箸の使い方の
30のマナー

4
1

器の上に、
箸を置かない。

器の上に、箸を置かない。 | 箸の使い方の30のマナー

食事中、手を休めたいときがあります。

目の前に器があると、箸を器の上に置いてしまおうとすることがあります。

うっかりやってしまいそうですが、これもタブーの1つです。

これはよく見かけます。

いけない理由は、汚れた箸先が目立ってしまうからです。

箸先は口の中に入れるため、食事の汚れがついています。

汚れた箸を、目の前にさらすのはよくありません。

箸の汚れが目立つため品がなく、食欲を減退させるのです。

箸を休めるときは、箸置きに置くのが決まりです。

箸置きがなければ、箸袋を2つに折って、箸置きの代わりにしましょう。

箸の使い方のマナー(4)
  • 箸を休めるときには、箸置きに置く。
箸で器を叩かない。

箸の使い方の30のマナー
箸の使い方の30のマナー

  1. 箸で人を指さない。
    箸で人を指さない。
  2. 何を食べようかと、箸を皿の上で迷わせないこと。
    何を食べようかと、箸を皿の上で迷わせないこと。
  3. 箸で器を引き寄せないこと。
    箸で器を引き寄せないこと。
  4. 器の上に、箸を置かない。
    器の上に、箸を置かない。
  5. 箸で器を叩かない。
    箸で器を叩かない。
  6. 箸から箸へ、食べ物を渡してはいけない。
    箸から箸へ、食べ物を渡してはいけない。
  7. 食べ物を、箸で突き刺さない。
    食べ物を、箸で突き刺さない。
  8. 一度箸で取ったものを、食べずに器に戻さない。
    一度箸で取ったものを、食べずに器に戻さない。
  9. 食べ物の汁を落としながら食べない。
    食べ物の汁を落としながら食べない。
  10. 吸い物の中身を、箸でかき回さない。
    吸い物の中身を、箸でかき回さない。
  11. 箸を使って器の中身を探らない。
    箸を使って器の中身を探らない。
  12. 吸い物の中で、箸を洗ってはいけない。
    吸い物の中で、箸を洗ってはいけない。
  13. 箸先をかじらない。
    箸先をかじらない。
  14. 箸を持ったまま、おかわりをしない。<br>おかわりをしたご飯を、すぐ食べない。
    箸を持ったまま、おかわりをしない。
    おかわりをしたご飯を、すぐ食べない。
  15. 箸を振り回さない。
    箸を振り回さない。
  16. ご飯に、箸を突き刺さない。
    ご飯に、箸を突き刺さない。
  17. 箸を使って、口の中いっぱいに食事を押し込まない。
    箸を使って、口の中いっぱいに食事を押し込まない。
  18. 箸を握らない。
    箸を握らない。
  19. 拝むように、両手で箸を挟まない。
    拝むように、両手で箸を挟まない。
  20. 箸先を、なめない。
    箸先を、なめない。
  21. 器に口をつけたまま、料理を箸でかき込まない。
    器に口をつけたまま、料理を箸でかき込まない。
  22. 大皿の料理を、自分の箸で取らない。
    大皿の料理を、自分の箸で取らない。
  23. 箸を、つまようじの代わりにしない。
    箸を、つまようじの代わりにしない。
  24. 2人一緒に、同じ器の料理を挟まない。
    2人一緒に、同じ器の料理を挟まない。
  25. 素材の異なる箸を、使ってはいけない。
    素材の異なる箸を、使ってはいけない。
  26. 箸を持ったまま、他の器を持たない。
    箸を持ったまま、他の器を持たない。
  27. 箸を、スプーンのようには使わない。
    箸を、スプーンのようには使わない。
  28. 割り箸の木くずを取るために、箸をこすり合わせない。
    割り箸の木くずを取るために、箸をこすり合わせない。
  29. 口や器を使って、箸の先を揃えない。
    口や器を使って、箸の先を揃えない。
  30. 箸を、ナイフとフォークのようには使わない。
    箸を、ナイフとフォークのようには使わない。

同じカテゴリーの作品

1:04

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION