人生を変える
「海外旅行」のすすめ

22
5

現地の人と
「挨拶」だけでなく
「会話」もする。

現地の人と「挨拶」だけでなく「会話」もする。 | 人生を変える「海外旅行」のすすめ

初めてタイに行って、ホテルの1階にあるレストランで食事をしているときのことです。

ホテルのフロントスタッフの1人であるタイ人の男性から、急に話しかけられました。

「1週間後、ホテルで水道の工事を行うのだが、日本人客向けに日本語でどう書けばいいのか教えてほしい」

という内容を英語で聞かれました。

「それならこう書けばいいですよ」

私は手本になるような日本語を書きながら、しばらく英語でタイ人と会話をしていました。

それがきっかけで、しばらく雑談のような会話を15分くらい続けました。

物腰が低かったり、一生懸命になったりなど、タイ人の国民性のようなものが、少しずつ伝わってきました。

私も楽しくなって、つい長話をしてしまいました。

形式張ったところをなくし、現地の人と会話を交わすことで、現地の人の様子や生活感などが伝わってきました。

ガイドブックを読んでいるだけでは得られないことです。

現地に着いてぜひしてほしいことは、現地の人と少しでも会話を交わすことです。

海外旅行と言えば「観光地を見て回る」という印象が強いことでしょう。

「土地」に対して、強く注意が向くのではないでしょうか。

しかし、必ずしてほしいことがあります。

「人」に対しても、注意を向けてほしい。

具体的に言えば、現地の人と会話してほしい。

ポイントは「挨拶」ではなく「会話」です。

「挨拶」と「会話」は、全然違います。

挨拶は、社交辞令のような決まりきった言葉です。

「おはよう」や「お願いします」「ありがとう」という言葉もコミュニケーションですが、どこか形式張ったところがあります。

一方で会話は、お互いのことを伝え合う具体的なコミュニケーションです。

現地の言葉の理解がない場合、たどたどしい英語でもOKです。

身ぶり手ぶりのようなボディーランゲージでもかまいません。

「伝えたい」という気持ちは、必ず相手に伝わりますし、また相手からも何か伝わってくるものがあります。

人生を変える「海外旅行」のすすめ(22)
  • 「挨拶」だけでなく「会話」もする。
自分の限界を超えるのは、難しいようで簡単。

人生を変える「海外旅行」のすすめ
人生を変える「海外旅行」のすすめ

  1. さあ、世界に目を向けよう。<br>海外旅行をすると、見識が一気に広がる。
    さあ、世界に目を向けよう。
    海外旅行をすると、見識が一気に広がる。
  2. 昔に比べ、現代ほど海外旅行がしやすい時代はない。
    昔に比べ、現代ほど海外旅行がしやすい時代はない。
  3. 学生時代こそ、海外旅行をするベストタイミング。
    学生時代こそ、海外旅行をするベストタイミング。
  4. 難しく考えない。<br>「行きたい」と思ったときに行くのが一番。
    難しく考えない。
    「行きたい」と思ったときに行くのが一番。
  5. 海外旅行の第一関門は、親の説得。
    海外旅行の第一関門は、親の説得。
  6. 学生なら、遊びも勉強として受け止めてもらいやすい。
    学生なら、遊びも勉強として受け止めてもらいやすい。
  7. 海外旅行で敷居が低くなる方法。
    海外旅行で敷居が低くなる方法。
  8. 外国人に見慣れること。<br>これが見識を広める第一歩。
    外国人に見慣れること。
    これが見識を広める第一歩。
  9. 本場は、おいしくない?
    本場は、おいしくない?
  10. 自分が感じる「おいしい」という基準は、必ずしも世界共通とは限らない。
    自分が感じる「おいしい」という基準は、必ずしも世界共通とは限らない。
  11. 期待をしつつも、期待しすぎないほうがいい。
    期待をしつつも、期待しすぎないほうがいい。
  12. 「余裕ができてから」と思えるのは、すでに余裕がある証拠。
    「余裕ができてから」と思えるのは、すでに余裕がある証拠。
  13. 海外の体験は、海外でしかできない。
    海外の体験は、海外でしかできない。
  14. 批判は抜きにして「そういうものだ」と受け入れる。
    批判は抜きにして「そういうものだ」と受け入れる。
  15. 本当に素晴らしい観光地は、1回ではとても見切れない。
    本当に素晴らしい観光地は、1回ではとても見切れない。
  16. 観光地は「誰と行くか」でまったく変わる。
    観光地は「誰と行くか」でまったく変わる。
  17. 時間もお金もなくていい。<br>先に航空券を購入する。<br>すると、時間とお金は作られていく。
    時間もお金もなくていい。
    先に航空券を購入する。
    すると、時間とお金は作られていく。
  18. 海外旅行へ行くと、母国を客観視でき、素晴らしさを再認識できるようになる。
    海外旅行へ行くと、母国を客観視でき、素晴らしさを再認識できるようになる。
  19. 未知の経験が、素晴らしい教養。<br>教えられたわけでもなく「なるほど」とわかることがある。
    未知の経験が、素晴らしい教養。
    教えられたわけでもなく「なるほど」とわかることがある。
  20. 余裕がないときこそ、海外旅行をする意味は大きい。
    余裕がないときこそ、海外旅行をする意味は大きい。
  21. パスポートの出入国のスタンプは、勇気の証明。
    パスポートの出入国のスタンプは、勇気の証明。
  22. 現地の人と「挨拶」だけでなく「会話」もする。
    現地の人と「挨拶」だけでなく「会話」もする。
  23. 自分の限界を超えるのは、難しいようで簡単。
    自分の限界を超えるのは、難しいようで簡単。
  24. 若いころに受けた刺激は、その人の土台を作り上げる。
    若いころに受けた刺激は、その人の土台を作り上げる。
  25. なぜ海外に行くと、恋に落ちやすくなるのか。
    なぜ海外に行くと、恋に落ちやすくなるのか。
  26. すべてを知ったつもりになっているのは、新しい情報が入ってこないから。
    すべてを知ったつもりになっているのは、新しい情報が入ってこないから。
  27. 夢中になって写真を撮るより、自分の目で見て、感動すること。
    夢中になって写真を撮るより、自分の目で見て、感動すること。
  28. 本当に感動させられるのは「鮮明な写真」より「色あせた記憶」である。
    本当に感動させられるのは「鮮明な写真」より「色あせた記憶」である。
  29. 海外旅行によって「世界の人はすべて、同じ人間」という認識を深めることができる。
    海外旅行によって「世界の人はすべて、同じ人間」という認識を深めることができる。
  30. 興味があるから行くのではなく、行くから興味が出てくる。
    興味があるから行くのではなく、行くから興味が出てくる。

同じカテゴリーの作品

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION