会話

雑談の技術を磨く
30の方法

読んだ お気に入り16
26

雑談は、
共感していくだけでいい。

雑談は、共感していくだけでいい。 | 雑談の技術を磨く30の方法

できるだけ相手の話に共感してあげるようにしましょう。

否定するより、肯定するように心がけるということです。

何しろ相手の話を肯定してあげなければ、雑談が前に進まなくなり、途中で止まってしまいます。

雑談ができない人の共通点は、相手の話をすぐ否定してしまう人です。

相手の話をいちいち細かく分析し「それは違う、間違っている」と言ってしまう人とは、やはりちょっと距離を置いてしまいます。

私の知り合いにも、何でも人の話を評価する分析屋がいます。

せっかく一生懸命に話をしても「違う」と否定されては、話す気力が一気になくなります。

気の利いた言葉はいらないから、共感してくれるだけでいいのです。

「そうだね」とか「なるほどね」と言って共感してあげることは、相手にとっても嬉しいことです。

もっと話したくなるものなのです。

まとめ

雑談の技術を磨く方法 その26
  • 話に、共感する。
話したくないプライベートに、首を突っ込まないようにしよう。

もくじ
雑談の技術を磨く30の方法
雑談は、共感していくだけでいい。 | 雑談の技術を磨く30の方法

  1. 会話の達人とは、雑談の達人のこと。
  2. なぜ、好きでもない人に限って、仲良くなってしまうのか。
  3. ノウハウも結論も求めない。
  4. 中身のない話を、中身のある話に変えてしまえばいい。
  5. 会話は、テーマの脱線が面白い。
  6. テーマのない会話こそが、雑談。
  7. 細かいことに、こだわりすぎない。
  8. 無理やり話をまとめない。
  9. 答えをじらさない。
  10. 雑に会話をするから、雑談ができる。
  11. 体験談ほど、人が引き付けられる話はない。
  12. 雑談には、表情がある。
  13. うまく話そうと思えば思うほど、うまく話せなくなってしまう。
  14. 話の途中で思い出したことを、遠慮しない。
  15. 何でもいいから、返事はすぐする。
  16. 相槌上手は、雑談上手。
  17. 雑談とは、連想ゲームと同じこと。
  18. 一つ一つの会話を、短くしよう。
  19. 話の途中でも、切り捨てられる勇気を持つ。
  20. たとえつまらない話でも、笑ってあげる優しさを持つ。
  21. 雑談が、明るさを生み出す。
  22. モテる人は、雑談で口説く。
  23. 「傷つける、傷つけられる」を、必要以上に恐れない。
  24. 雑でも「礼儀」だけは忘れない。
  25. 「一生懸命さ」は、雑談を盛り上げるスパイス。
  26. 雑談は、共感していくだけでいい。
  27. 話したくないプライベートに、首を突っ込まないようにしよう。
  28. 沈黙も楽しむ雑談にしよう。
  29. 話に割り込んでしまったときには、元に戻してあげるケアをしよう。
  30. 思い出に残る話は、雑談から生まれてくる。

同じカテゴリーの作品