明るい性格になる
30の方法

30
35

「明るくなる」ということは
「本来ある自分を取り戻す」ということ。

「明るくなる」ということは「本来ある自分を取り戻す」ということ。 | 明るい性格になる30の方法

たくさんの「性格の明るい私になる方法」を学び、勘の鋭い人は気づいたのではないかと思います。

実は、この「性格の明るい私になる方法」は「本来ある自分を取り戻す方法」にもつながることなのです。

あなたは本来、元気で明るい人間です。

それが、社会のルールや、学校のルール、友人からの評価などで、本来あるべき自分を出せないでいてしまっている。

ゆえに元気がなくなってしまうのです。

人間は、本来元気な生き物です。

ほうっておいてもおなかがすくし、ほうっておいても自然と眠くなります。

これらはすべて、人間が元気な方向へ向かおうとしている「心のサイン」です。

それをこの地球に生きる人々が作った「ルール」というものによって、本来あるべき自分を抑え込んでしまっているのです。

しかし、世の中には、明るく元気な人がいます。

少なからずその人たちは、幸運にも「本来あるべき自分でいられる考え方」に気づくことができた人たちなのです。

周りの評価を気にしないこと、自分は自分と考える習慣、素直になることで本当の自分を出していくこと。

こうした明るくなるコツを、生まれ育った環境から、身につけることができたのです。

私も、よく性格が明るいといわれます。

自分でもなぜなのかと考えたとき「本来あるべき自分を出すコツ」を親や友人、経験などを通して自然と身につけていたのです。

ここに書いてあることを友人に話すと、みんな「なるほどね」と言いますが、私には「当たり前のこと」です。

自分が生まれ育った環境と今までの経験から、いつの間にか自然と身につけてしまっていました。

私に限らず、性格の明るいと言われている人は、意識のうちにこうした習慣を身につけている人たちです。

身につけているから、周りに振り回されず、自分らしく生きることができ、結果として明るくなれているのです。

もしこの本に書いてある文章で「そうか!」と気づく部分があれば、あなたの「足りない部分」です。

すでに明るい人がこの本に書いてある文章を読んでも「そりゃそうでしょ」と当たり前の顔をして答えることでしょう。

ここに書いてあることは、明るい人が身につけている、明るくなるための当たり前の「考え方」だからです。

「考え方」を改めることで、あなたは本来あるべき自分を出せます。

本来あるべき明るさと元気も、取り戻していくことができるのです。

明るくなるというのは、本来あるべき自分を「取り戻す」だけで、よかったのです。

明るい性格になる方法(30)
  • 考え方を改め、本来あるべき自分を取り戻す。
まとめ

明るい性格になる30の方法
明るい性格になる30の方法

  1. 明るい性格になるには、明るい考え方が必要。
    明るい性格になるには、明るい考え方が必要。
  2. 嫌なことがあったときは、意味のあることと考える。
    嫌なことがあったときは、意味のあることと考える。
  3. 「意味のあることを見つけること」が「成長する」ということ。
    「意味のあることを見つけること」が「成長する」ということ。
  4. 「明るい人」になりたければ「行動する人」になればいい。
    「明るい人」になりたければ「行動する人」になればいい。
  5. 何事も、否定しないようにする。
    何事も、否定しないようにする。
  6. 明るい性格になるためには、本来あるべきあなたを「素直」に出せばいい。
    明るい性格になるためには、本来あるべきあなたを「素直」に出せばいい。
  7. 素直な自分になれない原因は、見栄やプライドが邪魔をしているから。
    素直な自分になれない原因は、見栄やプライドが邪魔をしているから。
  8. 明るい口癖が、明るい性格に変えていく。
    明るい口癖が、明るい性格に変えていく。
  9. 自分から進んで、人を好きになる。
    自分から進んで、人を好きになる。
  10. 「できない」という言葉を口にしない。
    「できない」という言葉を口にしない。
  11. あなたは、神様以上に強い力を持っている。
    あなたは、神様以上に強い力を持っている。
  12. できないことには目を向けず、できることだけに、目を向けていればいい。
    できないことには目を向けず、できることだけに、目を向けていればいい。
  13. 迷っているということは、どちらでもいいということ。
    迷っているということは、どちらでもいいということ。
  14. 明るい人は、いつも整理整頓がされている。
    明るい人は、いつも整理整頓がされている。
  15. 紙に書く癖をつけよう。
    紙に書く癖をつけよう。
  16. 失敗は、成功以上に素晴らしいことを教えてくれる先生。
    失敗は、成功以上に素晴らしいことを教えてくれる先生。
  17. 暗い人は、変化を「恐れ」と感じる。<br>明るい人は、変化を「新鮮」と感じる。
    暗い人は、変化を「恐れ」と感じる。
    明るい人は、変化を「新鮮」と感じる。
  18. 明るくなるためには「絶対」という口癖をやめればいい。
    明るくなるためには「絶対」という口癖をやめればいい。
  19. 暗い人は「これでいいのか」と悩む。<br>明るい人は「これでいいのだ」と元気になる。
    暗い人は「これでいいのか」と悩む。
    明るい人は「これでいいのだ」と元気になる。
  20. 弱気になりそうなときこそ、開き直って強気になる。
    弱気になりそうなときこそ、開き直って強気になる。
  21. 暗い人は「だらだら」になっている。<br>明るい人は「てきぱき」になっている。
    暗い人は「だらだら」になっている。
    明るい人は「てきぱき」になっている。
  22. 明るい人は、理解のある人。
    明るい人は、理解のある人。
  23. 感謝をする人は、明るい人生を送ることができる。
    感謝をする人は、明るい人生を送ることができる。
  24. 運がいいと思えば、その人は運がよくなる。<br>運が悪いと思えば、その人は運が悪くなる。
    運がいいと思えば、その人は運がよくなる。
    運が悪いと思えば、その人は運が悪くなる。
  25. いつも明るくいたければ「比べること」はやめること。
    いつも明るくいたければ「比べること」はやめること。
  26. あなたの素晴らしさは、点数では表現しきれない。
    あなたの素晴らしさは、点数では表現しきれない。
  27. 暗い人は、弱みを隠そうとする。<br>明るい人は、弱みをさらけ出そうとする。
    暗い人は、弱みを隠そうとする。
    明るい人は、弱みをさらけ出そうとする。
  28. 競争は「他人」とするのではなく「過去の自分」とする。
    競争は「他人」とするのではなく「過去の自分」とする。
  29. 人の心は、読むものではなく、感じるもの。
    人の心は、読むものではなく、感じるもの。
  30. 「明るくなる」ということは「本来ある自分を取り戻す」ということ。
    「明るくなる」ということは「本来ある自分を取り戻す」ということ。

同じカテゴリーの作品

3:18

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION