まとめ
(場を盛り上げる30の会話術)
場を盛り上げる30の会話術

  • 嫌いな話題より、好きなことを話題にして、話をする。
  • 反応を、これまでの1.5倍、大きくする。
  • リアクションは、言葉より表情を重視する。
  • 2回、うなずく。
  • 「どうせ誰にでも言っているんでしょ」は、禁句にする。
  • わからないときは「そういうのがわかる人は尊敬する」と言って褒める。
  • うまく負け役を、買って出る。
  • お互いの共通点を、話し合う。
  • 相手を褒めながら、質問する。
  • 「待っていました」と、言う。
  • 返事を、あと0.1秒、早く心がける。
  • 椅子の背にもたれず、前かがみになって話をする。
  • 経験がないなら「経験をしてみたい」という返事で、会話を続ける。
  • 基本は大まかに話し、必要に応じて、詳しく話す。
  • 「ありがとうございます。気が利きますね」を、口癖にする。
  • 相手の苦笑いに気づく。
  • 時計をちらりと見るくらいなら、はっきり時間を聞く。
  • 会話の勢いのまま、行動する。
  • 少し違うなと思うくらいの話なら、反論せずに、そのまま受け止める。
  • テーマについて知っていることは、聞かれる前に、積極的に話す。
  • 飴玉を、カバンに入れておく。
  • 他人と飲むお酒は、適量を守りにくいことに注意する。
  • 同じ会話は、もう二度とできない意識で、会話する。
  • 好きなことを話して、相手の豊かさを増やすお手伝いをする。
  • 好きな話が出たとき「その魅力は何?」と聞いてみる。
  • 「その気持ちわかる」より「似たような経験がある」と言う。
  • 「なぜ」「なるほど」という気の利いた返事をする。
  • 会話に正論を持ち込まず、すべてを前向きに考える。
  • 会話に圧倒されても、場の雰囲気を悪くさせないようにする。
  • 「いずれにせよ」と言いそうになったら「そういうことを踏まえて」と言い換える。

同じカテゴリーの作品

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION