執筆者:水口貴博

履歴書を郵送で提出するときの30のマナー

30

履歴書の提出後、誤りに気づいた。再提出したほうがいいのか。

履歴書の提出後、誤りに気づいた。再提出したほうがいいのか。 | 履歴書を郵送で提出するときの30のマナー

再提出は、控えたほうが賢明です。

エントリーシートであれ、履歴書であれ、全体的な修正でもないかぎり、再提出は避けたほうがいいでしょう。

同一人物からほぼ同じ履歴書が2通届くと、整理が紛らわしくなるからです。

採用担当者の手間も増えるため、印象もよくありません。

修正ができないのは悔しいかもしれませんが、就職活動における常識と考えましょう。

では、どんな間違いでも訂正は不要かというと、そうではありません。

訂正を伝えるべきかの判断は、誤りの種類や度合いによります。

まず軽微な誤字脱字は、そのままにしておくほうがいいでしょう。

自己PRや志望動機なども、多少の誤りに気づいたとしても、再提出しないほうが賢明です。

その一方で誤りがあれば、訂正が必要な箇所があります。

連絡先です。

履歴書を提出後、企業から応募者に連絡を取る場合があります。

応募者の住所に資料を送ったり、電話番号に連絡を取ったり、ファックスを送ったりなどです。

連絡先に誤りがあると確実に不都合が生じるため、誤りがあるとわかれば、すぐ訂正の連絡が必要です。

訂正の連絡方法は、書類の再提出ではなく、メールか電話でピンポイントに伝えたほうが早くてスムーズです。

誤りがあるとわかれば、行き違いがないよう、できるだけ早く訂正の連絡を入れましょう。

さて、こうした事態を防ぐためにも、提出前は入念な確認が大切です。

誤字脱字や記入漏れのある履歴書は、印象がよくありません。

一度の確認だけで満足せず、何度も確認したうえで提出するようにしましょう。

履歴書を郵送で提出するときのマナー(30)
  • 連絡先に誤りがあるとわかれば、メールか電話で、すぐ訂正の連絡をする。
  • 連絡先を除いた誤りは、そのままにしておく。
まとめ

履歴書を郵送で提出するときの30のマナー

  1. 郵送方法も、選考に影響する可能性がある。
  2. 封筒も、応募書類の一部。
  3. 提出方法の指定は、きちんと守る。
  4. 転職に会社用の封筒や便箋を使うのは、私的流用。
  5. 履歴書を提出する際、送付状は必要か。
  6. 送付状に、押印は必要か。
  7. できるだけ書類のサイズを統一させる。
  8. 制限されていなければ、任意で補足資料を提出できる。
  9. 封筒に入れる履歴書は、クリアファイルに入れておく。
  10. どんな筆記用具を使って書くかで、印象はずいぶん変わる。
  11. 住所氏名や郵便番号の省略や簡略は、不適切。
  12. 採用担当者が複数名の場合、どう宛名を書けばいいのか。
  13. なぜ、差出人の住所氏名も書かなければいけないのか。
  14. 住所氏名の字の大きさは、差出人と受取人とで変える。
  15. 封筒の表側に「履歴書在中」「応募書類在中」などの一言を添えたほうが丁寧。
  16. なぜ「履歴書在中」「応募書類在中」などと書かなければならないのか。
  17. 封筒の裏にも、日付をきちんと記載する。
  18. ビジネスでは、個性的な切手を使わない。
  19. 切手を、最初に貼りますか。
    最後に貼りますか。
  20. 切手料金は、少なすぎても多すぎてもいけない。
  21. 切手の枚数は、できるだけ最小限にする。
  22. 不備がないかの一手間を省略しない。
  23. 履歴書は、提出する前、コピーを取っておく。
  24. 複数の応募書類は、入れる順が重要。
  25. うっかり忘れやすい、締めのマーク。
  26. 速達にすると、印象がよくなるのか。
  27. 履歴書を早めに出したほうがいい本当の理由とは。
  28. 投函したことを連絡するメールがあると、より好印象。
  29. 一度ポストに投函した郵便物を取り戻す方法。
  30. 履歴書の提出後、誤りに気づいた。
    再提出したほうがいいのか。

同じカテゴリーの作品

2:30

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION