明るい性格になる
30の方法

25
64

いつも明るくいたければ
「比べること」はやめること。

いつも明るくいたければ「比べること」はやめること。 | 明るい性格になる30の方法

いつも明るくいたければ、人と比べるのをやめましょう。

「相手より上なのか下なのかにこだわるのをやめる」ということです。

  • 点数が上か下か
  • 評価が高いか低いか
  • 人気があるかないか

比べる行為をすべて、やめることです。

性格の明るい人は、相手が自分より評価が高くても、明るく振る舞えます。

「人は人、自分は自分」という考え方になっているからです。

生まれも育ちも人生を歩んできた道のりは、人それぞれです。

それぞれが違った環境を通して育ってきているのですから「比べる」ということは、本来できるわけがありません。

明るい人は、このことをよく理解できています。

いくら相手が自分より評価が高くて人気があったとしても「人は人。自分は自分」と考えることができています。

周りに振り回されることなく、いつも自分らしく元気でいることができているのです。

それに対して暗い人は、相手が自分より評価が上か下かに、こだわります。

優劣をつけたがるのです。

それも、不必要にしつこく気にします。

自分のほうが低い評価なら落ち込み、自分のほうが高い評価なら急に元気になります。

感情の波が激しい性格になります。

なにより相手と比べることで元気になるのは、相手の不幸を笑う人間になります。

自分より評価の低い不幸な人を笑う人間になり、余計に嫌われる悪循環になります。

明るい人は「相手と自分は別なのだ」と考えることができているため、励ますときも、心から応援できます。

そのおかげで、さらに人から好かれて愛される好循環になるのです。

明るい人はどんどん明るくなれ、暗い人はどんどん暗くなってしまうという対照的な仕組みの秘密は、ここにあります。

人の不幸を笑って、そのおかげで自分が元気になるという、嫌な性格の人間になりたいですか。

それは誰にとっても嫌なことです。

人の幸せを、自分の幸せであるかのように、心から喜べる心のきれいな人が、人から愛される人です。

そのためにも、今から人と比べることをやめることです。

比べることは、点数や評価で簡単にできることですが、人の評価は点数では表すことはできないのです。

明るい性格になる方法(25)
  • 人と比べるのは、やめる。
あなたの素晴らしさは、点数では表現しきれない。

明るい性格になる30の方法
明るい性格になる30の方法

  1. 明るい性格になるには、明るい考え方が必要。
    明るい性格になるには、明るい考え方が必要。
  2. 嫌なことがあったときは、意味のあることと考える。
    嫌なことがあったときは、意味のあることと考える。
  3. 「意味のあることを見つけること」が「成長する」ということ。
    「意味のあることを見つけること」が「成長する」ということ。
  4. 「明るい人」になりたければ「行動する人」になればいい。
    「明るい人」になりたければ「行動する人」になればいい。
  5. 何事も、否定しないようにする。
    何事も、否定しないようにする。
  6. 明るい性格になるためには、本来あるべきあなたを「素直」に出せばいい。
    明るい性格になるためには、本来あるべきあなたを「素直」に出せばいい。
  7. 素直な自分になれない原因は、見栄やプライドが邪魔をしているから。
    素直な自分になれない原因は、見栄やプライドが邪魔をしているから。
  8. 明るい口癖が、明るい性格に変えていく。
    明るい口癖が、明るい性格に変えていく。
  9. 自分から進んで、人を好きになる。
    自分から進んで、人を好きになる。
  10. 「できない」という言葉を口にしない。
    「できない」という言葉を口にしない。
  11. あなたは、神様以上に強い力を持っている。
    あなたは、神様以上に強い力を持っている。
  12. できないことには目を向けず、できることだけに、目を向けていればいい。
    できないことには目を向けず、できることだけに、目を向けていればいい。
  13. 迷っているということは、どちらでもいいということ。
    迷っているということは、どちらでもいいということ。
  14. 明るい人は、いつも整理整頓がされている。
    明るい人は、いつも整理整頓がされている。
  15. 紙に書く癖をつけよう。
    紙に書く癖をつけよう。
  16. 失敗は、成功以上に素晴らしいことを教えてくれる先生。
    失敗は、成功以上に素晴らしいことを教えてくれる先生。
  17. 暗い人は、変化を「恐れ」と感じる。<br>明るい人は、変化を「新鮮」と感じる。
    暗い人は、変化を「恐れ」と感じる。
    明るい人は、変化を「新鮮」と感じる。
  18. 明るくなるためには「絶対」という口癖をやめればいい。
    明るくなるためには「絶対」という口癖をやめればいい。
  19. 暗い人は「これでいいのか」と悩む。<br>明るい人は「これでいいのだ」と元気になる。
    暗い人は「これでいいのか」と悩む。
    明るい人は「これでいいのだ」と元気になる。
  20. 弱気になりそうなときこそ、開き直って強気になる。
    弱気になりそうなときこそ、開き直って強気になる。
  21. 暗い人は「だらだら」になっている。<br>明るい人は「てきぱき」になっている。
    暗い人は「だらだら」になっている。
    明るい人は「てきぱき」になっている。
  22. 明るい人は、理解のある人。
    明るい人は、理解のある人。
  23. 感謝をする人は、明るい人生を送ることができる。
    感謝をする人は、明るい人生を送ることができる。
  24. 運がいいと思えば、その人は運がよくなる。<br>運が悪いと思えば、その人は運が悪くなる。
    運がいいと思えば、その人は運がよくなる。
    運が悪いと思えば、その人は運が悪くなる。
  25. いつも明るくいたければ「比べること」はやめること。
    いつも明るくいたければ「比べること」はやめること。
  26. あなたの素晴らしさは、点数では表現しきれない。
    あなたの素晴らしさは、点数では表現しきれない。
  27. 暗い人は、弱みを隠そうとする。<br>明るい人は、弱みをさらけ出そうとする。
    暗い人は、弱みを隠そうとする。
    明るい人は、弱みをさらけ出そうとする。
  28. 競争は「他人」とするのではなく「過去の自分」とする。
    競争は「他人」とするのではなく「過去の自分」とする。
  29. 人の心は、読むものではなく、感じるもの。
    人の心は、読むものではなく、感じるもの。
  30. 「明るくなる」ということは「本来ある自分を取り戻す」ということ。
    「明るくなる」ということは「本来ある自分を取り戻す」ということ。

同じカテゴリーの作品

3:03

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION