プレゼン

魅力的なプレゼンをする
30のコツ

6
13

メラビアンの法則から学ぶ、
プレゼンで大切な3つのポイント。

メラビアンの法則から学ぶ、プレゼンで大切な3つのポイント。 | 魅力的なプレゼンをする30のコツ

メラビアンの法則とは、アメリカの心理学者アルバート・メラビアンが提唱した「印象に関する法則」のことです。

人と出会って印象を受ける際、どこから印象を受けるのか実験を繰り返し、以下のような万国共通の法則を発見しました。

話の内容などの言語情報が、7パーセント。

話し方(声の質・速さ・大きさ・口調)などの聴覚情報が、38パーセント。

見た目(服装・表情・しぐさ・視線)による視覚情報が、55パーセント。

この数字の並びを取って「7-38-55のルール」とも言われます。

単なる法則の1つと思って見逃しやすいのですが、プレゼンでは大いに参考になります。

プレゼンのどこから重点を置くべきか。

どこが最も重要なのか。

その重点を置くべき優先度の参考になります。

メラビアンの法則にのっとって考えると、一番大切なのは「見た目」です。

きちんとした身なりで、資料を美しく整えるという見た目を最重視します。

前を向いて、堂々と話をします。

次に「話し方」です。

ゆっくり落ち着いて話をすることで、相手に信用されるようになります。

最後に「言葉遣い」です。

礼儀正しい、丁寧な言葉遣いを意識します。

魅力的なプレゼンをするコツ(13)
  • 「見た目」「話し方」「言葉」の順に、力を入れる。
開催時間を調整できるなら、ぜひ午前中に。

もくじ
魅力的なプレゼンをする30のコツ
メラビアンの法則から学ぶ、プレゼンで大切な3つのポイント。 | 魅力的なプレゼンをする30のコツ

  1. ポインターを使っているだけで、賢く見える。
    ポインターを使っているだけで、賢く見える。
  2. プレゼンは、企画書提出の段階で、勝負の半分が決まっている。
    プレゼンは、企画書提出の段階で、勝負の半分が決まっている。
  3. SDS法とPREP法は、プレゼンでは欠かせない基本構成。
    SDS法とPREP法は、プレゼンでは欠かせない基本構成。
  4. プレゼンにテーマを作り、冒頭で発表する。
    プレゼンにテーマを作り、冒頭で発表する。
  5. 誰もが振り向くキーワードを、さりげなく含める。
    誰もが振り向くキーワードを、さりげなく含める。
  6. 上級者は、原稿なしでプレゼンを始める。
    上級者は、原稿なしでプレゼンを始める。
  7. 聞き手が眠くなるのは、問いかけないからだ!
    聞き手が眠くなるのは、問いかけないからだ!
  8. 要点は、もっと、短くできる!
    要点は、もっと、短くできる!
  9. プレゼンの最中で思わぬアクシデントが発生。<br>さあ、どうするか。
    プレゼンの最中で思わぬアクシデントが発生。
    さあ、どうするか。
  10. 相手のことを知らなければ、魅力的なプレゼンはできない。
    相手のことを知らなければ、魅力的なプレゼンはできない。
  11. プレゼンでの説明は、文語体と口語体のどちらがいいのか。
    プレゼンでの説明は、文語体と口語体のどちらがいいのか。
  12. プレゼンで必要な機器は、可能なかぎり、自分で準備する。
    プレゼンで必要な機器は、可能なかぎり、自分で準備する。
  13. メラビアンの法則から学ぶ、プレゼンで大切な3つのポイント。
    メラビアンの法則から学ぶ、プレゼンで大切な3つのポイント。
  14. 開催時間を調整できるなら、ぜひ午前中に。
    開催時間を調整できるなら、ぜひ午前中に。
  15. 資料作成に力を入れても、目的になってはいけない。
    資料作成に力を入れても、目的になってはいけない。
  16. なぜ、わざわざプレゼンを開くのか。
    なぜ、わざわざプレゼンを開くのか。
  17. よいプレゼンのために、質の高いプレゼンをたくさん受講する。
    よいプレゼンのために、質の高いプレゼンをたくさん受講する。
  18. 時代に合った、プレゼンの手本の見つけ方。
    時代に合った、プレゼンの手本の見つけ方。
  19. プレゼンが終わった後で、気を抜かない。
    プレゼンが終わった後で、気を抜かない。
  20. プレゼンで最も力を入れるべきは、最初の10分。
    プレゼンで最も力を入れるべきは、最初の10分。
  21. 重要な情報を最初に言うと、聞き手の集中力が持続しやすくなる。
    重要な情報を最初に言うと、聞き手の集中力が持続しやすくなる。
  22. 休憩を挟むと、聞き手の集中力は回復する。
    休憩を挟むと、聞き手の集中力は回復する。
  23. プレゼンと電話対応には、深いつながりがある。
    プレゼンと電話対応には、深いつながりがある。
  24. 聞き手を参加させるプレゼンは、飽きさせない。
    聞き手を参加させるプレゼンは、飽きさせない。
  25. 万が一に備え、データは2つに分けて持っていく。
    万が一に備え、データは2つに分けて持っていく。
  26. プレゼンの開始時間は、すでに発表の信頼に関わっている。
    プレゼンの開始時間は、すでに発表の信頼に関わっている。
  27. プレゼンで、不幸にちなんだ体験談を混ぜよ。
    プレゼンで、不幸にちなんだ体験談を混ぜよ。
  28. 「後で資料を見ておいてください」という言い方はやめる。
    「後で資料を見ておいてください」という言い方はやめる。
  29. プレゼンで本物を見せると、聞き手は身を乗り出す。
    プレゼンで本物を見せると、聞き手は身を乗り出す。
  30. 聞き手と目を合わせて話すことができれば、きっといいプレゼンができるに違いない。
    聞き手と目を合わせて話すことができれば、きっといいプレゼンができるに違いない。

同じカテゴリーの作品