  10. 恋人と別れるためには、喧嘩が必要なのか。
  11. 相手を傷つけたくなければ「自分が悪い」という理由にしておくのが無難。
  12. 「好きか分からなくなった」という言い方は要注意。
  13. 相手がしつこい性格なら「ほかに好きな人ができた」という理由には注意する。
  14. 別れ話は、涙を流しながら話し合ったほうがいいのか。
  15. 不器用だから努力をしないのは違う。
    不器用であっても、努力は必要。
  16. けなしながら別れようとすると、こじれる。
    褒めながら別れようとすると、うまくいく。
  17. 傷つけまいとして別れ話を切り出さない人が、一番嫌われる。
  18. 体験談やマニュアルから得られるのは、正解ではなく、ヒント。
  19. 別れ話がこじれやすい3つの言葉。
    「いつも」「必ず」「絶対」。
  20. かっこいい失恋をしたければ「自分は悪者でもかまわない」と思うのがコツ。
  21. すべて言いたくても、すべて言ってはいけない。
  22. 別れ話を切り出したとき、取り乱す相手を見下さない。
  23. ひどい別れ方をして苦しむのは、相手だけではない。
    自分も苦しむ。
  24. 最も無難な別れの理由。
  25. 「別れた後、誰かと付き合うのか」と聞かれたときのベストアンサー。
  26. いらいらした瞬間こそ、別れ方を決める大切な場面。
  27. 別れの締めくくりは「さようなら」より「またね」。
  28. 別れ話を切り出させるように仕向けるのは、ありか。
  29. 別れた理由は、むやみに言いふらさない。
  30. 付き合ってすぐ別れることも、あっていい。

同じカテゴリーの作品