人生の教科書



✨ランキング✨  動画・音声
金銭感覚
本や映画を「値段が高い」と考える人は、金運が逃げる。
同棲
実家で同棲をするときのメリットとデメリット。
金銭感覚
けちなプレゼントは、かえってマイナスの印象につながる。
金銭感覚
金運のある親が子供に残す、本当の遺産とは。
金銭感覚
お金は、トラブルの原因になりやすい。
金銭感覚
お金持ちには、お金に関する「習慣」がある。

みと苦労らす
30方法

お気に入り5 読んだ
13

しくても、
1回実家帰省したい

忙しくても、年に1回は実家に帰省したい。 | お金の悩みと苦労を減らす30の方法

事の都合で、実家を離れ、都会で働いている人も多いでしょう。

都会のほうが雇用は多く、賃金も高い傾向があります。

都会には商品もサービスも集まっているので、便利に暮らすには最高です。

 

さて、そんな都会に出て働いている人を悩ませるのが、帰省です。

実家に帰るには、費用・時間・労力がかかります。

帰省したほうがいいと分かっていても、面倒に思い、実家には帰らない人も多いのではないでしょうか。

 

たしかに事情はあるでしょうが、せめて年に1回は、実家に帰りましょう。

こうしたときは「親に会うのが最後かもしれない」と考えるのです。

不謹慎ではありますが、もう二度と親に会えなくなる可能性もゼロではありません。

親もある程度の年齢になると、いつ亡くなってもおかしくありません。

突然の病や交通事故で、急死する可能性が十分考えられます。

もしあなたが親だったときを想像してみてください。

わが子に1年に1回すら会えないと、やはり寂しく思うでしょう。

大事に育てたわが子が、社会に出て働くのは嬉しい一方、やはり年に1回くらいは顔を見たいと思うもの。

仕事も大切ですが、親も大切です。

顔を見せるだけでも、親孝行です。

仕事で忙しいかもしれませんが、年に1回は実家に帰省しましょう。

もちろん余裕があれば、年に2回でも3回でもかまいません。

  • 「親に会うのが最後かもしれない」

自分に言い聞かせ、人生で後悔しない選択をしてください。

お金の悩みと苦労を減らす方法 その13

  • 「親うのが最後かもしれない自分かせ、
    1回実家帰省する
裕福な家に生まれてこなかった人生の愚痴を言っても仕方ない。

もくじ
(お金の悩みと苦労を減らす30の方法)

同じカテゴリーの作品