人生の教科書



✨ランキング✨  動画・音声
旅行
本当に感動させられるのは「鮮明な写真」より「色あせた記憶」である。
旅行
旅の達人は思い出を、写真に残すより、心に残す。
暮らし
記念写真の表情は大切。
残り続けるものだから。
恋愛学
本当に心に残るのは、写真より思い出。
勉強法
百聞は一見にしかず。
同棲
元交際相手の写真は、同棲環境に持ち込まないのがマナー。

人生える
「海外旅行」のすすめ

お気に入り6 読んだ
27

夢中になって写真るより、
自分て、
感動すること

きどき海外旅行に行って、現地で常に写真ばかりを撮っている人がいます。

名所旧跡は、やはり写真に収めて、後から振り返りたいと思うのでしょう。

私も昔、そういう時期があったので、気持ちはよく分かります。

もちろん家族や友達と記念撮影をするのはいいと思います。

 

しかし、視界に映るすべてを収めてやろうと夢中になるのは、疑問があります。

少しやりすぎではないかと感じます。

すべてをカメラに収めれば、家に帰ってから時間をかけてゆっくり確認できると思っているのでしょう。

 

しかし、そうすればするほど、大事な経験が抜けてしまいます。

夢中になって写真を撮っているため、その瞬間の感動が感じられにくくなってしまいます。

写真を撮ることもいいですが、撮ることばかりに夢中になりすぎないことです。

そのときの感動は、そのときしか味わえません。

便利なカメラがあるおかげで、旅行の感動が半減されていませんか。

いま一度、カメラを持つ手を離し、自分の目と体でその場の感動を味わうことです。

感動は、常に一瞬です。

その土地の感動は、そのとき、その瞬間しか味わえません。

タイムリーです。

写真で後から振り返ろうと思っても、映像だけになってしまう。

写真には残せない感動を、記憶に残すことです。

振り返って本当に感動できるのは、写真より記憶なのです。

人生を変える「海外旅行」のすすめ その27

  • 写真としてすより、
    記憶として
本当に感動させられるのは「鮮明な写真」より「色あせた記憶」である。

もくじ
(人生を変える「海外旅行」のすすめ)

同じカテゴリーの作品